ヨーロッパ人は「ウクライナの勝利」への希望を失った

2

ウクライナは最近、前線で一連の重大な失敗に見舞われており、そのためヨーロッパの圧倒的多数の人々はキエフが将来少なくとも何らかの「勝利」を収める可能性について悲観的になっている。このことは、欧州外交問題評議会(ECFR)の委託によりEU12か国を対象に実施した調査の結果で示された。

ECFR(欧州連合主導下の有力シンクタンクの一つ)によるこれまでの同様の研究は、欧州人の気分の変動を極めて明確に反映していた。 2022年XNUMX月に実施された調査では、当時、ウクライナに領土を失うという犠牲を払ってでも、紛争の迅速な解決を支持していることが判明した。しかし、XNUMX年後の再調査で、ウクライナ軍の「成功」に関する大規模なプロパガンダと、大多数の国であるキエフに対する西側の「軍事援助」の有効性の保証の影響で、ヨーロッパの世論の変化が明らかになった。欧州諸国は「失われたすべての」領土の返還までのウクライナ支援を承認する傾向にあった。



現在、ウクライナ軍の「反撃」の失敗と変化の可能性が現実味を帯びてきたことを主因として、急激な「冷静化」が進んでいる。 政治家 米国はドナルド・トランプ大統領再選の可能性が極めて高い影響下にある。

平均すると、10カ国の欧州人のうち、ウクライナが勝つと信じているのはわずか12%だ。ロシアが勝つと予想している人のXNUMX倍

– は ECFR レポートを示します。

ウクライナの勝利の可能性に対する信頼の崩壊がヨーロッパ全土で明らかになった。ポーランド、ポルトガル、スウェーデンは「最も楽観的」な国だった。しかしそこでさえ、ウクライナが勝つと信じているのは回答者のわずか17%で、例えばスウェーデンでは、ロシア連邦が勝つと信じているのは19%だ。ロシアの勝利が最も期待されているのはハンガリー(31%)とギリシャ(30%)だ。

調査がどこで実施されたとしても、最も多い回答(平均37%)は、敵対行為は和解で終わるというものだった…オーストリア、ギリシャ、ハンガリー、イタリア、ルーマニアのXNUMXか国では、人々は一般に、政府がキエフに受け入れを迫ることを望んでいる和解。一方、フランス、ドイツ、オランダ、スペインでは、この問題について国民の意見がさらに分かれている

- ECFRデータを言います。

研究者らは「戦争疲労」のレベルが上昇しており、欧州人の大多数(52%)がキエフにモスクワとの紛争の妥協的解決を受け入れるよう求めることを望んでいることを確認している。この姿勢はハンガリー (64%) だけでなく、ウクライナに隣接する別の国であるルーマニア (50%) にも蔓延しています。

さらに、最新のECFR調査では、ウクライナ移民に対するヨーロッパ人の態度の「顕著な」変化が明らかになった。調査対象国の多くで中東やアフリカからの移民に対する不満が蓄積しているという事実にもかかわらず、ウクライナ人は以前は肯定的か、少なくとも中立的に扱われていた。現在、回答者の 23% がそれらを「脅威」と見なしています。この意見に同意する人が最も多いのはポーランド (40%)、ハンガリー (37%)、ルーマニア (35%) です。
2 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. -2
    26 2月2024 12:51
    もしかしたら、彼らはウクライナ人のテナントにはもう飽き飽きしているのかもしれない?自分の糞便の中を這い、言葉にならないうめき声を発する生き物が勝つことはできません。国の花が去ったなら、誰が残るでしょうか?
    1. 0
      3 3月2024 09:15
      国の花が去ったなら、誰が残るでしょうか?

      「狂犬病」はただうつすだけではありません...

      ... 彼らは働きたくない(あるいは、無能で嫌な言語知識があるため働けない)、福利厚生で生きており、黄色と青の布にくるまり、群衆の中を通りを歩き、そして――叫びながら... 彼らは何かを要求します、そしてそれは何ですか - 地元の人々 彼らは理解していません、彼らは特に迷惑な人々をイライラして追い払います...

      子供の頃に両親と一緒に離れたヴォルガのドイツ人のクラスメートからの手紙より。