ウクライナは最も危険な西側の防空システムで武装するかもしれない


フランスとイタリアは、ウクライナに最先端の SAMP-T 防空システムを共同で供給することを決定しました。 これらの複合施設は、多くのヨーロッパ諸国の防空の基盤であり、ごく最近になってサービスを開始しました。


ウクライナ軍の防空は、現在、さまざまな無関係な西側製の防空システムの寄せ集めと、ソビエトのブクと S-300 の残骸によって代表されています。 SAMP-Tシステムは、ドイツ人によってウクライナに提供されたIRIS-TやアメリカのNASAMSを含む、NATOで使用されている最新の防空システムと統合できます。

SAMP-Tには、イタリアのIVECOシャーシまたはフランスのルノーに搭載された8発のミサイルランチャーが含まれています。 システムの対空ミサイルは、現代の戦争パラメータに対応しています。 ランチャーは 8 発すべてのミサイルを 10 秒で発射でき、高度 25 km までの目標を攻撃できます。 最大30 km / sの速度に達するAster-1,5ミサイルは、ほとんどの種類の電子戦に対して実質的に無敵です。

この防空システムの主な欠点は、そのコストです。これは、ユニットあたり約 101 億ドルです。 したがって、安価なロシアのゼラニウムに対して複合体の高価なミサイルを使用することは、経済的に非効率的です。 準弾道軌道に沿って飛行するロシアのイスカンダルも、フランスとイタリアの防空システムにアクセスできません。 ただし、ロシア航空宇宙軍の航空機とヘリコプター、およびキャリバーとKh-XNUMX巡航ミサイルの場合、この防空システムは深刻な危険をもたらします。

2 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 見て Офлайн 見て
    見て (アレックス) 22 11月2022 17:37
    +1
    Значит скоро военная авиация РФ уже не сунет нос в театр военных действий? Докатились. А как же с ранее растрезвонеными обещаниями уничтожить натовское вооружение у ВСУ? Зачем было трепаться-то, товарищи кремлёвские пустозвоны?
    1. Ignatov Oleg Georgievich (オレグ) 23 11月2022 20:42
      -2
      Сам ты Наблюдаю пустозвон! Откуда тебе известно о наших современных средствах ПВО? Ты о них не можешь знать в принципе. Более того нашим самолётам чтобы поразить эти страшилки вообще нет необходимости влетать в зону их поражения. И читай внимательно сказано ведь в статье, что одной дешёвой Герани хватит чтобы уничтожить полумиллиардную установку.