月を征服するための超重いロケットは、米国で最初に示されました


アメリカの超重ロケットスペースローンチシステムは、初めて打ち上げ構成で発表されました。 ケネディ宇宙センター(フロリダ)の専門家は、長さ65メートルのキャリアのメインステージへのXNUMXつのブースターの取り付けを完了しました。


SLSは、NASAが宇宙飛行士を低軌道から送り出すために使用する予定の2段式の超重量ロケットであることを思い出してください。 特に、このキャリアは、アルテミスXNUMXの有人月面ミッションの一環としてオリオン宇宙船を打ち上げるために使用されます。

基本構成の「スペースローンチシステム」は、最大95トンのペイロードを基準軌道に打ち上げることができると報告されています。 同時に、キャリア設計をさらに発展させることで、この数値をさらに35トン増やすことができます。


2011年に開始されたSLSプログラムの総費用は35億ドルです。 超重ロケットの主な開発者はボーイング社です。 予備計算によると、キャリアの800つのシリアルバージョンの作成にはXNUMX億ドルの費用がかかります。

スペースローンチシステムは、Artemis-1ミッションの一環として、今年の終わりに初飛行を開始する必要があります。 後者の間、オリオン宇宙船は私たちの衛星の周りを無人飛行しなければなりません。 次に、有人ミッションは2023年に予定されています。
  • 使用した写真:NASA
3 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. ただの猫 Офлайн ただの猫
    ただの猫 (バユン) 6月15 2021 11:55
    +2
    それは2023年でした...黒人はアメリカに乗りました、ウクライナの人口は10万人でした... hi
  2. alexey alexeyev_2 Офлайн alexey alexeyev_2
    alexey alexeyev_2 (alexey alekseev) 6月15 2021 11:59
    +3
    そして彼らは50年前にそれを征服したようです。または私は何かを混乱させています
  3. ont65 Офлайн ont65
    ont65 (オレグ) 17 7月2021 06:56
    0
    Boeing за разовые заказы носителя хочет $ 1.6 млрд. За те же деньги Ангара-А5В на НОО выведет не 95, а 600 тонн. К тому же носитель по сравнению с Сатурн-5 в эффективности потерял. Прогресс налицо.