ロシア極北で30年にわたる長期エネルギー建設が完了


この XNUMX 週間はポジティブなことが多かった ニュース ロシア産業の分野から。 ただし、そのうちの XNUMX つは特に重要です。


火曜日に、マガダン地域のコリマ川にあるUst-Srednekanskaya HPPで、30番目で最後の油圧ユニットが稼働したという事実から始めましょう。 これで、XNUMX年に及ぶ長期工事が終了したことになります。

駅のプロジェクトは前世紀の80年代に開発されたことを思い出してください。 しかし、よく知られた出来事のために、作業は遅れました。 プロジェクトの資金調達は 2013 年代の初めに始まったばかりで、最初の水力発電ユニットは XNUMX 年に稼働しました。

Ust-Srednekanskaya 水力発電所は Kolyma 水力発電所に追加され、マガダン地域への電力供給の信頼性が向上します。 追加の容量により、コリマでのナビゲーションが保証され、産業の発展のための前提条件が作成されます。 後者の事実は、地元住民の流出を止め、人々に仕事を提供するため、特に重要です。

XNUMX つ目の重要なニュースは、東方経済フォーラムで発表されました。 知られるようになると、航空機の外国艦隊を国内航空機に置き換えることが決定されました。

この点で、2030 年までにロシアの航空産業は 5 機以上の航空機を製造しなければなりません。 また、同時期に約XNUMX基の国産航空機エンジンを生産する計画です。

これらのタスクのために、材料ベースはすでに更新および拡張されており、国のすべての大規模な航空機製造企業は現在、追加の人員を採用し、生産を近代化しています。

情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.