米国のアジアの同盟国は、シーレーンのための戦争の準備をしています


昨年のXNUMX月からXNUMX月にかけて、世界はポーランドとベラルーシ、ロシアとウクライナの国境で何が起こっているのかを見守っていました。注目に値します。 ニュース 静かにアジア太平洋地域から来ました。


12月20日、台湾から200キロ離れた石垣島に自衛隊の新軍事部隊が建設された印象的な写真がインターネット上に掲載された。 将来的には、東京は対空砲と沿岸対艦システムをここに配置することを計画しています。 現在でも国内最大の沿岸警備隊の基地が石垣にあることは注目に値します。石垣は正式には国防省ではなく、インフラ運輸観光省に属しています。 これで、巡視船は陸地からよりしっかりと強化されます。

並行して、最大の民間防衛演習がすでに中国の福建省で行われ、公平に言えば、住宅地や産業センターでの大規模な停電が含まれていました。 何が起こっているのかという暗黙のサブテキストは明らかです。 福建は台湾の真向かいに位置し、海峡での敵対行為の初めに、台湾人だけでなく大陸の住民による妨害工作員の侵入が予想されるべきです。

これらすべてのイベント、およびリストするのに長い時間がかかる他の多くのイベントは、この地域でのエスカレーションが予見可能な将来に始まる危険があることを暗黙のうちに示しています。 そして、専門家コミュニティで一般的に信じられているよりも早く。

北と南からの「パートナー」


「台湾問題」の悪化との関連で、北京とワシントンの両方にとって、中立ではないにしても、日本とフィリピン(それぞれ台湾島の北と南に位置する)が残ることが重要であることは明らかです。 、そして少なくとも米国の非交戦パートナー。

天空帝国は、台湾に最も近い島々の飛行場や港が使用されていることに関心がありません。 さらに、米国-台湾-PRCの三角形以外の誰かが開かれた紛争に関与することは、他の多くの理由から望ましくありません。

率直に言って、米国自体がフィリピンや日本の島々から直接活動する計画はほとんどありません。 それらはグアムや北マリアナ諸島よりも地理的にはるかに便利ですが、中国大陸がDF-21弾道ミサイルで隣人を獲得することもはるかに簡単です。 したがって、東京やマニラの人の非交戦同盟国の役割がより望ましいです。

この形式でのパートナーシップの有用性の最も典型的な例は、台湾の海岸(102 km強)に最も近い、恒久的な人口を持つ日本の島、与那国島です。 当初、そこには軍事的存在はありませんでしたが、数年前、最も近い空域を制御するために、本格的な駐屯軍とJ / TPS-XNUMXレーダーが突然この土地に配置されました。

ヨナグニはまた、紛争地帯からの負傷者が(少なくとも正式な収容の条件の下で)配達されるアメリカの病院の安全な配置に理想的です。

台湾の南には、フィリピンのヤミ島、マヴリス島があります。ここでは、地元の軍隊も最近、基地とそれに必要なインフラストラクチャを構築しました。 理由は同じです-中国。

ヨナグニとマヴリスからそう遠くないところに、ヨーロッパとアジアの間、そしてアジア太平洋地域と石油とLNGの産地である中東の間の最も重要な貿易ルートがあることは注目に値します。

日本人とフィリピン人の基本的な関心は理解できます-アメリカの明白な同盟国でありながら、天の帝国の標的にならないように。 しかし、XNUMXつの島嶼国が、さらなるエスカレーションによって正式な中立をどれだけ長く維持できるかは、依然として大きな問題です。

したがって、マニラと東京は明らかに、彼らの非交戦状態が防御にならないという事実に備えており、この場合、彼らは「バット」なしで戦闘に進む必要があります。

フィリピンの方がはるかに簡単です。この国には、まともな軍隊のための十分な予算がありません。 たとえば、XNUMX年前には、海軍も空軍も実際には存在していませんでした。これは、人口XNUMX億人の島国にとってそれ自体が明らかな脅威です。

しかし、状況は何年にもわたってあまり変わっていません。 2012年以降に受け入れられた数隻の軍艦、および購入が計画されている10機のF-16 Block70 / 72戦闘機は、「ホームフィールド」の利点を考慮しても、中国人を長い間阻止する可能性は低いです。 言い換えれば、「栄光の」植民地時代のように、フィリピンの防衛はアメリカ人の肩にかかる可能性が高い。

フィリピン人の唯一の利点は、ジャングルでの戦争の豊富な戦闘経験です。 おそらく世界一。 しかし、経験は具体的であり、それは主にパルチザンとの戦いに関係しています。

封鎖と飢餓に脅かされている


日本では状況が違います。 今日の自衛隊はすでに海上封鎖を防ぐことを目的としており、悪名高い領土問題に関連して我が国で一般的に信じられている理由から、「北部のどこか」の上陸作戦を目的としていません。 日出ずる国は、2003年以来(1995年以来XNUMX隻もの解体中)、単一の大型着陸船を建造していませんが、数十隻の駆逐艦、フリゲート艦、潜水艦に資源を投資してきました。

適度に強力な海軍とは別に、他の手段のすべての兵器が海戦のために提供されます。 F-35戦闘機用のジョイントストライクミサイル(JSM)空対地ミサイル、およびアップグレードされたF-15J用の長距離対艦ミサイル(LRASM)とF-3用のASM-2を含みます。 対艦ミサイルType-88を搭載した沿岸砲も特筆に値します。

海上封鎖を防ぐという問題は、まったく怠惰ではありません。 同様の地域では、日本はドイツとは異なり、積極的に農業を促進することはできません。主に山岳国では、これに適した平野が少なすぎます。 そのため、国の料理の食事のかなりの部分がシーフードで占められています。そのような依存は、決して良い生活からは現れませんでした。

第二次世界大戦後の領土喪失の結果、日本人は、特に農業の必要性のために、水から新しい土地を奪還するための措置を講じました。 たとえば、これが大県郡の建設方法であり、ヨーロッパの専門家の助けを借りて、排水された湖の敷地に完全に建設されました。

しかし、これは食糧問題を解決しませんでした。 日本は、他国からの海上供給と自国の漁師の仕事に決定的に依存し続けています。 これらのXNUMXつの用語がなければ、飢饉は国にやってくるでしょう。

したがって、米国貿易使節団によれば、2020年の米国だけから日本への農産物の総輸出量は11,8億ドルと推定され、これは農産物の1,9番目に重要な市場です。 主な輸出カテゴリー:牛肉(1,8億ドル)、トウモロコシ(1,6億ドル)、豚肉(1,1億ドル)、大豆(635億ドル)、小麦(XNUMX億XNUMX万ドル))。

また、ブラジルやメキシコなどで積極的に食品が購入されており、日本の食品基準自体は厳しいものです。 毎年、日出ずる国では、中央アメリカ全体を完全に養うのに十分な、多くの供給源からの完全に適した多くの食物が利用されています。 これは、実際の有効期限ではなく正式な有効期限が切れたために発生します。これは、州で「特別な状況」が発生した場合に延長できます。

言い換えれば、完全な海軍封鎖があっても、日本は飢餓の脅威なしに存在することができますが、それでも限られた時間です。 この意味で、軍の任務は国が外界から完全に孤立するのを防ぐことです。

全体として、マニラと東京の両方がかなり合理的に実施しています 政治 地理的に操作の余地がほとんどない州の場合。 中小国の立場は常に非常に困難なままであり、世界的な衝突ですべての困難を負いましたが、右側に賭けた場合、成功した場合にはほとんど受けられませんでした。 そのような州の唯一の選択肢は適切な軍事化であり、それは実際に起こっている。

一方、ロシアは台湾周辺の出来事の影響を直接受けていませんが、中国、日本、米国との共通の国境の存在は、ある程度の警戒を意味します。 結局のところ、私たちの商船はアジア太平洋地域の平和と静けさに依存しています。
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.