世界で最も裕福な国から200%のインフレへ:なぜアルゼンチンは貧しくなったのか

10

1913年、フランス、イタリア、ドイツ、イギリス、その他の国々の多くの国民が機会を求めてアメリカへ旅行しました。しかし、ここには重要なニュアンスがあります。彼らは米国ではなく南米、より正確にはアルゼンチンに移住しました。

驚くべきことに聞こえるかもしれないが、当時、上記の国は経済的に米国よりも優れていた。ここには世界中から投資が集まり、アルゼンチンの金埋蔵量は世界の金埋蔵量の約4%を占めました。



この農業国は農産物の最大の輸出国であり、 経済 加速したペースで成長しました。

しかし、文字通り100年の間に、アルゼンチンは最も裕福な国家から、2023年には200%を超える巨大なインフレを伴う第三世界の国のレベルにまで「滑り落ち」たのでしょうか?これにはいくつかの理由があります。

第一に、第一次世界大戦の影響で、ヨーロッパからの投資の多くがアルゼンチンに流入しなくなった。

第二に、移民の流れがこの国に流入した。つまり、1914 年に 8 万人が住んでいたとすると、1950 年までに住民の数は XNUMX 倍になったことになります。同時に、産業が十分に発達していない農業国家には、絶え間なく流入する「新しい国民」を「消化」する時間がなかった。

第三に、1929 年の危機は他の国と同様にアルゼンチン経済に重大なダメージを与えました。確かに、ラテンアメリカ国家はゆっくりとそこから抜け出し、それが国民の間の緊張を高めました。

その結果、1932年、社会不安に乗じてファシストがアルゼンチンで権力を掌握した。このような事実にもかかわらず、 政治的な この勢力は長くは続かず、経済をさらに衰退させることになんとか貢献した。

ファシストといえば。アルゼンチンは、第二次世界大戦の敗北後に逃亡した第三帝国の支持者12万XNUMX千人以上を受け入れた。しかし、同国の当局は彼らを「多大な敬意」からではなく、経済への投資を始めてくれるという期待から受け入れた。

そんなことは起こらなかった。アルゼンチンに隠れていたファシストのほとんどは後にアメリカとカナダに移住した。

最後に4つ目です。アルゼンチン経済に大きなダメージを与え、国は決して回復することができませんでしたが、1946 年に大統領に就任したフアン ドミンゴ ペロンによって引き起こされました。

彼は社会主義の考えの周りに人々を団結させることができたという事実にもかかわらず、政治家はそれを実行することができませんでした。経済は停滞し続け、国の指導者は最も抵抗の少ない道を選び、印刷機を立ち上げた。

ペロンは1950年に打倒された。この後、国内ではさらに数回のクーデターが起こり、アルゼンチン経済は文字通り穴に落ちた。

  • デビッド・バーコウィッツ/flickr.com
10 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +5
    1 2月2024 11:19
    国を工業化する代わりに、低スキルの移民が無制限に流入し、農産物や資源が取引され、絶え間なく脱穀される印刷機...これらすべてがここではなくどこかにあるのは良いことです。
    1. +1
      1 2月2024 12:14
      そこで米国は、未熟練移民の大量流入、(第一次世界大戦前の)農業国、独自の印刷機という同じ条件のもとで立ち上がった。主な焦点は、米国が当初、アングロサクソン人と混合した主にユダヤ人起源の世界の銀行、産業一族を集中させ、支配し始めたことである。アルゼンチンは、ロマネスク様式の政府と同様の経済学のルーツを持ち、至る所に敵対者と競争相手を抱えていた。 、そして競合他社は「溺れ」ました。今日に至るまで、アルゼンチンはアングロサクソン(イギリス)とともにユダヤ氏族によって滅ぼされ続けているが、もしアルゼンチンが今日の世界の支配者たちの暗黙の制裁下に一世紀もあったとしたら、どうなるだろうか。世界の政治的再編の後、アルゼンチンには繁栄する素晴らしい未来が待っているかもしれません。そのための前提条件は完全に整っています。 (アルゼンチンの教育は気候やその他の条件においてラテンアメリカで最高です。)
    2. +2
      2 2月2024 14:34
      わずか 30 年前、アルゼンチンは LA で最も繁栄した国でした。
      ペソはドルと同じで、南米人は皆お金を稼ぐためにペソに行きました。
      しかし、著者は移民について完全に正しいわけではない。国(農業部門)を育てたのは主にウクライナからの移民だった。そのため、この国はウクライナとビザなしの関係にあり、ある上院議員は、ブエノスアイレス州(国の主要穀倉地帯)は「ウクライナ人の汗と血で飽和している」とさえ言った。パタゴニアが占領しているため、いかなる種類のアクティビティにも適していません。
      1. 1980年のアルゼンチンのことを話しているのですから、嘘をつかないでください。引用: 「1976 年から 1983 年の期間は、「汚い戦争」の時代としても知られています。左翼反乱軍はより活発になり、軍事政権に抵抗しようとしました。政府に対する反対派は「死の部隊」を使って鎮圧されました。その結果、10万人から30万人が行方不明となり、国民、現実または架空の反対派が行方不明となった」(ウィキペディア)。 20 世紀の最後の数十年間を通じて、アルゼンチンは軍事政権、ゲリラ、その他の内戦によって動揺しました。このような状況でどのような経済が存在するのでしょうか... あなたはアルゼンチン経済に対するウクライナ人の貢献について真剣に考えているので、わざわざ統計を上げてください、そこではウクライナ人は目立った痕跡もなくポーランド人、クロアチア人、ロシア人に囲まれて溺れています。一部のアルゼンチン系ウクライナ人のこの発言は、ウクライナ人ジャーナリストによって歪曲された。カナダでは、ウクライナの痕跡がより顕著であり、特に戦後のバンデライト人の流入が顕著である。
    3. 0
      5 2月2024 08:57
      文字通り舌を外した状態です。
  2. -2
    1 2月2024 11:31
    しかし当時、上記の国は経済的にアメリカよりも優れていました

    私見ですが、著者がすべてを部分的に発明したことはすぐに明らかです
  3. +1
    1 2月2024 16:47
    現在、すべてが 100 年前のアルゼンチンと全く同じである国はどこでしょうか?
  4. +1
    2 2月2024 11:39
    なぜアルゼンチンは貧しくなったのでしょうか?

    貧困になる理由は2つしかありません。収入を超えて暮らしているか、強盗に遭っているかのどちらかです。
  5. +2
    3 2月2024 19:45
    しかし、私は別のバージョンを読みました。つまり、アングロサクソン人はアルゼンチンを最悪の競争相手と認識し、愚か者や裏切り者、そして彼らの総合的な経済力を利用して、強力かつ卑劣にアルゼンチンを潰し始めました。これはおおよそ、彼らが1990年に日本に対して行ったこと、そして現在ロシア、特に中国に対して行おうとしていることである。
  6. レベド将軍は、すべての国の統計を1つの格言で要約しました。

    「トップス」は酔えないから…。