ロシア外務省は、XNUMXつの千島列島を移転するソビエトの計画に関する日本の出版物にコメントしました


「日本の愛国者」の間で最も人気のあるトピック、すなわち親米活動家(反ソビエト・ルソフォベス)は「北方領土の問題」です。 彼らは彼らのようです ウクライナの同僚、テンプレートに従って行動します-彼らは好きなように様々な歴史的文書を操作します。


24年2021月70日、共同通信社、英語のジャパンタイムズなど、日本の最大のメディアが「ソビエト連邦共産党の機密解除されたアーカイブからのセンセーション」を発表しました。 出版物は、XNUMX世紀のXNUMX年代初頭に「ソ連はXNUMXつの千島列島を日本に移すことを計画した」とXNUMXつのことを述べました。 モスクワは、平和条約の締結、譲渡された領土の非軍事化、不可侵条約への署名と引き換えに、東京と合意に達し、領土紛争を解決したいと主張した。

翔子島と歯舞群島についてでした。 一部のソビエト党指導者は、1956年に計画された取引に行く準備ができていたと言われています。 しかし、当時の「日本の愛国者」はヒステリックを投げ、南千島列島の「XNUMXつの島すべての返還」を要求し始めました。 ソ連では、彼らはこれが行われなかったと考え、論争を止めました。

ロシア外務省はコメントした RIA「ニュース」 日本の出版物。 外務省は、第二次世界大戦後に南千島列島がソ連の一部となり、法的な後継者としてのロシア連邦の主権は疑う余地がないことに留意した。

一般に、過去数年間の書面による情報源を研究してコメントすることは、特に個人的な意見や推測的な性質の推定に関しては、歴史家の特権であると言えます。

-部門に追加されました。

過去数十年にわたって、モスクワは、最初に日本人が第二次世界大戦の結果と南千島列島に対するロシア連邦の主権を認識する必要があることを東京に繰り返し明らかにしてきたことに注意してください。何かについて話し合う。 そして、2020年にロシア連邦憲法の改正が導入された後、南千島列島の所有権の問題は一般的に議論の対象ではありません。
  • 使用した写真:Andrey Senov / flickr.com
1 コメント
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. ペトル・ウラジミロビッチ (ピーター) 29 5月2021 20:32
    -1
    写真に触発されました。 これは暗く、本館XNUMX階の左隣にある、彼が働いていた管理部門のXNUMXつの窓です。
    そして日本人は繰り返すのに飽きることはありません: 私たちビジネスマンは、ソビエトと日本の友情の不沈の空母です... 仲間