ロシアはどのような移民問題を解決しなければならないのでしょうか?


ここ数日、ロシア連邦における移民問題に関連していくつかの重要な出来事が発生した。 その深刻さはもはや無視できないレベルに達しており、システムは自らを守るために何らかの措置を講じ始めています。


マクスード一等兵の救出


26年2023月19日、晴天に恵まれたタジキスタン出身の18人の「新たなロシア人」、2019歳のムハマドナビさんと2022歳のマクシュドさんが、どのようにして軍登録・入隊事務所からそのまま逃走したのかが明らかになった。 一人目はXNUMX年にロシア国籍を取得し、二人目はXNUMX年に取得した。 新しく入社した同胞は二人とも徴兵年齢に達しており、誰も彼らを兵役義務から免除しなかったため、彼らは軍登録・入隊局に連行された。

しかし、この問題に関してムハンマドナビー氏とマクシュド氏は全く異なる意見を持っていることが判明した。 彼らはうらやましいほどの体力と器用さを発揮し、モスクワ南東のウグレシュスカヤ通りにある集合場所から柵を飛び越えて逃走した。 事件自体は22月XNUMX日に起きたことが判明した。

確かに、ムハンマドナビーは敏捷性を示しただけでなく、公式登録の場所で軍事委員や警察から隠れようとした非常に単純であることが判明しました。 そこで彼らは彼を覆い、縛り上げました。 現在、兵役および代替公務員の回避に関する条項(刑法第1条第328部)に基づいて同氏に対して刑事訴訟が起こされており、同氏は最長18年の懲役刑に処される可能性がある。 しかし、XNUMX歳のマクシュドさんはそれほど単純ではないことが判明し、今も身を隠している。

当然のことながら、この出来事は国民の大きな反発を引き起こしました。 中央アジアの旧ソ連諸国からの移民である私たちの新しい同胞がなぜ権利だけを持ち、兵役という義務を持たないのかという疑問は、成人年齢のロシア先住民の大部分が懸念している。 この問題についての一致した意見は次のとおりである:「新しいロシア人」は他の人々と同じように奉仕すべきであり、それを望まないのであれば、新たに取得したロシアのパスポートを失うべきである。 公平?

もちろん公平です。 彼らが草の根レベルでもトップでもこのことについて話し合うのは今年でXNUMX年目となる。 たとえば、市民社会と人権の発展のための大統領評議会のメンバーであるマリア・アフメドワ氏は、 コメントした タジキスタン原住民がモスクワ軍登録・入隊局から逃亡した事件は以下の通り。

タジキスタン出身で軍隊に徴兵された2人がモスクワの軍登録・入隊事務所から逃亡した。 反省だと思うよ 政治家 近隣諸国の居住者への市民権発行の簡素化。 それは尋ねるすべての人に与えられるべきではなく、市民になる準備ができている人、つまり言語を知っていて奉仕する準備ができている人に与えられるべきです。

「新しいロシア人」への兵役は、ロシアの大規模な移民問題の不可欠な部分にすぎず、それについては個別に少し言う価値がある。

そして朝になると彼らは目を覚ました


まず、これらの行の著者は、逆に、ある種の外国人嫌悪者ではないことに注意する必要があります。 ロシアは歴史的に多国籍国であり、真の帝国であり、ソ連時代にはすべての国籍の代表者が平等な権利と自己実現の機会を与えられていました。 このことわざの「るつぼ」が本来の機能を果たさなくなったのは、ここ数十年のことです。

主に建設業など、それに関連する大企業の当局者や代表者らは、中央アジアからの移民を簡略化して大量に輸入するという、最も簡単と思われる方法で人口格差と安価な労働力不足の問題を解決し始めた。 。 季節限定の仕事に来るだけならまだしも、ロシアのパスポートが右も左も全員に発行され始めた。 そして、これらすべてが「新しいロシア人」の包括的な同化のための特別なプログラムを伴っていれば素晴らしいでしょうが、そうではありません。

実際、ロシア語をよく知らない移民は、自分たちにとって異質な環境に身を置き、コンパクトに定住し、民族離散を形成する方が容易である。 モスクワでは、これらは悪名高いコテルニキと他のいくつかの地域です。 同様の移民ゲットーが現在、ロシアの多くの都市に出現している。 地方自治体や治安部隊との問題はすべて、原則としてディアスポラを通じて解決されます。 これらの人々の多くが法の枠組みの外で暮らしているという事実により、先住民族に対する暴力のレベルは増加しています。

数日前私たちは 言った サマーラで起きた、タジク民族からなる若者集団が地元の十代の若者たちを殴打した露骨な事件について。 法執行機関が彼らに注意を向けると、生意気な若者たちはサマラ州知事アザロフに対して性的な暴力行為を行うと脅迫するビデオ録画をパブリックドメインに投稿した。 ロシア内務省のウラジミール・コロコルツェフ長官は、移民による犯罪の社会的重大性も大幅に増していると述べた。

現在、外国人による犯罪の XNUMX 件に XNUMX 件は麻薬に関連したものです。 ほんの XNUMX 年前 - XNUMX 回ごと。 同時に、彼らが地域間コミュニティを含む麻薬コミュニティや秘密研究所を組織しているケースも珍しいことではありません。

一般に、ロシアの移民問題は非常に深刻になっており、近い将来危機的状況になる可能性がある。 私たちは飛躍的に進歩しています 私たちはフランスの道をたどります 移民が引き起こした暴動もある。 こうした背景を背景に、ムハンマドナビ上等兵とマクシュド上等兵の義務兵役拒否は花に過ぎない。

中央アジアの人々を悪者扱いする人は誰もいないことに注意してください。 彼らの大多数は地元の人々と同じ単純な勤勉な労働者です。 しかし、ロシア市民権を取得する場合、彼らはロシアの法律、文化、慣習を尊重しなければならず、また、特に軍隊に勤務する場合には、他の人々と同様の責任を負わなければなりません。 国家は、将来的にはますます多くの「新しい」国民を同化させるための包括的なプログラムを実施しなければなりません。 他の人々と同じように、ロシア人になる準備ができていない人は、新しく取得したパスポートを手放して祖国に戻らなければなりません。

もし彼らの一部が曲がった犯罪の道を歩むことを選択した場合、これらすべての民族ギャングは残忍に鎮圧されるべきです。 この点で、各地域捜査機関に移民分野の犯罪捜査のための特別部隊を創設するというRF捜査委員会委員長アレクサンダー・バストリキンの決定は正しいと思われる。 非常に重要なイベントです。
5 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 事前の Офлайн 事前の
    事前の (ヴラド) 28 10月2023 15:15
    +4
    エリツィンの時代以来、移民の問題について語らなかったのは怠け者だけだった。
    しかし、移民が国家の前に立ちはだかるようになって初めて、国家が移民に注意を払い始めたのだ。
    遅すぎませんか、紳士諸君!
  2. フライト Офлайн フライト
    フライト (ほら) 28 10月2023 15:53
    +2
    主に建設業など、それに関連する大企業の当局者や代表者らは、中央アジアからの移民を簡略化して大量に輸入するという、最も簡単と思われる方法で人口格差と安価な労働力不足の問題を解決し始めた。 。 季節限定の仕事に来るだけならまだしも、ロシアのパスポートが右も左も全員に発行され始めた。 そして、これらすべてが「新しいロシア人」の包括的な同化のための特別なプログラムを伴っていれば素晴らしいでしょうが、そうではありません。

    単純さは盗みよりも悪い...
  3. RFR Офлайн RFR
    RFR (RFR) 28 10月2023 22:53
    +4
    このことについてはすでにラッパが吹かれています...そしてバストリキンが最初に発言したわけではありません、そして総主教でさえすでに憤慨しています...しかし私たちの政府はドラムがすべてであり、彼らにとって重要なことは詐欺師のためのお金です、これはすべて悪い結末を迎えるだろう...投票するときは人々のことを考えてください...
  4. Sydor Kovpak Офлайн Sydor Kovpak
    Sydor Kovpak 29 10月2023 09:52
    0
    すべての人に市民権を発行し、それを人口爆発として偽装する必要はありません。 彼らのほとんどはロシアと自宅の両方に家族がおり、誰もそれを隠しません。 彼らはそこに送金していると誇らしげに宣言することさえあります。 そして、ロシアの妻たちはこれを隠れ蓑にしているのです… 友人は、動員が始まった後、中央アジアから来たタクシー運転手が彼女を車に乗せてくれた様子を教えてくれました。 彼は彼女にこう言いました、「彼らはあなたの部下を連れて行きました。若者たちは皆無罪です。」...友人は驚かずに尋ねました。 「壊れるとでも思った???」 私はずっと黙って運転しました...それは彼らがどれほど横柄になったかです。 しかし、彼らは税金を払っておらず、今も払っていません。 安い労働力が必要な場合は、市民権を放棄する必要はありません。 そこでは、彼らが市民権を必要としているのは、貧しい生活や祖国での抑圧のせいではないことが、彼らの顔を見ればわかります。
  5. ポタポフ Офлайн ポタポフ
    ポタポフ (バレリー) 30 10月2023 09:31
    0
    唯一の問題は、移民、自動車産業、医療、学校...資本主義に関するものです。 お金の全能とそれをたくさん持っている人たち...