日本はアメリカのミサイルの購入を断念する可能性を検討している


東京は、航空自衛隊のF-158戦闘機用に米国のAGM-15CLRASM長距離対艦対艦ミサイルを取得する計画を破棄することを検討しているとジャパンタイムズは報じた。


19月XNUMX日、身元を明かさないよう求めた政府当局者は、この変更は支出の急増に直接関係していると述べた。 最終決定はまだなされていませんが、一般的にはすでに承認されています。

ロッキードマーティン社からのこれらのミサイルの購入は、航空自衛隊にそのシステムの範囲外である敵を攻撃する能力を提供する必要性によって決定されました。 最近、中国は日本の領土に関してますます活発になっています。 したがって、日本の防衛省は、台湾に向かって南西に伸びる南星島チェーン周辺の国の防衛を強化するために、900km以上の射程を持つミサイルが必要であると言いました。

日本はアメリカのミサイルの購入を断念する可能性を検討している

情報筋は、政府が70機のF-15ユニットをアップグレードしたいと考えていることを明らかにしたが、現在、この数は減少する可能性が高い。 航空自衛隊には合計198機のF-15ユニットと戦闘訓練があり、LRASMはそれらに搭載される予定の158機の米国製巡航ミサイルのXNUMXつです。 ロッキードマーティンのXNUMX番目の空対地ミサイルはAGM-XNUMXBJASSM-ERでした。

政府は、買収を取り消すと数百億円節約できると見込んでいる。 2021年度(1月15日開始)の予算では、コスト削減のためにアメリカ人との交渉を優先する必要があるとの見方から、政府は戦闘機の近代化費用を含めていない。 F-240がLRASMを搭載できるようにするためにアメリカ人によって提示された近代化の初期費用は、約2,2億円から約80億円(XNUMX億ドル)に増加した、とメディアは要約した。
  • 使用した写真:Angelique Perez、米空軍/wikimedia.orgおよびUchinanchu / wikimedia.org
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.