ロシアは「ブラン」の返還を拒否した


再利用可能な宇宙船ブランの開発者であるNPOモルニヤは、XNUMX番目の飛行モデルのロシアへの返還を求めません。 これは、研究および生産企業のプレスサービスによって報告されました。


専門家は、これはお勧めできないという結論に達しました。

私たちの企業の従業員は、ブラン宇宙船が配置されている構造の技術的状態、そのモックアップ、およびEnergia-Mロケットのモックアップを評価するためにのみ、バイコヌール宇宙基地を訪れました。

- 声明で述べた。

NPOは、バイコヌール宇宙基地にあるXNUMX番目の飛行プロトタイプとEnergia-Mロケットのプロトタイプは、ロシア企業の所有物ではないと述べました。

NPOモルニヤはそれらを輸送する計画はありません。

-NGOの代表は質問に終止符を打った。

ロスコスモスドミトリー・ロゴージンの元首長 сообщил XNUMX番目の飛行モデル「ブラン」の嘆かわしい状態について、そしてこれに対するすべての責任をカザフの所有者に負わせました。
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
10 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. dub0vitsky Офлайн dub0vitsky
    dub0vitsky (ビクター) 9 9月2021 19:26
    +5
    ここで、この羊飼いにブランの建物にパオを建てさせましょう。
  2. ズロイボンド Офлайн ズロイボンド
    ズロイボンド (ステッペンウルフ) 9 9月2021 21:03
    0
    より多くのお金ロシアは行くところがありません、博物館で神聖なブリキ缶を保つ方法??? Roskosmosは、トーテムではなく、直接タスクを使用した方がよいでしょう。
  3. グリーンチェルマン (グリゴリータラセンコ) 9 9月2021 21:03
    +3
    すべてがどれほど速く変化するか。 XNUMX日前、「Lightning」はまったく異なる計画を持っていました。
    https://topcor.ru/21485-legendarnyj-buran-budet-vozvraschen-v-rossiju.html
    私たちの国では、ウクライナと同じように、最初に「ペレモガ」が発表され、次に「ズラダ」が発表されます。
    1. ピラミドン Офлайн ピラミドン
      ピラミドン (ステパン) 10 9月2021 11:02
      +1
      引用:greenchelman
      すべてがどれほど速く変化するか。 XNUMX日前、「Lightning」はまったく異なる計画を持っていました。

      おそらく、すべてがこの記事に書かれているとおりであり、他のすべてはジャーナリストによって考えられていました。実際、彼が引用したNGOの声明でも、輸送については何も言われていませんでした。 6.09の記事からの引用:

      NGOモルニヤの代表がバイコヌール宇宙基地を訪れました。 この旅行の目的は、ブラン軌道船とその技術レイアウト、および製品が保管されている格納庫(サイト112Aの組み立ておよび給油施設)を検査することでした。

      その後、分解と輸送のトピックに関するギャグとファンタジーがありました
  4. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 9 9月2021 23:27
    -2
    はい、6日のニュースでは、すべてが正反対と言われていました。
    たぶん彼らはそれを侵入者に持って行きたかっただけなのだろう。
  5. しのび Офлайн しのび
    しのび (ゆり) 10 9月2021 05:20
    0
    彼らは価格について合意していなかったので、当初からそれが不要であることは明らかでした。ロシアのすべての技術、文書など。
  6. ブラノフ Офлайн ブラノフ
    ブラノフ (ウラジミール) 10 9月2021 08:56
    -1
    さて、すべてがウクライナのガス管と同じです。 最初に、カザフ人は「まったく」という言葉から彼らに属していない何かの価格を破りました。 そして今、不当な保管のためにデバイスが使用できなくなったとき、彼らはカブを引っ掻きます。 もう少し時間があれば、彼らはそれを金属くずのように売ることに同意するでしょう。 特に誰もそれをも​​う必要としないからです。 新しい技術が登場し、このデバイスは「オーロラ」のようなシンボルにしかなれません。
  7. Dukhskrepny Офлайн Dukhskrepny
    Dukhskrepny (バシャ) 10 9月2021 16:52
    0
    ロゴジンが30年後に実現した理由
  8. モーガン Офлайн モーガン
    モーガン (ミロン) 10 9月2021 20:06
    -1
    ロシアは「ブラン」の返還を拒否した

    -興味深い配置。 私たちが知る限り、カザフ人は単にそれを手放しませんでした。
  9. アンチャンシャ Офлайн アンチャンシャ
    アンチャンシャ (アンチョンシャ) 10 9月2021 20:36
    0
    さて、「ブラン」のオーナーはある種の民間起業家だったので、そこに戻るものは何もありません。 すべてが荒廃した