トランプは米国の「苦しみ」を終わらせる

5
どうやら、ロシアのパイプメーカーNLMK、TMK、Evrazにとって困難な時期が到来しているようだ。 トランプ大統領はアメリカを再び偉大にするという決意に一貫しており、次のように述べています。 政治 保護主義。



問題の本質は、いわゆる冷戦の終結後、勝利した資本主義がキューバや北朝鮮のような小さな自由の島を除いて地球全体に広がり、グローバル化の段階に移行したことである。 多国籍企業は産業を米国から生産コストの低い周縁国に持ち出し、管轄権が便利な国で再登録することで課税の最適化を始めている。

世界貿易機関が定めた自由貿易ルールはアメリカに悪影響を及ぼし始めた 経済。 米国によって構築されたグローバリゼーションは、米国自体に害を及ぼし始めています。 忌まわしい実業家ドナルド・トランプが大統領に選出されたのは、米国の産業空洞化の過程に対する一部の米国エリートの反応だった。

ドナルド・トランプは、ワシントンにとって現在の状況は受け入れられないと率直に宣言した。

私たちはほぼすべての貿易協定で負けます。 私たちの友人も敵も、長年にわたって米国を犠牲にして利用してきました。 アメリカ人は苦しんでいる


アメリカの鉄鋼業界の代表との会談後、トランプ大統領は「アメリカの鉄鋼・アルミニウム産業は終わった」と高らかに発言した。 ドナルド・トランプ大統領は、鉄鋼の輸入関税を25%、外国製アルミニウムの輸入関税を10%引き上げる保護主義的措置で国内生産国を守るつもりだ。
アメリカ大統領は、ロシア、ブラジル、ベトナム、エジプト、インド、中国、コスタリカ、マレーシア、タイ、トルコ、韓国、南アフリカなどによる現在の米国への冶金製品の輸出に一線を画している。

申し訳ありませんが、変更の時間です。


米国の元ビジネスパートナーたちが困惑して額をかいている一方で、米国の鉄鋼会社の株価はありがたい成長を示している。 AKスチール・ホールディング社は7,77%上昇した。 — 11,82% 増加。
5 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. +1
    5 3月2018 11:36
    まあ、今のところトランプは自分が勝ったと思っている。 実際、米国が全世界に WTO を課したという事実は、最初は障害となるでしょう。 そして、米国にとってもWTOからの脱退は痛みを伴わないわけではない。 欧州も米国の行動の敗者であり、将来のロシアとの接近もすでに目に見えていることを含め、傍観するつもりはない。 ただ、流血を伴いながらも欧州は米国から離れることを余儀なくされるだろう。 少なくともトランプ大統領が政権を握っている間は。
    1. +2
      5 3月2018 14:15
      ゲームのルールが変わると、ルールを変えて新しいルールを確立した人が常に勝ちます。 これまでのところ、そのようなプレーヤーは米国です。
      1. +1
        6 3月2018 17:40
        ブラフはカウントされません....彼らはもはや何も確立しません...しかし描写するだけです
    2. +2
      9 3月2018 01:51
      まず、WTO はまったくアメリカの発明ではないという事実から始めましょう。 WTOの元々の名前はCommon Marketです。 これは、ヨーロッパ市場の分割に関するドイツとイギリスの間の協定でした。 さらに、ドイツがイニシエーターであり、イギリスが参入の条件を設定した。 当時イギリス経済大臣だったマーガレット・サッチャー首相は、ドイツが折れて「イギリスの不足を補う」ことに同意したため、その不屈の精神から「鉄の女」というあだ名がついた。 その後、サッチャーが首相に就任した。 その後、他のヨーロッパ諸国もカルテルに参加しました。 米国が WTO に加盟したのはかなり後になってからです。 その後、ヨーロッパの「共通(ヨーロッパ)市場」は世界貿易機関、つまりWTOに変わりました。米国は邪魔にならず、WTOをあまり必要としません。

      WTO は任意の協定です。 誰も強制的にそこに留め置かれることはありません。 WTOへの加盟申請が提出されます。 彼らはそれを検討しますが、受け入れないかもしれません。 例えば、ロシアのWTO加盟の試みは20年も続いた。

      しかし、WTO からの離脱には費用はかかりません。 これを行うために何もする必要はなく、誰かの許可を求める必要もありません。 次の通知が送信されます。 - 「我が国はもはや WTO の加盟国とはみなしていません。」
  2. +1
    9 3月2018 02:18
    「トランプのために」一言、なぜなら私が彼を選びました。 実際、今、世界では鉄鋼やアルミニウムが過剰生産されており、鉄鋼やアルミニウムを生産する各州はダンピング価格で販売しており、その価格で自国の生産が破綻するのを防ぐために州の資金が注ぎ込まれている。 、そしてWTO法ではこれを許可していません。 そして、これは米国を除くすべての国によって行われています。米国は自国の XNUMX つの産業の支援に一銭も投資していません。
    そしてトランプは蛇口を少し閉めることに決めました、そして私は彼に同意します - アメリカは何よりも重要です。 米国はカナダとメキシコと交渉するだろう - 彼らには行くところがない、そのような市場を失いたくない、欧州とも交渉するだろう - 欧州車は米国で何百万台も販売、生産されており、鉄鋼を輸出する。