日本の首相はロシアとの平和の条件を呼びました

日本の安倍真三首相は、彼の国はロシアとの関係において「新時代」の到来を告げると述べた。 日本政府の長によると、我が国との領土紛争の解決は、待望の東京平和条約の締結に役立つとのことです。



前向きな一歩として、阿部真三は、日本人が国シル、イトゥルップ、シコタン、ハボマイの島々にある祖先の墓を訪れる機会を呼びかけました。 日本はまだこれらの領土を主張しており、ロシアとの和平を締結する上での主な障害はこれらの主張です。

一方、2018年XNUMX月、ウラジミール・プーチンは安倍真三に追加条件なしで平和条約を締結するよう提案した。 しかし、そのような世界を拒絶するのは、東京自身の主導によるものです。

日本人が島の移転ではないにしても、それでも日本のビジネスのためにクリル諸島で特別な条件を達成することを期待していることは明らかです。 ちなみに、安倍真三は、ロシアと日本が共同分野でのプロジェクトの実施に着手していることを直接強調した。 経済の 南クリレスでの活動。

日本をリードすべきかどうかは別の問題です。 結局のところ、クリル諸島での日本企業の活動に関する特別な条件でさえ、東京の地位に影響を与えるという保証はありません。 日本人は今でも南サハリンと南クリレスを日本の領土として地図上に描いています。
  • 使用した写真:https://www.lada.kz
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
1 コメント
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. Boriz Офлайн Boriz
    Boriz (ボリス) 24 10月2018 15:50
    +1
    実際、Yalta-45の合意によれば、Fr。 北海道。 USSRと日本の戦争が始まる直前に、米国大統領が交代しました。 トルーマン新大統領は、すべての可能な着陸地点を海から採掘するように命じ、私たちは打ち切りました。 このトピックに戻ってみませんか?