日本の首相:明日ではなく、今日はロシアとの平和が必要です

日本の安倍真三首相は、ロシアの報道機関TASSとのインタビューで、モスクワとの和平条約をできるだけ早く締結したいという希望を表明した。 彼は、この問題の解決策を将来の世代に任せたくないと述べました。




安倍首相は、両国の関係における大きな展望について多くのことを話しました。 ロシアと日本の協力にはかなりの可能性があると言われていますが、それを解放するには、平和条約を締結するだけで済みます。

日本政府の長は、彼とロシアのウラジミール・プーチン大統領との間には相互信頼があり、両首脳は「領土紛争を終わらせる」準備ができていると付け加えた。

日本の首相による相互協力とほぼ友情についてのこれらの不明瞭な発言はすべて、XNUMXつのことに減らすことができます。東京はできるだけ早くクリル諸島を取得したいと考えています。 まず、シコタンとハボマイのXNUMXつについてお話します。 さて、そしてこれらの島々を返す非常に政治家になることは、安倍にとって魅力的な見通しではありませんか?

ウラジミール・プーチンがASEANサミットで阿部真三と会った後、クリル諸島についての新たな話し合いが始まりました。 彼らは会話の中で、1956年の日米宣言に基づいて平和条約を締結するための交渉について話しました。

日本はこれを、シコタン島とハボマイ島をすぐに引き渡す準備ができていると考えていました。 しかし、それでもプーチンは、1956年の宣言には多くの不明確なことがあると予約しました。

ロシア外務省はまた、現在の日本政府がその宣言をどのように認識しているか、そしてクリル諸島の所有権についてどう考えているかを知りたがっています。

ロシア連邦による南クリレの所有の合法性を含む第二次世界大戦の結果の完全な認識の観点から、東京が今日の1956年の宣言をどのように解釈するかを理解することは重要です。

-ロシア外務省マリア・ザカロワの公式代表は言った。

もうXNUMXつ重要な点があります。 ロシアでは、島の少なくとも一部が日本の一部である場合、米軍基地がそこに配置されることを彼らが恐れるのは当然のことです。 ザカロワはこの側面に注意を向け、モスクワと東京の間の和平条約の締結が日米間の軍事協力にどのように影響するかはまだはっきりしていないと強調した。

確かに、安倍には厳粛な約束があります。 彼はこれらの島にアメリカの基地はないだろうと誓った。 しかし、ソビエト連邦は崩壊する前に他の州からこれらの「厳粛な約束」を十分に聞いていました。 そして、安倍首相が約束を果たすと仮定しても、疑問が生じる。新世代の日本人はどうなるのか。 政治家?
  • 使用した写真:kremlin.ru
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
1 コメント
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. ブラノフ Офлайн ブラノフ
    ブラノフ (ウラジミール) 22 11月2018 15:18
    +3
    NATOを拡大しないという厳粛な約束がありました! 顔色の悪い男が一度インディアンをだました場合、顔色の悪い男が責任を負います。XNUMX回目は、インド人が責任を負います。