英国で始まった燃料危機は何と言っていますか?


今日英国で起こっていることは、1973年の燃料危機を彷彿とさせます。 車の列はガソリンスタンドに駐車されていますが、燃料はどこにも見つかりません。


言うまでもなく、英国のガソリンとディーゼル燃料は終わっていません。 彼らをガソリンスタンドに連れて行く人は誰もいない。

この「異常な」効果にはXNUMXつの理由があります。 最初の主要なものはBrexitで、英国をXNUMXつから外しました。 経済の EUゾーン。 XNUMXつ目はパンデミックであり、国が燃料タンカーの運転手を時間内に訓練することができませんでした。

その結果、現時点では就労ビザの割り当てはわずか5人であり、90万人の燃料トラック運転手が不足しています。

しかし、すべての見た目で、フォギーアルビオンの前にさらに深刻な問題が迫っています。 すでに軍が投獄されている燃料トラックの運転手が不足していることに加えて、国内では一般的にトラックの運転手が不足している。 同時に、クリスマスは前にあります-大きな売り上げと大きな需要の時です。

しかし、それだけではありません。 英国のEUからの離脱は、料理人、建設業者、フレアなしで国を去りました。

全体として、英国の危機は、「移動する」労働の流れによって世界経済がいかに幻想的であるかを示す輝かしい例です。 英国が「運転」した状況からどのように抜け出すかは不明です。 しかし、今日の英国が「XNUMX年代」の独自のバージョンを経験しているという事実はすでに明らかです。

広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
3 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. ブラノフ Офлайн ブラノフ
    ブラノフ (ウラジミール) 8 10月2021 11:13
    0
    君主制が古くなっているようです。 将来のイギリスは、ドイツ連邦共和国のように、別々の土地からの連邦共和国を待っています。 中央集権化されていない個々の共和国は、自分たちの土地で物事をより早く整理することができます。
  2. コメントは削除されました。
  3. ピーターセルゲイフ (ピーターセルゲイフ) 9 10月2021 06:09
    0
    実践が示すように、君主制は共和国と比較してすべての生き物よりも生きています。 君主国では、すべてがそのようなものです..それは整然としたものか何か..それが悪かったら、億万長者はそこにすべての子供たちを送ります..そして生活水準の点で、ロンドンは今日世界で最初の都市です、パリとニューヨークを追い抜く(ちなみに第XNUMXモスクワ)
  4. アレクサンダークレブツォフ (alexander klevtsov) 9 10月2021 16:31
    0
    その理由は、アングリソスが古くから他人を犠牲にして生活することに慣れていたという事実にあります、彼らはそこで奪い、彼らはここで利益を得るでしょう、そして今国はその燃料資源を閉鎖し、ヨーロッパの他の地域を犠牲にしてそれ自身の喜びと動くものすべてからお金を吸い込み、今ではKARAが追い抜いたが、彼らは非常に危険な宣伝屋だと思う。ヨーロッパの他の地域よりも、理由だけが明確ではありません...