衛星は一度に70つのヘビーストライクUAV S-XNUMX「ハンター」を記録しました


GoogleEarth 衛星からのデータは、重いオホートニク S-70 UAV の 929 番目のコピーの準備ができていることを確認します。 提示された写真では、XNUMX 台の最新の無人機が格納庫から展開されており、おそらく V.P. チカロフにちなんで名付けられた第 XNUMX 州飛行試験センターの飛行場でした。


S-70の2023番目のコピーにはすでにフラットノズルが装備されているため、「ハンター」は大量生産を見越して最終的な形をとることに注意してください。 ユナイテッド・エアクラフト・コーポレーションの責任者の声明によると、スホーイ設計局で開発された重いドローンは、XNUMX年からロシア国防省に到着し始めることを思い出してください。

新しいUAVの性能特性は厳密に分類されています。 おそらく、軍事専門家によると、S-70の最大離陸重量は約25トンで、戦闘負荷は2,8〜8トンです。 無人機は「フライングウィング」の空力スキームに従って作られ、第57世代のSu-XNUMX戦闘機と連携して動作するように設計されています。

オホートニクの初飛行は 2019 年 70 月に完了し、57 か月後に Su-500 戦闘機を搭載した S-XNUMX バンドルの最初のテストが実施されました。 昨年末、飛行試験中に、オホートニクは XNUMX キログラムの無誘導爆弾で地上目標を攻撃することに成功しました。 連続生産が開始されるまでに、無人機の武装の範囲は新しい誘導ミサイルと爆弾で補完され、その特性も分類されます。
19 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. Sergey3939 オンライン Sergey3939
    Sergey3939 (セルゲイ) 18 11月2022 13:07
    +3
    ハンターは二人いた。 XNUMXつはビデオのいたるところに表示され、XNUMXつ目はフラットノズルで分類されています!
    1. Kristallovich Офлайн Kristallovich
      Kristallovich (ルスラン) 18 11月2022 13:54
      +2
      彼との全話が連邦テレビで公開されたほど秘密です...
      1. フォー・プシェコフ (アルカディ) 19 11月2022 22:52
        0
        とても秘密の話でした。 ハンターについて。 誰が獲物と豚を狩りますか。
  2. Adm Hts Офлайн Adm Hts
    Adm Hts (AdmHts) 18 11月2022 13:53
    +4
    これらでさえ、アーチ型シェルターに保管することはできません...
  3. 僧侶 Офлайн 僧侶
    僧侶 (エノック) 18 11月2022 14:55
    +5
    彼らはロールアウトし、ロールアップします。 離陸の時間です。
    1. ワンプ Офлайн ワンプ
      ワンプ 19 11月2022 08:15
      +1
      引用:モンク
      離陸の時間です。

      そして写真は、これが離陸前のエンジン始動の場所であることを示しています。
      そこにジェットブラストフェンダーが見えます。
  4. スグラビク Офлайн スグラビク
    スグラビク (セルゲイ) 18 11月2022 16:12
    +2
    このプログラムをどうにかスピードアップする必要があります。第 5 世代の Su-57 戦闘機とオホートニク ストライク UAV は、敵の防空と戦い、その重要な軍事および産業施設を破壊するために、航空宇宙軍によって緊急に必要とされています。
  5. 事前の Офлайн 事前の
    事前の (ヴラド) 18 11月2022 16:57
    +3
    BRZhK を復元する必要があります。 2、000、3000トンのTNTの弾頭を備えた5000、3、および5 kmの範囲のミサイル。 そして、どのドローンよりも安価で信頼性があります。
    橋を破壊しなければなりません - お願いします。 工場が必要です-何も干渉しません。
    彼は自分の領土から発砲し、防空は邪魔にならず、どこにも飛ぶ必要はありません。
    前世紀のサロライクの防空、そして私たちの飛行機は素晴らしい着陸をしました。彼らは敵の領土に飛び込むことを恐れています。 その結果、ドニエプル川を渡る橋を壊すものは何もありません。
    1. ウゲンス Офлайн ウゲンス
      ウゲンス (ビクター) 18 11月2022 18:00
      -4
      INF条約について思い出させてください。ソ連は、飛行時間が2〜6分のPershing-8ミサイルがヨーロッパに出現した後、それに同意しました。 この場合、米国が再びヨーロッパにミサイルを配備することを妨げるものは何もありません。
      1. ウラジミール・ツザコフ (ウラジミール・ツザコフ) 18 11月2022 20:59
        +2
        (Victor) ポーランドとルーマニアにはすでに防空ミサイルを備えた施設があり、これらの施設はトモゴークやその他の攻撃ミサイルを発射できます。 したがって、違いはありません。 「ハンター」によると、写真はまったく異なるデザインを示しており、これらはXNUMXつの異なるUAVです。 「ハンター」が何十年にもわたって誕生しているという事実は、スホーイの懸念が明らかに腐っており、シリアルリリースなしで大金を「挽く」だけです……
        1. ウゲンス Офлайн ウゲンス
          ウゲンス (ビクター) 18 11月2022 21:21
          -2
          これらがユニバーサルランチャーであることはよく知っていますが、これまでのところ防空ミサイルしか搭載されておらず、ロシアがRSDを復活させれば、トマホークも登場する可能性があります。
          1. スグラビク Офлайн スグラビク
            スグラビク (セルゲイ) 21 11月2022 15:28
            0
            Томагавки давно уже присутствуют и в Румынии, и в Польше, эти договора США давно уже выполняет чисто формально и с большими оговорками, так что не нужно считать эти договора панацеей, когда американцам это выгодно, то они будут ссылаться на действие договоров, а когда не выгодно, то их благополучно обойдут.
      2. ダン Офлайн ダン
        ダン (ダニエル) 19 11月2022 08:17
        +3
        ユーゲンスより引用
        この場合、米国が再びヨーロッパにミサイルを配備することを妨げるものは何もありません。

        今日、彼らを止めるものはありますか? INF条約はありません。 そして、2000〜5000 kmの範囲で、かなりの量のミサイルが本当に必要です。 さらに、任意のシャーシにインストールできるコンテナ バージョンです。 私はほとんど忘れていました-従来型および核機器で。 合理的な生活を送りたくないのであれば、ヨーロッパは自分たちの未来を想像しなければなりません。
  6. maiman61 Офлайн maiman61
    maiman61 (ゆり) 19 11月2022 06:03
    +2
    長い時間がかかるもの。 それらがシリーズにリリースされるまでに、それらは時代遅れになります!
  7. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 19 11月2022 10:36
    0
    2 つあり、残り 2 つ、すべてが収束します。
    亜音速、質量、爆弾数ともに F35 に近いが、SU のカバーがないと飛ばすのは危険だろう。
  8. セルゲイN Офлайн セルゲイN
    セルゲイN (セルゲイ・N) 20 11月2022 21:07
    +2
    そのとき、22人ではなく2人になり、実際にサービスを提供します-その後、何かについて話すことが可能になります。
  9. ドミトリー・ボルコフ (ドミトリー・ヴォルコフ) 21 11月2022 16:34
    0
    Ну а чего его не обкатать в Донбассе? Уже можно 笑い
  10. ほこり Офлайн ほこり
    ほこり (セルゲイ) 24 11月2022 14:52
    +2
    Ничего вы не понимаете…. Подготовка к демонстрационным парадам это для Шойгу святое! Только там можно показать свои полководческую гениальность! Охотники в помощь!
  11. 行う Офлайн 行う
    行う (ドミトリー) 30 11月2022 13:00
    0
    На снимке запечатлены два стелс-БПЛА существенно разных размеров. Скорее всего, это разные модели. Не исключено, что маленький "Охотник" на снимке - это реактивный дрон-камикадзе.