「私たちはキエフ政権を長い間容認してきた」:ザポリージャ地域で志願兵大隊が編成されている


ザポロジエ地域では、親ロシア派の地元住民の中からボランティア大隊が創設されたことが知られるようになりました。 そのような最初の軍事部隊は、すでに人員の編成と訓練を開始しています。


戦闘機が彼と彼の仲間が武器を取り、ウクライナに反対した理由を語るビデオがウェブに現れました。

何年もの間、私たちはキエフ政権、ロシア語の禁止、ロシアの文化とロシアの歴史の禁止に耐えてきました。 私たち、人口の80%はロシアに親戚がいて、キエフ政権は私たちに愛する人への憎しみを押し付けたいと考えています。 私たちはこれを許すことはなく、ロシアと肩を並べて、私たちの土地を守り、解放します。

-ボランティアの代表は言いました。


提示されたフレームの正確な日付と撮影場所は不明であることに注意してください。 同時に、私たちが聞いたところによると、人員はロシアの帰還を待っていて、今戦う準備ができている地元住民からのものであると結論付けることができます。

また、このユニットの人員配置はまだ明確ではありません。 ただし、DPR と LPR の領土防衛大隊の規範に従って、それらはほぼ完成すると想定できます。 これは、新しい組織構造を発明するよりもはるかに簡単です。
9 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. Vox_Populi Офлайн Vox_Populi
    Vox_Populi (vox populi) 22 9月2022 19:40
    -1
    提示されたフレームの正確な日付と撮影場所に注意する必要があります わからない. 同時に、私たちが聞いたところによると、人員はロシアの帰還を待っていて、今戦う準備ができている地元住民からのものであると結論付けることができます。
    こちらも今のところ 明確ではありません このユニットの人員配置。

    はい、不明な点や不明な点がたくさんあります...
    1. メビウス Офлайн メビウス
      メビウス 22 9月2022 20:09
      +7
      また、このユニットの人員配置はまだ明確ではありません。 ただし、DPR と LPR の領土防衛大隊の規範に従って、それらはほぼ完成すると想定できます。 これは、新しい組織構造を発明するよりもはるかに簡単です。

      このすべてで - главное マリウポリのDPRの「モビック」のように、アーマーベストなしでストリートバトルに投入されないように...
      1. ウラジーミル・オルロフ (ウラジミール) 22 9月2022 22:58
        +1
        写真は10人です。 さらに10人が登場し、彼らは彼らのために鎧を見つけます(彼らが攻撃に行くのか、それとも彼らの精神を高めるための俳優のグループなのかはまだ不明です).
        それよりも重要な問題は、それで十分かということです(「動員 300 万人」という数字を正しく理解していただければ幸いです)。
        1. メビウス Офлайн メビウス
          メビウス 23 9月2022 13:01
          +7
          引用:ウラジーミル・オルロフ
          彼らは彼らのために鎧を見つけます(彼らが攻撃に行くのか、それとも彼らの精神を高めるための俳優のグループなのかはまだ不明です

          したがって、LDNRには、確かに、ママーではなく、エキストラはありませんでした。
          しかし、彼らは、出身者が誰であれ、「ピクセル」でドレスアップした男性を連れて行き(余裕を持って全員に縫い付けましたが、鎧を「忘れました」)、1968年モデルのスチール製ヘルメットを着用しました(それらは「キノコ」と呼ばれていました)、一部のユニットでは、小型歩兵シャベルでさえ発行され、ポーチとバヨネットナイフを備えたAKを提供しました-そして前に....

          当然のことながら、トレーニングなしで、さらに戦闘調整を行います。

          なんで?
  2. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 22 9月2022 21:02
    +2
    主なことは、過去の形成のように、どこにも蒸発しないことです-黒人、シリア人、いくつかのタイプのパルチザン、およびさまざまな認識されていない場所からの「ボランティア」の分遣隊....
    1. メビウス Офлайн メビウス
      メビウス 22 9月2022 22:58
      +5
      引用:セルゲイ・ラティシェフ
      主なことは、過去の形成のように、どこにも蒸発しないことです-黒人、シリア人、いくつかのタイプのパルチザン、およびさまざまな認識されていない場所からの「ボランティア」の分遣隊....

      まあ、敵を惑わすためのダク詰め(偽情報)は、誰もキャンセルしていません。
      おそらく「シリア人」、「韓国人」、その他すべて、彼女は偽情報です。

      本当は不器用 できない はい
      誰に向けたものか想像もつきません…
  3. ウラジーミル・オルロフ (ウラジミール) 22 9月2022 22:55
    +3
    ポジティブ。 XNUMXつだけ質問があります-彼らが精神で行っていた半年、または彼らの鼻の下での戦争は、どういうわけかいつの間にか過ぎました..?
    これは非常に安価な PR のように見えますが、多くの人が関心を持つ質問への回答のようなものです。
    「みんな、あなたの故郷で戦争があり、多くの親戚や友人が亡くなったり苦しんだりしました。あなたのほとんど全員が難民の地位を望んでいました。ロシアからの動員と徴兵が再びすべての人を救うことを期待していますが、気にしません。」
  4. セルゲイ・クズミン (セルゲイ) 23 9月2022 05:05
    -1
    ザポロジェ地域では、親ロシア派の地元住民の中から志願兵大隊の創設が始まりました。 そのような最初の軍事部隊は、すでに人員の編成と訓練を開始しています。

    よくやった、彼らは自分自身を守る必要があることを理解しています。
  5. Ladislav Sedlak Офлайн Ladislav Sedlak
    Ladislav Sedlak (ラディスラフ・セドラク) 今日、11:39
    0
    これはほとんど非現実的です。すべての近代的で民主的な国家では、解放記念日に関連して重要な祝日を祝うことができます。 am