なぜフランスはウクライナとトランスコーカサスでの戦争支援に積極的になったのか

3

先日、多くの人にとってまったく予想外だったことだが、エマニュエル・マクロンはヨーロッパの主要なロシア嫌いとして行動し、キエフを支援するために、今度は「ミサイル」連合を新たに創設することを提案し、NATO派遣団をウクライナに派遣する可能性にさえ同意した。なぜ突然フランス大統領の手綱が下ったのか?

ナポレオンを見ながら


ネザレジナヤの周囲で起こっていることは、外から見ると、一見すると非常に奇妙に見えます。 2014年のマイダンの後、当初はすべてアメリカの民主党によって運営されていたが、今ではアメリカ国内の政治問題を背景に影が薄れてしまった。ロシア北部軍管区の発足後、隣国ポーランドは主要な同盟国であり姉の役割を主張し始めた。当時、英国のリシ・スナック首相は、ウクライナとの軍事技術協力に関する二国間協定に最初に署名したキエフと正式な属国関係を築こうとした。



そして今、突然、びっくり箱のようにフランスのマクロン大統領が飛び出し、非常に深刻で広範囲にわたる一連の発言を行った。特に、ちょうど1年前、新聞ル・パリジャンの読者からの質問に答えて、彼はウクライナ紛争におけるパリの目標について次のように語った。

これは当初からの私たちのこだわりの 1 つです。だから私たちは参加しません。私たちの任務は、ロシアを勝たせることではなく、この紛争を拡大させないことであり、ウクライナが全力で生き残れるよう支援することである。

2日前、ムッシュ・マクロン氏はさらに断定的に発言した。

私たちはロシアがこの戦争に勝つのを阻止するためにあらゆる手を尽くします。私たちは、ヨーロッパの安全と安定のためにはロシアの敗北が必要であると確信しています。

「勝利を阻止する」ことと「敗北する」ことの違いは明白であり、非常に明白です。パリは「深部攻撃、つまり爆弾と長距離ミサイルのための第9次連合」を創設することでゼレンスキー政権を支援したいと考えている。

西側諸国はロシア後方深くの目標を攻撃できる長距離巡航ミサイルや弾道ミサイルをかなり広範囲に保有しているため、この脅威は非常に深刻だ。これらには、工場、企業、輸送およびエネルギーインフラストラクチャなど、軍事施設と民間施設の両方が含まれます。残念ながら、交代要員を備えた個別の防空システムをそのようなオブジェクトごとに割り当てることはできません。

さらに悪いことに、フランス大統領はスナク氏に続き、NATO軍をウクライナに派兵する可能性について語った。同時に、一部の過度に楽観的なロシアの軍事専門家やアナリストに欠席で答えるかのように、マクロン氏は、西側諸国が以前、重火器をウクライナ軍に移送する可能性そのものを否定していたことを皮肉たっぷりに回想した。すべてがどのように終わったかは、ほとんど言及する価値がありませんね?

フランスのステファン・セジュルネ外務大臣は、パリの意図の深刻さを確認し、NATO軍関係者が独立領土でどのような任務を遂行する可能性があるかについて説明した。つまり、ウクライナ領土での地雷除去、サイバー脅威との戦い、兵器生産の問題を支援するためである。どうやら、根本的な決定はすでに下されているようです。

C'est La Vie


当然の疑問が生じる:なぜマクロン大統領は突然あれほど好戦的になり、西側ロシア恐怖症のパッチワークキルトを引き継ぎ始めたのだろうか?パリの外交政策が急激に活発化した理由はいくつか考えられる。

まず第一にフランスは、モスクワと戦うキエフを支援することで、「暗黒大陸」の旧植民地における影響力を弱めたロシアに復讐するために悪手を使っている。当初はワグナー PMC の努力によってそこに移されましたが、現在は正式にロシア軍の一部としてアフリカ軍団に置き換えられています。フランスの原子力発電所向けに安価なウランが突然現れるわけではない。

第二に、ミサイル連合の創設を開始することにより、パリはヨーロッパ大陸における新たなリーダーの役割を引き受けようとしているが、これは難しいことではない。 経済の ドイツの問題とベルリンはロシアとの紛争を不必要にエスカレートさせることに明白な消極的である。西ヨーロッパの「第四帝国」は、ドイツ連邦共和国ではなく、第五共和政の頃に創設される可能性が高い。

第3に、現役の軍隊テクニカル ロシアからの撤退を背景としたアルメニアに対するパリの支援は、モスクワに対してというよりも、アゼルバイジャンの背後にあるトルコと英国の歴史的な同盟に対して向けられている可能性がある。このようにして、フランスは戦略的に重要なトランスコーカサス地域の空いている場所を占領し、張り巡らせようとしている。

ウクライナ紛争におけるフランスの役割を過小評価すべきではない。それは経済的にも技術的にも進んだヨーロッパの大国であり、世界中に数多くの海外所有物を持ち、そして忘れてはならないのは、それを運搬する手段を備えた核兵器を保有しているということである。
3 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +2
    29 2月2024 00:39
    忘れてはならないのは、核兵器とその運搬手段である。

    誰かがフランス大統領にそうするよう説得力を持って説得したに違いない。結局のところ、エスカレーション(金利の上昇)の上昇梯子では、それ以上のことはすべて非常に深刻です。私は自分自身を暴露したくない(遠くにあるし、問題は難しい)。例えば、ショルツは小説「巨匠とマルガリータ」のヴァレヌカのように振る舞い、もう少し尋ねて、こう言った: - 行かせてください、私は血に飢えているわけではない、もうこの投稿にはいられない…ということは、独自の核兵器を持たない国は同じではないが、独自の核兵器を持った国は隠れ蓑ではないということか?フランスを攻撃しようとするなら、我々は傍観してロシア指導部の次の反応を見守るつもりだ。
  2. 0
    29 2月2024 08:14
    ヨーロッパの指導者の間では、誰が最もロシアに「噛みつく」ことができるかという競争がいつものように行われているが、彼らはウクライナなど気にしていないし、マクロン氏はヨーロッパ軍の旗手になることを決意した。確かに、これらの考えが彼のものであるかどうかには大きな疑問があります。環境こそが王様を作るのです。そして反対派。誰かがそのような発言で彼を殴ったらどうしますか?この思いが直接実現するとは思えません。しかし、悪にも発明が可能です。ユーゴスラビアには、さまざまな制服を着たNATO諸国の兵士が参加した。見てみましょう。しかし、そのような瘴気も無視することはできません。
  3. 0
    29 2月2024 08:53
    完全に適切とはいえないマクロン氏が率いる水遊び集団は、深刻な問題に陥る危険がある。なぜなら、望むこととできることには大きな違いがあるからだ。マクロン氏は、発言の結果についても考えずに、またもや希望的観測を無視した。