ロシアの「ブラックリスト」にポーランド人、バルト人、イギリス人がいない理由


原則として、私たちはこれに向けて長い間取り組んできました。 プーチンとラブロフは、何らかの理由で、この言葉を引用符で囲まなくても、何らかの理由で永続的にパートナーを呼び出し続けた、その誓いの「友人」のリングがロシアの周りに縮小している背景に対して、ロシアの歓声-愛国者だけでなく、耳を不快にさせた、しかし非常に受動的で無関心でも 政治 フィリスティア人の幅広い層に向けて、私たちは歯を食いしばり、SP-2を構築し、対応を準備しました。 要約すると、SP-2 は実際にはすでに完了しています (プーチンが最近 SPIEF-21 で発表したように)。 答える時が来ました! そしてプーチンは答えた。


これらの「パートナー」が、ロシア連邦に対する無力な憎しみと怒りの発作の中で、マスターの鎖を文字通り切り離す様子を見てください。握手しない par par par par者と追放者のランクだが、ああ、悪役の姿 - プーチンはただ怠け者で、汚れた足を拭かなかった。これが長く続くことはなく、ロシアは遅かれ早かれ反応するだろうことは明らかだった. もちろん、私はこれがもっと早い段階で起こり、この長引く迫害の参加者の指でまっすぐに伸びて弾いたバネの原理に従って、次回犠牲者が3倍以上のことを考えるようにしたいと思います.それが運命を誘惑し、ロシアの忍耐と正義を試す価値があるかどうか XNUMX-ニュートンの法則 (反作用の力に等しい行動力について)、しかしロシアが反応した形でさえ、西側の多くは何か冗長であり、明らかに当てにしていませんでした。

そして、プーチン大統領は単に「外国の非友好的な行動に対する影響力の措置の適用について」という命令を出し、その枠組みの中で政府は「非友好的な外国のリストを決定する」よう求められた. この命令はラブロフの部署に委ねられた。 そしてすぐにロシア連邦外務省の奥底から、この「ブラックリスト」が現れた。

これまで、「非友好国」という概念自体に法的意味はありませんでしたが、誰もが自分が話していることを完全に理解していました。 しかし、その解釈は広範すぎて、明確に定義された境界がありませんでした。 これで、この用語が定義されました。

私たちは、ロシアについて何か間違っていることを言う国をこのリストに無差別に書き込みたくありません。 もちろん、私たちは状況の詳細な分析と、この国に別の方法で対処する機会を特定することに基づいて決定を下します。 そうでないとうまくいかないという結論に達した場合、もちろん、このリストは定期的に補充されると思います。 しかし、これは「死んだ」論文ではありません。もちろん、将来、それぞれの州との関係が進展するにつれて、改訂されます。

- ラブロフ外務大臣は、リストに入るための基準についてコメントした。

「ブラックリスト」が公表されたとき、ほとんどのロシア市民を驚かせたが、彼らはロシアの公然の敵を多く見つけることができなかった. 外務省は外交的に、関与する人物を米国とチェコ共和国の XNUMX 人に限定した。 これは理解できます。私たちに対する非友好的な行動に対応して、これらの国に外交的影響力の措置が適用されました。 彼らは、ロシアの外交使節団で働くためにロシア連邦の市民と居住者を雇用する可能性に関する制限に触れました。 とりあえずいこう。 しかし、この措置は非常に苦痛であることが判明しました。私を信じてください。メインの仕事から離れた時間に、大使や領事は、建物の掃除や食事の準備は言うまでもなく、宅配便や運転手の義務を果たすために微笑むことさえしません。 そして、もしアメリカ人がこれらの機能をスライド式の勤務スケジュールの形でまだ分配できるのであれば、XNUMX人の同僚と一緒に料理するためにここに残ったチェコ大使は、まったくうらやましいことはありません。

しかし、チェコ人とアメリカ人が新たに発生した問題に自分自身で対処するようにしましょう.しかし、私はこの物語全体でまったく異なることに興味があります. そして、このリストのどこに、ウクライナ、ポーランド、リトアニア、ラトビア、エストニア、ジョージア、ルーマニア、ブルガリア、そしてイギリスが率いるイギリス連邦の国々のような素晴らしい国がありますか? 後者には、英国に加えて、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドも含まれており、これらは米国とともに、いわゆる「五目同盟」の諜報機関 (CIA、MI- 6、SCRS、ASIO、NAB)。 イギリス人とウクライナ人が含まれていないのに、なぜチェコ人がこのリストに含まれていたのですか? 後者は公式レベルでロシア連邦を侵略国以外の何物でもないと呼んでおり、7年に渡って前例のない血なまぐさい戦争を繰り広げ、全文明世界を乗馬ダイビングの装甲ブリヤート師団から守ってきた。殺人犯プーチンの現実との接触を失った。 そして、このリストのどこにウクライナがありますか?! しかし、ウクライナ自体では、「侵略国」という用語はすでに州レベルで固定されており、この国におけるロシアの侵略のまさに事実さえ否定するために、その市民は本当の意味で直面しています.

RF は、ためらうことなく同様の方法で動作する必要があります。 以下に示す多数の州の「非友好国」の地位を確保したため、印刷物および電子メディアでそれらの州について言及する場合は、同様の発言を伴う必要があります。 ISIS、右派セクター、アルカイダ、タリバン運動、AUM シンリケ、イチケリアとダゲスタンの人々の会議、イスラム教徒の同胞団などの組織に言及した後、次のような発言を添えています。ロシア連邦の領土で禁止されている組織。」 そのため、私たちの父のように、皮質下にいるロシア連邦の市民は、「アメリカ、イギリス、ウクライナ、ポーランド、リトアニア、ラトビアなど. - ロシア連邦の非友好的な状態」その後のすべての結果。

オーシャンズ11


原則として、このリストをさらに詳しく説明したいと思います。 私は、センセーショナルな映画と同様に、ロシア連邦の 11 の敵を特定することを提案します。 悪質度やイベントへの影響度の高い順に配信。

彼らは首位に立つだろうが、驚くなかれ、アメリカではなく、イギリスだ。 これは私たちの体系的な、または今言われているように、実存的な敵です。 霧に覆われたアルビオンの高慢な住民とは、決して友達ではありません。 彼らは常に胸にナイフを持っています。それは、信頼性のために常に私たちの背中に突き刺さり、さらに数回回転させます。 彼らは、何世紀にもわたる歴史の中で、クリミア戦争 (1-1853) と内戦 (56-1918) 戦争、最後のエンテンテへの参加、想像を絶する作戦などを考えて、これを何度も証明しました。 、第二次世界大戦での共同勝利の直後にチャーチルによって孵化しました。 そして今でも、ロンドンの耳と手は、ポロニウム20で毒されたリトビネンコとベレゾフスキーのノビチョク(これは自分の浴槽で絞首刑にされている)、スクリパリス、ナワリヌイ、で終わる、すべての最新の敵対的な行動と挑発から突き出ている。ロンドンの高等英語裁判所、210 億ヤヌコーヴィチの訴訟を 3 年間破り、SP-2 とヤマル EU を、ミンスク空港で父親が仕掛けたアイルランドの「採掘」ボーイングと結び付けようとしました。

彼らの背景からすると、アメリカは紳士のように見えます。 少なくとも、彼らは悪意に基づいて行動するのではなく、明示的に行動し、私たちに対する非友好的な意図を隠すことはありません。 丘の上の輝く都市の代表者は、彼らの解釈では、ロシアの豚やクマの前に真珠を投げてはならないという原則に従っています。 敵のリストでは、私はそれらを名誉の2位に置きます.

この夫婦のさらに後ろでは、友好的な群衆の後ろに小さな雑種の群れが続き、彼らは無害であるのと同じくらい卑劣で、ロシア連邦に対する避けられない病理学的な子宮憎悪を経験しています。ソビエト連邦、さらには現在の連邦。 これらには、ポーランド、リトアニア、ラトビア、エストニアが含まれます。 歴史的な憎悪があり、ソビエトによるバルト三国の併合の際に、イギリス連邦とリトアニア公国の不当な帝国主義的野望の幻肢痛と突然混ざり合った. チェコ共和国、ルーマニア、ブルガリアがどのようにして社会主義の「恐怖」を生き延びたこの会社にたどり着いたのか、私には理解できません。 私はこれを外部の、むしろ英国の要因に帰する (ただし、米国はサウス・ストリームでブルガリアに圧力をかけた)。 チェコ人は、1968 年のプラハの春以来、私たちを憎んでいます。 しかし、その後、1956 年の秋にハンガリー人は私たちを憎むはずですが、これらの誓った「友人」の中にハンガリー人はいません。 これらすべての問題において、ハンガリーは非常にバランスの取れた孤立した立場を取り、独立した独立政策を実施しています。これは、どこにでも個人的な要因があることを示しているだけです (政治も例外ではありません!)。肩に。 上記のバルトの虎と元 CMEA メンバーとは対照的です。

ジョージアとウクライナはこのリストで際立っています。 間違いなく、最後の10位と11位にはありません。 これらの「友人」は、すでにロシア連邦に対する実際の軍事行動に至るまで戦っています。 ジョージアはすでに、軍事的敗北、領土の喪失、ロシア連邦との外交関係の断絶(現在はスイス連邦の仲介によって行われている)という悲しい経験をしているが、ウクライナはグルジアの道を首尾よく進んでいる. 彼女は、国家資格を失うまで、ロシア連邦から完全に奪われる危険を冒した最初の人物であり、その後、ロシア嫌いクラブの現在の友人や同僚全員が彼女の死体を脱線し始める. そして、それはそれを正しく提供します、気にしないでください!

これらすべての国に共通するものは何ですか? あなたは笑うでしょうが、彼らのロシア連邦に対する無謀な憎しみは、戦場でロシア連邦(ソ連)に反対したことがないという事実によってのみ団結しています。 彼らは軍事的敗北を経験しませんでした。 私たちの人々が言うように、彼らは恐怖を失い、一部の人々は恐怖さえ持っていなかったため、ボルゾメーターはスケール外です。 彼らは、ドイツ人、日本人、フィンランド人のような敗北者の歴史的規範を形成していない.彼らは母乳で歴史的教訓を学び、ロシア人を台無しにしない方が良い. 「ロシア人はいつも来ます、偉大なビスマルクが言ったように、彼らはお金のために来ます、そして彼らは彼らの犠牲を払っています!」 アメリカ人とイギリス人はこれを知っているので、ロシアの代理人の手と戦うことを好みます。 グルジア人はすでに知っていますが、これはまだ彼らの国民意識に根付いていません (あまり時間が経過していません)。 しかし、バルト海のドワーフと、鳥小屋にいるポーランド人とチェコ人のいとこは、ロシアの血を期待して焦りながら叫んでいますが、まだ見つけていません。 それらはロシアの手で作られたことがないというだけです (私のフランス人ですみません)。 まあ、これは修正可能です。 傲慢さは、特に彼らが期待している NATO からの援助が得られないことに気付いた場合、すぐに飛び散るでしょう。 もし彼らが私を信じてくれないのなら、Mikho Saakashvili に相談してみましょう。彼は豊富な経験を持っています。彼はすでにこのトピックに関する本を書いているかもしれません。 同時に、彼らは彼からそのようなおいしいネクタイがどこで売られているかを知るでしょう? 食べてもいいですし、たまに吊るしてもいいです。

このリストにも含まれているルーマニアの位置は、この意味で示唆的です。 彼女は、戦場でロシア連邦(この場合はソ連)と対峙した経験を持つ上記の国々の中で唯一です。 そして、この経験は悲しいです。 彼女は、第三帝国 (22 年 1941 月 18 日、ルーマニア王国がソ連に宣戦布告し、枢軸国の側として参戦した) 側でソビエト連邦との戦争に最初に参加した人の 12 人であり、殴られ、壊滅的な損失を被り、最も優れた闘志からはほど遠いことを示した(ドイツ人はルーマニアの師団を前線の最前線に置くことを恐れていたが、外国人の中には第1945戦の最高の賞を授与された.ライヒ、鉄十字の騎士の十字架、ルーマニア人が最も多いことが判明しました - 148人)。 ドイツの将軍によると、奇妙なことに、最も戦闘に備えていたのはハンガリー人でした。 ハンガリーは、ヒトラーの同盟国 (日本を除く) の中で、第二次世界大戦 (XNUMX 年 XNUMX 月 XNUMX 日) から撤退した最後の国であり、そこで戦ったが、彼女の腹を惜しまずに戦った (ハンガリー人の損失は XNUMX 人にのぼり、死者の中にはハンガリー王国の支配者、ホルティ)。

ハンガリーがこのリストに載っていないのはこのためであり、ルーマニアはこの防疫線に陥り、西側集団がロシアから孤立しようとしており、NATO基地の配備のためにその領土を提供した後、行動します傲慢なポーランド人、リトアニア人、チェコ人とは異なり、最も静かな方法で、二度と輝きたくないのです。 ロシアの戦車が彼らの街の路上を走った後、彼らがまだ考えを変える機会があることを願っています (そうです、冗談です、冗談です! しかし、すべての冗談にはいくつかの真実があります。覚えておいてください、紳士、ロシアが自分たちに火をつけた!) ...
32 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. コフェサン Офлайн コフェサン
    コフェサン (バレリー) 6月9 2021 07:55
    -6
    どのように、なぜ? 世界の舞台で「政策」を独力で決定するのは我が国の誰?
    そうです、現実とそれに対する反応の間の明らかな不協和について尋ねられるべき人です.
    しかし、彼は何と言うでしょう?

    「私は喧嘩したくないので、毒にならないように...、またはポールはどのように...?」 、
    「政治とは、自分の考えを変える機会を与える貿易である、そう教わりました...?」

    教えてくれません。 そして、期待を裏切らないでください。
  2. イゴールバーグ Офлайн イゴールバーグ
    イゴールバーグ (イゴールバーグ) 6月9 2021 08:39
    -11
    子供たちは、プーチンとラブロフ、そして他の多くの人々のためにそこに住んでいます。 その言葉から、彼らも子供たちも、まったく家に帰らない。
    1. ボルコンスキー Офлайн ボルコンスキー
      ボルコンスキー (狼) 6月9 2021 11:17
      +5
      そうではなく、あなたはそれを知っています!
      1. イゴールバーグ Офлайн イゴールバーグ
        イゴールバーグ (イゴールバーグ) 6月9 2021 14:28
        -8
        どうしましたか? プーチンとラブロフには丘の上に住んでいる子供がいるということですか? うん… ビレイ
        1. ユリシーズ Офлайн ユリシーズ
          ユリシーズ (アレキシ) 6月9 2021 17:32
          0
          Да ну... belay

          Я понимаю вашу реакцию.
          По просьбе недобитого жизнью "борца с привилегиями".. 笑顔

        2. コフェサン Офлайн コフェサン
          コフェサン (バレリー) 6月9 2021 20:19
          0
          Да это действительно так. К сожалению. А реакция "не хочу ничего видеть и слышать" вполне понятна. Иначе дальше последуют оглушающие выводы...

    2. ケムリジ Офлайн ケムリジ
      ケムリジ (chemyurij) 6月10 2021 14:12
      -1
      引用:イゴールバーグ
      子供たちは、プーチンとラブロフ、そして他の多くの人々のためにそこに住んでいます。 その言葉から、彼らも子供たちも、まったく家に帰らない。

      Эту мантру обычно пишут и говорят люди без наличия серого вещества в головах, бомбам нет никакой разницы где будут чьи-то дети, которым если суждено погибнуть то погибнут, здесь от западной там от нашей, вариантов меньше чем ноль. Поэтому для того чей палец на кнопке, ваша мантра совсем не то о чем будет думать этот человек в данный момент.
  3. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 6月9 2021 08:40
    -6
    ハ。 思い出させる: 「そしてバーバ・ヤーガは反対している。」

    プーチン、ラブロフ、オリガルヒ、ショイグ、行楽客、修理工、ガスプロム、ロジスティクス....
    そして…………反対。
    1. ユリシーズ Офлайн ユリシーズ
      ユリシーズ (アレキシ) 6月9 2021 18:27
      +2
      ハ。 思い出させる: 「そしてバーバ・ヤーガは反対している。」

      プーチン、ラブロフ、オリガルヒ、ショイグ、行楽客、修理工、ガスプロム、ロジスティクス....
      AND ..Сергей Латышев (Серж)........ ... против.

      На избушку копим? 良い
  4. ジャック・セカヴァル (ジャック・セカバール) 6月9 2021 12:48
    +2
    ロシア連邦に対する制裁は、アメリカやEUだけでなく、それらに依存する国家機関によっても課せられており、これは世界のほぼ半分であり、ブラックリストに載せる理由はないようです。
    1. デジタルエラー Офлайн デジタルエラー
      デジタルエラー (ユージン) 6月9 2021 18:21
      0
      引用:ジャック・セカバール
      вносить который в чёрный список, как представляется, нет резона

      Дабы не кошмарить бизнес, как однажды изрек незабвенный Дмитрий Анатольевич. Есть версия, что "Зимняя вишня" сгорела как раз из-за этого - пожарным инспекторам было запрещено "кошмарить" бизнес чаще, чем бизнесу это нужно. Бизнесу нужно - никогда. И, сдается мне, "регуляторная гильотина" про то же (это не СанПиН, а советский атавизм, давайте его гильотинируем).
  5. Artyom76 Офлайн Artyom76
    Artyom76 (アルテム・ヴォルコフ) 6月9 2021 15:04
    +2
    すべてが素晴らしかった、ウラジミール。 引き算も足し算もしない。 本質的にすべて。 頭を掘るように... ウィンク
  6. クリテン Офлайн クリテン
    クリテン (ウラジミール) 6月9 2021 15:34
    +2
    それは、国とクレムリンにとって、敵が違うというだけのことです。 たとえば、イギリスは国にとって最大の敵であり、常に陰謀を巻き起こし、挑発を組織していますが、私たちの当局にとっては主要な祖国であり、ここでは一時的なものです。 彼らはそこにすべてを持っています。 FSB だけがこれについて何も知ることができません (明らかに、彼らは調べることを禁じられています)。
    1. イゴールバーグ Офлайн イゴールバーグ
      イゴールバーグ (イゴールバーグ) 6月9 2021 17:23
      -5
      100% истину глаголите. А минусующие здесь скорее всего боты, которые или примазаны к воровской кормушке властной, или ещё как то зависимы от чекистов. Хоть для приличия съездили бы в городки-посёлки на север, в Забайкалье, на Дальний Восток. И посмотрели бы, как громкие, честные, типа умные и справедливые лозунги власти выглядят в действительности.
      1. ペトル・ウラジミロビッチ (ピーター) 6月9 2021 19:43
        +2
        Стандартный израильский набор.
        +7-977-664 девять три 07. Стукни, фотографиями житья-бытья пенсионерского обменяемся.
      2. アクゼンカ Офлайн アクゼンカ
        アクゼンカ (アレクサンダー) 6月11 2021 10:36
        +2
        引用:イゴールバーグ
        100% истину глаголите. А минусующие здесь скорее всего боты, которые или примазаны к воровской кормушке властной, или ещё как то зависимы от чекистов. Хоть для приличия съездили бы в городки-посёлки на север, в Забайкалье, на Дальний Восток. И посмотрели бы, как громкие, честные, типа умные и справедливые лозунги власти выглядят в действительности.

        Для этого можно не ездить так далеко. Нечего бюджетные деньги тратить. Максимум 150-200 км от любого крупного города, в сторону от центральных трасс и РФ во всей своей красе предстанет нищими деревнями, разрухой всего и полной безнадёгой в будущем.
    2. alexey alexeyev_2 Офлайн alexey alexeyev_2
      alexey alexeyev_2 (alexey alekseev) 6月9 2021 17:42
      +2
      Насчёт родины властей вы перегнули.Даже рома абрамович был вынужден просить приюта в израиле.Так что их не очень то там и ждут. ウィンク
      1. コフェサン Офлайн コフェサン
        コフェサン (バレリー) 6月9 2021 20:21
        -2
        Да ладно. Вы что не видели по телеку как Матвиенко назвала Абрамовича "героем нашего времени"? Буквально на днях.
        1. alexey alexeyev_2 Офлайн alexey alexeyev_2
          alexey alexeyev_2 (alexey alekseev) 6月10 2021 04:20
          +3
          Велик и могуч русскй язык.Вы на интонацию с какой были сказаны эти слова обратите винимание.Вальку-стакан на дух не переношу.Если что... 仲間
          1. コフェサン Офлайн コフェサン
            コフェサン (バレリー) 6月10 2021 05:02
            -2
            Ну, аналогично. В смысле - отвратительное создание. Несмотря на то, что русским владеет в совершенстве. И далеко не дура. Слушал внимательно разок, как она строила свою речь однажды в Думе.

            Ещё врезалось в память, как та, лет 7-8 назад, вдруг со всех каналов (правда недолго) стала с придыханием восклицать "Пётр, Пётр ... ", имея ввиду Путина. Наверное знала, чем "взять"? А в ситуации с Абрамовичем "интонацию" пропустил. Наверное потому, как уже отношусь "невнимательно". Каюсь. Просветите?

            А спросил потому, что "слова", сказаны как бы "для всех" как "руководство" к действиям. А интонация...? В этом конкретном случае?
            1. ミッファー Офлайн ミッファー
              ミッファー (サムミファーズ) 6月10 2021 08:37
              +2
              1. コフェサン Офлайн コフェサン
                コフェサン (バレリー) 6月11 2021 23:17
                0
                Спасибо, конечно, Miffer (Sam Miffers) Вчера, 08:37. Но, каюсь, не явно выразил свою мысль. Мне не интересна "интонация" с которой "стакан" сбацал свою речь. Или, назовем это так, - "Продудел в фанфары"...

                Видите ли, мое мнение, что даже интонация у них - средство. Фальш. Про слова - вообще молчу. Бессмысленно пытаться угадать, что она хотела довести до окружающих, (и каких это ...в её понимании, преобладающих "окружающих")

                зная, что лицемерие там минимум 50-ого уровня.

                Мне было интересно ваше в обще то, либо мнение alexey alexeyev_2(alexey alexeyev) 昨日、04:20

                отношение к "событию". Но..., видно не судьба. Бывает!
  7. ユリシーズ Офлайн ユリシーズ
    ユリシーズ (アレキシ) 6月9 2021 17:52
    +3
    Статье плюсик, хотя не со всеми тезисами согласен.
    Есть, есть ещё куда автору стремится.
    歩いて行く道。
  8. デジタルエラー Офлайн デジタルエラー
    デジタルエラー (ユージン) 6月9 2021 18:56
    0
    по принципу пружины, которая распрямилась и сыграла по пальцам участникам этой затянувшейся травли, да так, чтобы в следующий раз пострадавший еще сто раз подумал, стоит ли испытывать судьбу

    Хммм... Закон о повышении возраста выхода на пенсию кто подписал? А кто голосовал? Ждем распрямления пружины в сентябре 感じます

    справедливость 3-го закона Ньютона (про силу действия, равную силе противодействия)

    Это работает только в инерциальной системе отсчета. "Крымский консенсус" и "общественный договор" после повышения пенсвозраста прочих "суверенных" законов больше не работают.

    Мы будем, конечно же, основывать наши решения на глубоком анализе ситуации и на определении возможностей вести дело с этой страной иным образом

    Короче - если много российского бизнеса там или экспортно-транзитных интересов государства, то есть возможности, если мало - в черный список.

    Закрепив статус «недружественного государства» за целым рядом государств, о которых ниже, нужно любое упоминание о них в печатных и электронных СМИ сопровождать подобной ремаркой: «государство, недружественное РФ»

    А каждый репортаж Раша Тудэй в связи с наличием зарубежного финансирования сопровождать плашкой "СМИ-иноагент", как требует новый (равный для всех) закон, не?

    отхватить от РФ по полной, вплоть до потери государственности, после чего ее тушку начнут дербанить все ее нынешние друзья и коллеги по клубу ненавистников РФ

    Вы правда считаете, что после потери государственности вследствие действий РФ, от Украины "отхватят" ненавистники РФ, а не РФ? ))) А в чем будет профит РФ в этом случае в обмен на "адские санкции" - покарать "нациков?" Я вас умоляю, даже н е смешно... Владимир, по техническим причинам (не могу вставить ваши цитаты из статьи, потому что закончился экран андроид-телевизора и доступные для использования опции стали не видны, а зум не работает, а с пульта тыкать лень) не могу возражать вам дальше, хотя есть чего. Не читал еще такой... (заказухи?) от вас. Ура-патриотизм заразен, обратите, пожалуйста, на это внимание...
    1. ペトル・ウラジミロビッチ (ピーター) 6月9 2021 19:37
      0
      Ура-патриотизм заразен
      Ой! А что это такое?
  9. 僧侶 Офлайн 僧侶
    僧侶 (エノック) 6月9 2021 20:13
    0
    "Мы "своих" не бросаем..."
  10. RFR Офлайн RFR
    RFR (RFR) 6月9 2021 21:35
    -2
    Остальных стран нет, потому что там недвижка у наших шишек, и детишки их там живут и учатся...
  11. ミッファー Офлайн ミッファー
    ミッファー (サムミファーズ) 6月10 2021 08:26
    -2
    На 1-м месте будут идти, только не удивляйтесь, совсем не Штаты, а Британия. Это наш системный, или как сейчас говорят – экзистенциальный враг. Надменным обитателям туманного Альбиона мы никогда друзьями не будем. Всегда у них за пазухой будет нож, который они при случае всегда нам вонзят в спину и провернут еще несколько раз

    https://ftimes.ru/234370-za-chto-rossijskie-oligarxi-lyubyat-london.html

    Я думаю, между материальным благосостоянием и чувством любви (ненависти) к Великобритании есть прямая связь: чем "голодранее" субъект, тем чаще ему видится британский нож между своими выпирающими наружу ребрами. И наоборот, чем человек богаче, тем больше его привлекают традиционные демократические ценности.
  12. セルゲイ・サプリキン (セルゲイサプリキン) 6月11 2021 08:52
    +1
    Главное чтоб за дружбу не содержать в нахлебниках, а британская шавка всегда во все времена была врагом России, иногда использовала россию чтоб ослабить в крупных войнах в качестве союзника.
  13. オルバート Офлайн オルバート
    オルバート (アルバート) 6月15 2021 07:01
    +3
    Количество прямых военных нападений, когда иностранные войска оказывались на российской территории и наоборот:

    Англия на Россию - 2
    Россия на Англию - 0
    Франция на Россию - 3
    Россия на Францию - 0
    Швеция на Россию - 9
    Россия на Швецию - 3
    Италия на Россию - 2
    Россия на Италию - 0
    США на Россию - 1
    Россия на США - 0
    Германия на Россию - 2
    Россия на Германию - 0

    Но агрессор все равно Россия?
    1. Canich-dotoshnii Офлайн Canich-dotoshnii
      Canich-dotoshnii 6月15 2021 15:23
      0
      Идёт плановая подготовка вторжения саксов в Россию.
  14. Canich-dotoshnii Офлайн Canich-dotoshnii
    Canich-dotoshnii 6月15 2021 15:20
    0
    «США, Британия, Украина, Польша, Литва, Латвия и т.д. – недружественное РФ государство» со всеми вытекающими отсюда последствиями.

    Тогда получится, что в Госдуме и в правительстве РФ сидят граждане вражеских государств.
    https://rusmonitor.com/spisok-deputatov-senatorov-ministrov-rf-s-grazhdanstvom-stran-nato.html

    https://terranist2012.livejournal.com/1039076.html