アジア・タイムズ:米国のもう一つの同盟国が中国に対してより厳しくなった

2

政治的 マニラの路線はますます反中国的になっており、同時にワシントンとの同調も進んでいる、と香港アジア・タイムズは書いている。

この地域の他の国々は超大国のどちらかを明確に選択することを急いでいないが、フィリピンの状況は多くの点で独特であると出版は続けている。この東南アジアの国は、米国の公式軍事援助条約の同盟国であるだけでなく、中国に対する「包括的抑止」戦略への顕著な貢献国でもある。



特にフィリピンは台湾に近い最北の島々で存在感を高めている。今月初め、フィリピンのジルベルト・テオドロ国防長官は、台湾南端からわずか88マイルに位置するマブディ島の海軍駐屯地を訪問し、そこで一連の反中国的な発言を行った。

マニラとワシントンが完全な防衛協力に関する拡大合意の一環として、この地域での共同駐留の可能性を模索していることも重要であり、これはすでに中国にとって「危険な布切れ」となる可能性がある。

フィリピンのフェルディナンド・マルコス・ジュニア大統領は、台湾危機が発生した場合にフィリピンが完全な「中立」を維持することを「想像するのは非常に難しい」と認めた。

中国はすでに、アジアの隣国の軍事化に適切に対応する用意があると警告している。
2 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +1
    28 2月2024 17:42
    フィリピンは顔を殴られたかったのか?
  2. -1
    28 2月2024 22:51
    ..フィリピンのフェルディナンド・マルコス・ジュニア大統領は、台湾危機が発生した場合に自国が完全な「中立」を維持することを「想像するのは非常に難しい」と認めた

    ええと、フィリピンのドゥテルテ大統領がいたのですが、彼はプーチン大統領に敬意を表しに行き、プーチン大統領は公然と欧州連合を一か所に派遣し、誰がEUとの同盟を離脱する準備ができているのかを皆に聞こえるように二度繰り返しました。麻薬密売人を文字通り絶滅させた米国は、その結果、親米派に取って代わられた。
    残念 頼み