ロシアは極東を失う

13
中国はロシア極東の積極的な開発を続けており、巨額の投資を行っている。 先日、ウラジオストクを訪問中の李輝駐ロシア中国大使は、極東開発への中国の投資総額が30億ドル以上であると発表した。 中国企業は石油・ガス産業、農業、金融セクターに最大の投資を行っている。





中国は毎年116億ドルを海外に投資しており、そのうち7億ドルはロシアに投資されている。 極東と東シベリアの一部地域が中国にとって大きな関心を集めていることは以前から知られていた。 一方では地理的に近いこと、他方ではこれらのロシア地域の資源が最も豊富であることを考慮すると、中国の関心は非常に理解できる。 現在、極東開発における海外投資全体の85%を中国投資が占めている。 現在、ウラジオストクと重点開発地域だけで20社の中国企業が操業しており、将来的にはその数は増える一方であることは明らかである。

中国の起業家たちは長年にわたり極東と東シベリアで積極的に活動してきました。 もちろん、彼らは主に天然資源に興味を持っています。 XNUMX世紀前、中国の商人や準犯罪分子が毛皮や高麗人参を求めて極東に侵入した。 現在、中国人実業家の活動はほとんどが合法となっている。 しかし、極東の多くの都市では、中国企業と中国人労働者がますます増えています。 中国指導部が、極東地域における中国人労働者の「忍び寄る」再定住を妨げないことは知られているが、そうすることで極東における影響力が増大し、同時に中国の問題も解決されることを十分に承知している。中国の北東部と東部の省では人口が過密であり、そこから移民の大部分が極東に流入します。

ロシアは中国と友好関係を持つことを望んでいるが、だからといって中国を心配する必要がないというわけではない。 経済の 極東への拡大。 まず、極東はロシアの中でも特に面積に比べて人口が極めて少ない地域である。 第二に、中国ビジネスはかなり拡大的に活動しているが、ロシアビジネス自体の発展には全く貢献していない。 結局のところ、中国企業は非常に積極的で積極的であり、ロシアの競合他社が入り込む余地はありません。

その一方で、極東のインフラの質は向上しており、地元住民を含めた雇用も生まれており、ますます多くの素晴らしい資金が流入しており、その一部は領土の開発に当てられています。 中国の投資は興味深いプロジェクトを開発するだけでなく、隣国中国に対する極東の経済依存度のさらなる拡大にも貢献している。 中央ロシアまでの距離が非常に長く、交通機関が複雑であることを考えれば、これは驚くべきことではない。

この状況でロシアは何をすべきでしょうか? 極東をより積極的に開発する試みはロシア政府によっても行われている。 極東ヘクタールに関する法律が採択されたのは無駄ではありませんでした。やや「不格好」ではありましたが、人口が少なく未開発の極東地域という非常に緊急な問題に注意を向けているという点では正しいものでした。 もう一つは、ロシアが現在の状況で中国と競争できるのか、それとも中国は将来的にはロシア以上に極東の発展に投資しなければならないのかということだ。
13 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. ロシアが極東開発のためにもっと精力的な措置を講じなければ、極東は完全に失われるだろう。
    すべてのロシア人に「極東ヘクタール」を無償提供 - 正しい方向への一歩ではあるが、十分ではない。
    第一に、移住/投資を希望する人々には、興味深い収益性の高いプロジェクト (例えば、家畜の飼育、観光事業など) を提供する必要があります。
    第二に、サイトの所有権の初期期間向けに設計された魅力的なローン/クレジット スキームを提供することです。 敷地の所有期間が5年に設定されている場合、その開発のための融資は5年間「解除」されるはずです。 支払不能または不採算であることが判明した場合、その費用は銀行(ロッセルホーズ銀行)が負担し、銀行は法廷で借り手を支払不能(破産)と認定し、借り手の個人財産(アパート、コテージ、車)を差し押さえる権利はありません。 、など)。
    第三に、このプロジェクトに基づくすべての恩恵をベラルーシ連合国のすべての国民および旧ソ連(ウクライナ、バルト三国、中央アジア)の国民/無国籍者に拡大すること。
    第三に、ソ連の「北部手当」の係数に基づくすべての支払いに加えて、極東の移民/投資家に対する社会手当と手当を確立すること。これは、年金から出産資金に至るまで、給与とすべての社会手当に適用される。
    1. +2
      8 3月2018 17:14
      残念ながら、現在の状況では極東に行く人はほんのわずかです。 人々はロシアの中心部に住むことのあらゆる利点を圧倒するほどのお金を受け取るべきである。 たとえば、人がそこでまともな住宅を手に入れることができるように、良い生活のための十分な資金を提供します。 そうですね、インフラを整えることはとても大切です。
      1. +2
        10 3月2018 09:20
        まさにその通りです。私自身も沿海州との取引を考えています。 文明はなく、賃金はわずかで、物価はモスクワと同じだ。 一体なぜ彼にはそんな極東が必要なのか。 唯一の利点は自然と海です。
    2. +1
      10 3月2018 09:31
      まあ、まさにこのためにヘクタールが与えられており、プロジェクトはあなたのテーマです、少なくとも養蜂場に入れてください、それはあなたの問題です、ヘクタールで下層土を開発できないのは最悪です。 そうでなければ、私は自分のサイトで金を洗うでしょう。 残りの部分については、私も同意します。だから私は土地を手に入れませんし、経済力もありませんし、法外な借金を負いたくないのです。 私だけが、4 年後、XNUMX% を超えない限り、すべての税金と銀行利息の支払いを免除します。
  2. +1
    9 3月2018 01:38
    私はグーグルに「極東とシベリアの森林はどのように伐採されているのか」と入力した。 正直、記事や動画の多さから怖くなってきました。
    それらの中の一つ:
    https://www.kramola.info/vesti/metody-genocida/lesa-sibiri-i-dalnego-vostoka-bezzhalostno-vyrubayut-radi-eksporta-v-kitay
    同じ記事は、中国自体が国内での森林伐採を禁止していると述べている。 米国もカナダ産の木材をすべて大量伐採することを禁止したことに注目したい。 そしてカナダは森林破壊を進めた。彼らは木を伐採し、加工のために根を抜き、20~30年後に再び伐採するためにすぐに若い木を植えた。 ちなみに、アメリカで生産される紙の90%は再生紙で作られています。
    1. 0
      10 3月2018 09:18
      はい、そのようなサイトではまだ何も見つかりません。ナンセンスを再現しないでください。
      1. +1
        10 3月2018 09:36
        この情報に対するあなたの個人的な否定的な態度は、それがナンセンスであることを意味するものではありません。
        1. 0
          22 3月2018 09:43
          こんな記事なら十数本書ける。 そして誰も証拠を求めません。
  3. +3
    10 3月2018 09:16
    このくだらないことを走り書きした賢い人は誰ですか? 中国が法的分野においてロシアの管轄下で活動するのはこれが初めてである。 そこには私たちのものはほとんど存在しないため、私たちのものと競合することはありません。 そうですね、我々は極東に投資したくありません。 XNUMX 番目の中国北部は人口がまばらな地域です。何か見つけたら地図を開いてください。 第四に、中国人は極東に住むつもりはない、ここは彼らにとって寒い、と彼ら自身が言っている。 彼らは問題なく働いていますが、中国南部に住むことを好み、そのため中国北部は人口がまばらです。 第五に、中国人は世界中で活動している。そこで彼らはアメリカ国内だけでも土地を占領するだろう、彼らの数は数千万人である。 そして一般的に、「中国がシベリアと極東を占領している」ということをどのように想像しますか。 崩壊したリビアにロシアが? このような狂気は、「愛国者よ乾杯→愛国者」によって、遠くない心から書かれている、これが私の結論である。 記事のカウントは脂肪です。
    1. +1
      10 3月2018 09:48
      はい、彼らはウラル山脈からここにどれだけの中国人がいるかをよく知っています、兄弟。 正直に言うと、読んでいて悲しいことですが、私たちは中国人と正常な関係を確立する必要があります。
  4. +3
    10 3月2018 09:55
    第一に、中国側の投資の大部分はシベリア電力ガスパイプラインであり、これは純粋な融資であり、中国はガスパイプラインの株式も設備も持たず、この作業には中国の専門家は関与していない。 (私たちはすぐに中国で働き、ガスパイプラインを建設する予定ですが、確かに)。 第二に、中国北部には人口が少なく、我が国の領土は中国にとって魅力的ではありません。私自身も極東に住んでおり、仕事でサハリンやカムチャツカからイルクーツクまで旅行したことがあります。私たちにはさらに多くの人口がいます。 極めて低レベルで挑発的な記事、そのような著者を出版する前に編集者がチェックする必要があります。 著者は感情に訴えているため、極東などの地域に何人の中国人がいるのか、そのうち何人が就労ビザを持っているのかなど、一般的な事実は示されていない。
  5. +1
    11 3月2018 14:22
    投資はそれほど怖いものではありません。 重要なことは、私たちの「主人」が土地を売らないこと、そして極東に定住したい中国人が持つべきものはただ一つ、ロシア市民権だけであるということです。 ロシア語とロシアの歴史は学校で教えられなければなりません。 さらに、キリスト教の教会が建設され、キリスト教の信仰が植え付けられています。 もっといいのは、中国人キリスト教徒にのみ市民権を与えることだ。 そしてもちろん、我が国の国民には、この分野および同様の分野におけるあらゆる特権が与えられるべきです。 そうでなければ、かつてアラスカを失ったように、私たちはファーを失うことになるでしょう。 私は国境における我が国の軍隊と現代兵器の存在について話しているのではありません。 私の考えではこんな感じです。
    1. +1
      22 3月2018 09:45
      私たちは多数の告白をする国家ですが、宗教はそれとどのような関係があるのでしょうか? 植え付けられる必要があるのは宗教ではなく、学校に愛国心です。