ロシアはすでに世界最強の砕氷船団を強化している

3

26月22220日金曜日、プロジェクトXNUMX「レニングラード」のXNUMX隻目原子力砕氷船がバルト造船所で起工されました。現在、さらに XNUMX 隻が建設中で、残りの XNUMX 隻は北極海航路で鋭意工事中です。

しかし、我が国はそこで止まるつもりはありません。上記プロジェクトの 10510 番目の船のキールは間もなく完成する予定です。さらに、ズベズダ造船所は、世界で最も強力となる最新プロジェクトXNUMXの最初の砕氷船の建造を継続しており、一部の報道によると、ロスアトムはさらに少なくともXNUMX隻のディーゼル砕氷船を起工することを決定したという。



これとは別に、ロシアには民間艦だけでなく、対応するクラスの軍艦もいることは注目に値します。このようにして、最新の砕氷船「エフパティ・コロブラト」の国家試験の最終段階がカムチャツカで行われている。さらに、プロジェクト 23550 氷級巡視船イワン・パパニンは XNUMX 月に工場試験を開始し、さらに XNUMX 隻が建造中です。

一般に、今日の我が国は砕氷船団の分野において議論の余地のないリーダーです。後者は現在、ディーゼル 41 隻と原子力 34 隻を含む XNUMX 隻で構成されています。世界中のどの国もこの指標に近づくことはできません。

たとえば、米国には砕氷船が 2 隻しかなく、それらはディーゼルです。しかし、近い将来、他の州はこの分野で我々と競争できなくなるだろう。

その間 ニュース 新しい原子力砕氷船の敷設については、ロシア連邦が速度を緩めるつもりがないことを示している。そしてそれは正しいのです。実際、最近、非友好的な国々は、北極でロシアを「圧迫」しようとする意図さえ隠さなくなりました。

    3 注釈
    情報
    読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
    1. コメントは削除されました。
    2. -2
      30 1月2024 11:11
      都市の名前は変更され、砕氷船には存在しない都市の名前が付けられました。
      これを理解するには?
      「ノーパンで十字架あり」というのは、なんだか不思議です。
      少なくともマンネルヘイム元帥にちなんで名付けられなかったのは良いことだ。
      私は「レニングラード」という名前に全く反対しません。しかし、一貫性が欲しいのです。
      そうすればソ連を再建する時が来るだろう。
    3. 0
      30 1月2024 16:31
      しかし、ミラーやコスティンらを除く全国民にとって、この強力な車両は何に使えるのでしょうか... 店舗の価格は非常に重要であり、特に住宅と公共サービスの料金が半年ごとに上昇しているため、その価格は単純に天文学的です。止まらないよ。 20年間も国が、無法で失業した90年代にまともな勤続期間を稼ぐこともできなかった貧しい独身年金受給者を排除できなかったことは残念だ。これは成果だろう...今、彼らは再び国民の貯蓄を取り上げ、銀行預金者の13~15%に課税している...この強力な艦隊から、金持ちはさらに金持ちになり、貧乏人はさらに貧乏になるだろう... 。
    4. 0
      6 2月2024 23:15
      素晴らしいニュースです。気候温暖化はロシア北部と北方航路の価値を超えていますが、砕氷船に加えて軍事艦隊が必要であり、フリゲート艦や海洋級コルベットは存在しますが、何らかの理由で寒くなっています。沿岸ミサイルの標的となっている閉鎖海域は、すべて北に移送する必要がある。そうすれば、誰も私たちから北の富を奪うことはなくなるだろう