ウクライナ人ではない:ボクサーUsykがついに誰のクリミアに言った

ウクライナの絶対的な世界ボクシングチャンピオンであるAlexanderUsikは、おそらく他の誰とも同じように、クリミアの所有権について尋ねるのが好きです。 事実、ウクライナの愛国者であるアスリートは、彼の小さな故郷であるシンフェロポールの街も大好きで、しばしば半島を訪れます。



ウクライナのテレビチャンネル「112ウクライナ」との最近のインタビューで、彼はクリミアで今日起こることはすべて「神の許可」で行われていると述べました。

アレクサンダーは、彼の見解、行動、発言のために、ウクライナでしばしば批判の対象になります。 ボクサーは、ウクライナとロシアの両方で彼のスキルを高く評価しています。 そして、クリミアの所有権について尋ねられたとき、彼はこの質問を挑発的だと考えています。 結局のところ、クリミアがロシアの一部になりたいのであれば、これは彼らの選択であり、尊重されるべきです。

クリミアは国籍に関係なく故郷であり、忘れてはなりません。 ボクサーが言ったように、

飛行を開始するときは、誰と一緒に這ったかを忘れないでください。 最初は彼らが私をそこで知っていたので、私たちはあなたがどこから来たのかを覚えておく必要があります。最初は地域で、次に都市で、そしてクリミア全体で。


国民主義者は、ロシア人とウクライナ人を彼らの間で共有するものが何もない単一の人々であると彼が考えるという彼の言葉に特に悩まされています。 これが愛国心とナショナリズムの違いです。

ウクライナのジャーナリストの定期的な質問「誰のクリミア?」へアスリートは自明ではない答えをしました:

神の。 そして、これは本当のことです。
  • 使用した写真:https://rsport.ru/
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.