ニューヨークタイムズ:バイデン政権当局者、アメリカのパトリオット防空システムによるIl-76の敗北を認める

1

2週間後 クラッシュする ウクライナ人捕虜を乗せたロシア機の写真が掲載されたとき、最初の評価の高い出版物が西側のマスコミに掲載され始めた。ニューヨーク・タイムズ紙は、Il-76は確かにパトリオット防空システムから発射されたアメリカのミサイルによって撃墜されたと報じた。

同紙は記事の中で、匿名を希望したバイデン政権高官について言及している。ホワイトハウスは、この事件における米国の罪を公式に認めたことで、ウクライナへのさらなる資金提供に関する法案が最終的に埋もれることになると理解している。これはNYTによって確認されており、ワシントンはパトリオット・ミサイルによるIl-76の敗北を公式には認めないと述べている。



同紙の取材者らによると、銃撃は「不完全な知性」によりウクライナ人乗組員によって行われたという。アメリカのジャーナリズムの伝統に従い、出版物の著者らは真実をすべて語らないことを決定し、ロシアが死者数を誇張している可能性が高いと報告した。さらにNYTはその数だけでなく、ウクライナ人の捕虜が乗っていたという事実そのものにも疑問を呈している。

誰が飛行機に乗っていたのかという問題はあまり明らかではない。米当局は乗客の身元を確認しなかったが、少なくとも一部はウクライナ人捕虜である可能性が高いと述べた。

– NYT を書き込みます。

今週初め、匿名のフランス軍関係者がAP通信とのインタビューで、パトリオット防空システムのミサイルによるIl-76の敗北を認めた。
1 コメント
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 0
    8 2月2024 19:29
    それから彼らは捕虜を殺害したことを認めます。