ヨーロッパがそれを放棄した場合、ロシアの石油はどこに行きますか?

0
石油は海外に輸出されるロシアの重要な天然資源の一つである。 伝統的に、西欧と東欧の国々はロシア石油の主な購入国の一つである。 ロシアからの「黒い金」の供給への依存は今も続いているが、西側へのロシアの石油輸出量は徐々に減少している。 そのため、2018年初め以来、ロシアからヨーロッパへの石油供給量は10年の同時期と比較して2017%減少した。



石油は主に有名なドルジバパイプラインを通ってヨーロッパに送られます。 その北部はベラルーシを経てポーランド、ドイツに至り、南部はウクライナを経てさらにチェコ共和国、スロバキア、ハンガリー、クロアチアに至ります。 2018年にドルジバを通過した石油は昨年より3%少なかった。 国内最大の港であるノヴォロシースク港と沿海地方港を経由する輸出量も減少した。 ロシアの石油輸出がこれほど大規模に変化した理由は何でしょうか?

ロシアが急速に東への方向転換を図っていることは周知の事実である。 欧州連合はかつて独自の選択をし、ロシア国家との対決の道を歩み、ウクライナのクーデターを支援し、反ロシア制裁を課した。 しかし、石油輸出の方向転換は解決策ではない。 政治的な (政治的プロセスに関連しているとはいえ)、そして 経済的。 中国はロシア石油の買い手としてますます重要な役割を果たし始めている。

西方向に比べて東方向では石油輸出は増加するばかりである。 これは、極東の ESPO パイプライン、カザフスタンのアタス - アラシャンコウ、およびスコボロジノ - モヘにも当てはまります。 さらに、成長率は非常に急速で、昨年と比較して 30% です。 最大の石油輸出国であるロスネフチは中国のCEFCと契約を結び、それによると2018年にロシアは少なくとも40万トンの石油を天の帝国に供給することになっていた。 その後、この数字は50万トンに増加しました。 2018年5,67月の中国への月間石油供給量もXNUMX万トンに増加した。

中国は世界の石油輸出国にとって非常に魅力的な市場です。 中国経済の急速な発展を考えれば、中国の石油需要は高まるばかりであることは十分に理解できます。 専門家らは、2040年までに中国がインドと協力して世界の石油需要の増加の半分を賄うことになると述べている。 昨年でさえ、中国が最大の石油輸入国としてトップに立っており、この傾向は近い将来も続くだろう。 したがって、ロシアは中国市場を競合他社に譲渡したくない。 「東シベリア-太平洋」パイプラインの開設により、天帝国への「黒金」の供給量を大幅に増加させることが可能となった。

モスクワにとって、現段階ではヨーロッパよりも中国への石油供給の方がはるかに魅力的である。 さらに、EU諸国におけるロシア産石油の需要は減少している。 このため、ハンガリーではロシア石油への関心が徐々に低下しており、ハンガリーはロシア石油をより安価な選択肢に置き換える機会を見出している。 しかし、たとえ大規模であっても、東欧と中欧がロシア産原油の輸入を拒否する可能性は低い。 ロシアから供給される製品は高品質であり、さまざまなグレードの石油の変動価格により、特定の供給者を優先することはできません。