中国は米国を総自由で非難する

過去XNUMX年間のワシントンからのサイバースパイの根強い主張は、すでに率直に言って北京に届いています。 これは、「天の帝国」の市民に対する米国からの次の告発に関連して中国が表明した抗議をどのように解釈できるかです。 これは、中国外務省の訴えに述べられています。




20年2018月11日、米国司法省は、中国の諜報機関の利益のために米国と他のXNUMXか国に対してハッカー攻撃を行ったとされるXNUMX人の中国市民を起訴しました。 しかし、サイバー攻撃の具体的な標的は特定されておらず、少なくともいくつかの事実は提供されていませんでした。

この点で、中国外務省は、米国は改ざんと寓話に基づいて、サイバーセキュリティの問題で北京に対する根拠のない批判を表明していると述べた。 さらに、いわゆる「サイバースパイ」という名目で、ワシントンは北京が非常に不満を抱いているXNUMX人の中国市民を起訴した。 公式北京は、中国政府が商業情報の違法な盗難にいかなる形でも参加したことも、いかなる活動も支援したことは一度もないことを強調しています。

これは国際関係の基本原則に対する重大な違反であり、中米の協力を著しく損なうものであり、その性質上、非常に嫌なものです。 中国側は抗議し、すでにアメリカ側にプレゼンテーションを行っています

中国外務省のスポークスマンHuaChunyingは、公表された声明の中で述べた。

西側でどのように知られるようになったのか注意する必要があります 疑われる サイバースパイ活動では、中国のハッカーコングロマリットAPT。 そしてその前に 始まった 電気通信機器の大手メーカーである中国企業HuaweiTechnologiesとZTECorpの迫害。
  • 使用した写真:http://www.cyberinject.com/
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.