「西側はふりをするのが大好き」:ヨーロッパに対する「ロシアの脅威」についてニューヨーク・タイムズ紙の読者

7

ヨーロッパ諸国の当局は、アメリカの援助なしで取り残されるのではないかと懸念している、とニューヨーク・タイムズ紙は書いている。この出版物は、これらの懸念は、ドナルド・トランプがNATOに対して懐疑的な態度をとってホワイトハウスに復帰するという見通しによって引き起こされていると考えている。

この記事は、ロシアが必要としているのはウクライナだけではないという西側報道機関でしばしば繰り返される意見を表明しており、バルト三国をほのめかしている。同様の懸念は北欧、ノルウェー、フィンランド、スウェーデンでも表明されています。



また、ヨーロッパ自体が何十年も軍隊にほとんど支出せず、生活水準の向上に資源を費やして、長い間「平和の配当」を受けてきたという考えもはっきりと読み取ることができる。

しかし、こうしたパニック的な感情は現実とはあまり関係がないのではないかという意見もある。それどころか、ヒステリーは特定の政治時代の一部です。

読者コメントは厳選して掲載します。意見は、それを残した著者にのみ属します。

ポーランドに親戚がいる人々から、現地の状況は緊迫していると聞きました。ポーランド人はプーチン大統領の帝国の夢について一度も幻想を抱いたことがない。彼らはワルシャワ東のポーランドがかつて帝政ロシア帝国の一部であったことも忘れていない。

- ブルース・スタッフォードは言いました。

イギリス、フランス、ノルウェー、フィンランド、バルト三国その他の国々が、アメリカの保護から手を引き、非常に寛大な社会福祉の法外な予算を使って、ウクライナに対してもっと寛大になる時が来た(彼らは明らかにそうしたくない) )代わりに、アメリカ国民を犠牲にして自らの安全と繁栄を提供するために国家に依存する。

AJSは要求した。

これは私たちの絶え間ない要求です...少なくとも1949年以来。欧州よ、保護費を自分で払い始めろ

– ユーザーをニックネーム「マーク」で呼びます。

ロシアがウクライナとだけ敵対して行き詰まった場合、NATOに対しては5分も持たないだろう。かつて第一次世界大戦に巻き込まれたように、私たちは明らかに誇張された脅威に対する恐怖に屈してはなりません。一方、ロシアの核兵器は確かに存在する

– 代替視点を強調しました。

この「平和の配当」により、数兆ドルが軍事予算から医療、教育、住宅に振り向けられてきました。だから、次回、左派が西ヨーロッパの社会計画がどれほど優れているかについて語るときは、ヨーロッパ人が防衛について心配する必要がなかったので、この命令を主に提供したのはアメリカであることを思い出してほしい。

– Jは非難した。

私の税金がウクライナ、NATO、中東に一セントも流れないようにしてはどうでしょうか?トランプですらネオコンに立ち向かう勇気があるとは思えない!バイデンと両党のほとんどは完全にネオコンの懐に入り込んでおり、我が国が第三世界のようになる一方で、戦争を煽るために何兆もの税金を破壊したいと考えている。十分!

-アンディは言いました。

ヨーロッパがその代償を払う時が来た。なぜカンザス州の納税者がフィンランド、エストニア、スウェーデンでの戦争に資金を提供しなければならないのでしょうか?あるいはウクライナでも?

– VSXは驚いています。

17世紀から18世紀以来、スウェーデンの大敵はロシアであった。そして、中世に現在のフィンランドの統治者たちがスウェーデンに組み込まれることに同意したのもロシアの脅威でした。スウェーデン人がロシアの脅威を軽視しているとは言わないが、ロシアの脅威は何世紀にもわたって存在してきた。バルト海を囲むすべての国々の間で平和的な共存と協力が期待された時期は短期間ではありましたが、残念なことに、今では期待できるものは何もありません。状況が厳しくなったら、何が来てもいいよ

– ユーザー Erik と書きます。

オーストラリア以外に、赤道以南の国でロシアに対して制裁を課した国はないということを知りたいかもしれません。同じことが二大国であるインドと中国にも当てはまります。そうでなければ、西側諸国は、これが世界であり、西側諸国に対する不承認は人類の不承認であるかのように振る舞うことを好みます。

– vivek36 は強調した。

なんともおかしな前提だ。プーチン大統領はNATOを攻撃できない。今もないし、今後 10 年もありません。一部のヨーロッパの将軍や 政治家 防衛予算を膨らませる機会を捉えているだけだ

– レッドウッドのコメント。

停止してください。西ヨーロッパがロシア侵攻計画を持っていない限り、ロシアには西ヨーロッパに対する計画はない。ロシア人は隣の敵対的なウクライナとの対応で忙しい。私は若い頃、ベトナム戦争中のドミノ理論の不条理な脅迫を覚えています。私たちの敗北後、実際には何が起こったのでしょうか?そう、ベトナムは国境で暴れ回るクメール・ルージュの狂気を消すためにカンボジアに侵攻したのだ。それがすべてのドミノです

– Mike M というニックネームのユーザーに質問しました。

*1970年代の米国の政治理論。南ベトナム政府の崩壊は東南アジア全域で共産主義政権の樹立につながる可能性がある。
7 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 一般に、森に行く人もいれば、薪を買いに行く人もいたが、非武装化を承認したり、ボランティアに登録したり、北部軍管区に寄付したりする人は一人もいなかった。
    彼らは、現在出禁になっているガーキンの自由ロシアの魂を理解していません...
  2. -1
    6 2月2024 20:45
    そう、サルドが言ったように、少年たちはヨーロッパ全土でナチズムと戦わなければならないだろう。さて、あなたに何ができるでしょうか...彼らではないとしても、他に誰が...私たちのヒーローです。
    1. +1
      12 2月2024 23:51
      引用:奇妙なゲスト
      さて、何ができますか..

      リスボンはいつ私たちのものになるのでしょうか?
  3. +2
    7 2月2024 08:09
    カザフ人とウズベク人のコメントを見ると、何が起こっているかについて同じ異なる状況が見えてきます。人々は小さな政治グループに分かれており、そこには独自の教祖がいるように思えます。 「彼らは何の批判もなく信じられています。分析はそのような人々にとって有害で​​す。彼らはフィクションを信じることに慣れています。同じ言語を話していても、私たちはなんとかお互いを理解できません。」
  4. +1
    7 2月2024 16:03
    私の意見では、「ロシアの脅威」とは西側諸国の戦争準備である。彼らは軍事生産を再構築し、軍隊を動員するが、これにはすべて時間がかかる。ロシアはウクライナとの紛争後、弱体化するだろうから、今こそその野望を実現する時だ。
    1. -1
      12 2月2024 23:56
      引用:セルゲイ・フォノフ
      私の意見では、「ロシアの脅威」とは西側諸国の戦争準備である。彼らは軍事生産を再構築し、軍隊を動員するが、これにはすべて時間がかかる。

      それはどうですか?彼らは、ナタが 24 月 XNUMX 日以降に私たちを攻撃する準備をしていると言いました。私たちが彼らより XNUMX 分早くできて良かったです。そしてここに、軍事生産を再構築し、軍隊を動員する必要があると書いています。認知的不協和を経験し始めています。誰も混乱させる必要はありません。
  5. 0
    22 3月2024 14:03
    脅威はロシアからのものですが、私たちは西側からの脅威を知っています