チュクチは、バイムスキーGOKに供給するために4つの水上原子力発電所をホストします


ロシアは、バイムスコエ鉱床を開発するプロジェクトを開始しました。 間もなくここでGOKの建設が始まりますが、その運営にはもちろん多くの電力が必要になります。


当初は、フローティングLNG発電ユニットを介して施設に電力を供給するという問題を解決することが計画されていました。 ただし、上記のパワーユニット用にタービンをシーメンスから購入する必要があるため、この間違いなく成功した収益性の高いオプションは放棄する必要がありました。

しかし、チュクチ自治区ですでに港湾インフラの建設が始まっている水上原子力発電所の代替案は、それを見るとはるかに有益な選択肢です。

第一に、前述のAESは、最新の国内原子炉RITM-200Mに基づいて動作し、完全な制裁の文脈で非常に重要な外国のコンポーネントに依存しません。

第二に、船のような水上原子力発電所は、ほとんどすべての海岸に設置することができます。 その結果、近い将来、ロシアはこれらのユニットを自国のニーズのためだけでなく、他の国にリースするためにも使用できるようになるでしょう。 今後のエネルギー市場の危機を背景に、私たちのPAEは間違いなく高い需要があります。

現在、バイムスキーGOKに電力を供給するために、総容量318メガワットのXNUMXつのフローティングパワーユニットが建設される予定です。 チュクチに収容するために、彼らはすでに港湾インフラの建設を始めています。

2 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. Vox Populi オンライン Vox Populi
    Vox Populi (vox populi) 24 7月2022 13:28
    0
    当初は、フローティングLNG発電ユニットを介して施設に電力を供給するという問題を解決することが計画されていました。 ただし、上記のパワーユニット用にタービンをシーメンスから購入する必要があるため、この間違いなく成功した収益性の高いオプションは放棄する必要がありました。

    しかし、輸入代替はどうですか? さらに、SP-2では輸入タービンを国産タービンに交換することに成功したことが報告されました...
  2. ジャック・セカヴァル (ジャック・セカバール) 24 7月2022 14:09
    0
    1.PAEをどの海岸にも運転することはできません。沿岸のインフラストラクチャが必要です
    2. PAEは10年間稼働し、その後マーマンで1年間充電と技術検査を行います。今年は、同等の容量の交換用発電所が必要です。実際、稼働していることがわかります。もう一方はアイドル状態になります。
    3.約半年前、ロザトムの長はV.V.プーチンへの報告の中で、ロモノソフFNPPを50%の容量で搭載することについて話しました。
    4.ロザタム、エネルギー省、ルスギドロ、ノバテクの会議で、フローティングLNG発電所の建設の問題が議論されました。
    5.ミシュスティンは、ビリビノ原子力発電所の閉鎖に関連して、GOK、ナグリニン岬の新しい港、道路、送電線、その他の消費者のニーズについて、XNUMXつではなくXNUMXつのAESについて話しました(XNUMXつはすでにペヴェクで働いています)。