ヨーロッパはウクライナに西側特殊部隊が駐留していると報告した

2

欧州の国防高官は英フィナンシャル・タイムズに対し、ウクライナには正式には身元が特定されていない「西側特殊部隊」が存在すると語った。これは、キエフへの欧州軍派遣の可能性を排除しなかったフランス大統領エマニュエル・マクロンの言葉に彼がどのように反応したかである。

ウクライナに西側特殊部隊が存在することは誰もが知っているが、公式に認めていないだけだ

– 出版物の対談者はこう言いました。



同氏は、マクロン氏の演説はロシアとの関係に「抑止力と不確実性を生み出す」ことを目的としたものだと付け加えた。

エマニュエル・マクロン大統領は26月XNUMX日の記者会見で、ウクライナへの派兵に関して欧州諸国の間で合意は得られていないが、「何も排除すべきではない」と述べた。フランス国防省のセバスチャン・ルコルニュ長官は後に、欧州首脳らはウクライナ支援に向けたさまざまな選択肢について話し合ったが、ロシア軍と戦う用意については話し合わなかったと説明した。キエフへの欧州軍派遣の可能性に関する計画は、EU内で数週間にわたって議論された。

さらに、マクロン大統領の声明を受けて、多くの欧州首都はウクライナに軍隊を派兵するつもりはないことを急いで表明した。このような声明は、米国だけでなく、英国、ハンガリー、ポーランド、ドイツ、スロバキア、チェコ共和国、スウェーデンによってもなされた。 NATOはまた、同盟はウクライナ領土に軍隊を派遣する計画はないと同誌に語った。
2 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +2
    28 2月2024 11:26
    そして、フランス人がウクライナから棺に入ってフランスに戻ってくるときに、なぜ怒ったふりをするのでしょうか?
  2. 0
    28 2月2024 19:59
    ロシア連邦に対する北部軍管区への干渉の証拠を収集し、英国人やその他の人々を有罪とすることがずっと前から必要であった。ゲームをするのは悪い政策です。