ネットワークは、カザフスタンからのCSTO軍の予想外の急速な撤退の理由を挙げた


ロシア軍部によると、13月XNUMX日木曜日に、カザフスタンの領土からのCSTO諸国の部隊の撤退が始まった。 平和維持軍は、彼らに委託された施設を共和国の法執行機関に移し、戦闘を準備します テクニック ロシア航空宇宙軍の輸送機に搭載するための材料的および技術的手段。


その間、一部の専門家は、彼らが信じているように、カザフスタンからの組織の軍隊の撤退に非常に急いで警戒していました。 Telegramチャンネル「Nezygar」によると、これにはいくつかの理由があります。

それらの最初のものは、内部のカザフスタンエリートの気分に関連しています。 CSTO軍の導入は、安全保障理事会の長のポストを含め、ナザルバエフから「連れ去られた」トカエフ大統領の地位を正当化した。 したがって、エリート内協議の枠組みの中で、彼らは軍隊を撤退させることで合意に達した。

もうXNUMXつの理由は、中国、トルコ、および欧州連合(後者の背後には米国)の位置に関連している可能性があります。 同時に、この場合、中国は暗黙の中立を維持しているが、明らかに、この地域におけるモスクワの地位の強化に警鐘を鳴らしている。 一方、ワシントンは、米国務省のスポークスマン、ネッド・プライスが言及したカザフスタンからのCSTO軍の撤退を歓迎した。

さらに、社会学者によると、ロシアとその同盟国のカザフスタンへの平和維持軍の導入は、ロシア連邦の人口の一部によって否定的または懐疑的に認識されています。

噂によると、カザフスタン政府では現在、困難なエリート内交渉が進行中である。 トカエフはすでに、カザフスタンがその 政治 西への流れをカバーする「等距離と実用主義」。 トカエフの地位の特徴は、エリートに対するコンセンサスとサポートを構築する必要があることですが、彼の権力資源は限られています

-チャンネルの作者を書きます。
11 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 鉄鋼労働者 Офлайн 鉄鋼労働者
    鉄鋼労働者 13 1月2022 16:11
    -1
    トカエフはすでに、カザフスタンがその政策を維持しているという合図を西側とカザフの民族主義者集団に送っている。

    そして彼は熱心なRussophobeを新しい大臣に任命しました! プリマコフは素晴らしいです! 私は原則的な立場を取りました。

    プリマコフによれば、彼はウマロフの「多数の引用」を注意深く読み、大祖国戦争を「他人の戦争」と表現し、ロシア人を「課せられたディアスポラ」と呼んだ。

    そして、プーチンはどうですか? プーチンは、まず第一に、彼の最も近いオリガルヒの輪の利益を擁護します。 したがって、ロシア人の利益とロシアの利益は彼に次ぐものです。 沈黙!! あるいは、彼はトカエフを指摘することもできたでしょう。 興味深いことに、米国とNATOは最後通告を出しているが、トカエフには何も言わなかった。 テリー・ルッソフォビアがウクライナで繁栄したとき、彼はまた、これが彼に関係がないふりをしました。 お金はにおいがしません。 したがって、ポナモレフは一掃され、それで動作します。

    ロシアは、カザフスタンのアスカル・ウマロフ情報大臣を、彼の以前の言葉ではなく、新しいポストでの彼の発言によって判断するだろうと、大統領報道官のドミトリー・ペスコフは述べた。

    https://www.vesti.ru/article/2663292
    1. 通りかかっ Офлайн 通りかかっ
      通りかかっ (通りかかっ) 13 1月2022 16:41
      -9
      ある種の女の子の観点から政治家として身をかがめるプリマコフはもちろんクルトです...次回、彼は相手の鼻を背中に塗りつけて、牛のレベルまで完全に滑り降りることができますか?
  2. コメントは削除されました。
  3. svit55 Офлайн svit55
    svit55 (セルゲイ・ヴァレンティノヴィッチ) 13 1月2022 17:40
    +1
    もちろん、完全なナンセンスだけでなく、経験でもあります。 血まみれの鼻水が流れてXNUMXつの前線がはっきりと形成されているときにMCを導入することは明らかです。
  4. キャプテンストーナー (キャプテンストーナー) 13 1月2022 23:01
    +2
    カザフスタンの前大統領の末娘であるヌルスルタン・ナザルバエフは、英国市民権を取得することを目的として、2006年にロンドン北部の邸宅を買収しました。 サンデーテレグラフが明らかにしているように、この買収は、41歳のアリヤナザルバエワが共和国から300億ドル(約22,6億ルーブル)を引き出した後の最も重要な買収のXNUMXつになりました。

    https://www.vazhno.ru/a/94379/20220110/u-docheri-nazarbaeva-nashli-osobnyak-za-sotni-millionov/ab-intext/
  5. シンジカリスト Офлайн シンジカリスト
    シンジカリスト (ダイモン) 14 1月2022 07:22
    -3
    プーチン、エルドアン、シジンピンのどちらを引っ張ったのかは不明ですが、そのように見えます。 全速力で走っているロシアの馬は、突然手綱を引いて引き返した。
    1. A.Lex Офлайн A.Lex
      A.Lex 15 1月2022 22:47
      -1
      Это у вас конь...педальный. А у нас медведь. Так что - неча ржать тут.
  6. ニコライ・シドロフ (ニコライ・シドロフ) 14 1月2022 10:08
    +1
    クマは木立に入った-吠えた。 そしてみんなが落ち着きました。 そこで他に何をしますか? 彼らをさまざまな方向に平和に生きさせましょう。
  7. キム Офлайн キム
    キム (キウム) 14 1月2022 19:18
    0
    Ну что? Не было никогда и вдруг опять - у России только два союзника, нет? Сетевые искперды-анонимы с всемирно известного редута "Эхо Москвы"
  8. ジューコフ元帥 Офлайн ジューコフ元帥
    ジューコフ元帥 (ジュコフ元帥) 15 1月2022 08:42
    -2
    Вот народ и эксперты точно знают, что и почему. И только Путин один не знает. Про народ ладно промолчу. А вот про экспертов скажу. Где вы видели, чтобы хоть один эксперт публично сказал, что ошибся? А языком молоть не колёса мазать.
  9. スヴォイキルギス (スヴォイキルギス) 15 1月2022 16:23
    0
    シンジケート論者
    プーチン、エルドアン、シジンピンのどちらを引っ張ったのかは不明ですが、そのように見えます。 全速力で走っているロシアの馬は、突然手綱を引いて引き返した。

    Одёрнули не Путина, а Токаева, и не одёрнули ВС РФ, а вернули ОДКБ.
    Токаева же, одёрнул Эрдоган: но не как оскорблённый член Турана, а как боковой член НАТО.
  10. コメントは削除されました。
  11. A.Lex Офлайн A.Lex
    A.Lex 15 1月2022 23:09
    -1
    さらに、社会学者によると、ロシアとその同盟国のカザフスタンへの平和維持軍の導入は、ロシア連邦の人口の一部によって否定的または懐疑的に認識されています。

    Это какая часть населения? Часть населения с эха мацы, студенистой мерзости или кислотники? Ну да - это тоже часть...как является частью то, что нормальный здоровый организм из себя исторгает в итоге...правда называется эта часть так, как сказал Ульянов про интелей. Из этой "части" один уже дриsнyл в лондОн, или ещё на что-то надеется? Процент предателей страны, где родился и жил большую часть своей сознательной жизни хватает везде и всегда.
    Жаль нет значка 負 в конце статьи - это было бы честно, чем только один значок.