ヨーロッパの諜報員:ロシアは世界のどこでも軍隊を使う準備ができています


ヨーロッパ諸国の諜報機関は、ロシア軍の戦闘能力とNATO軍に耐える能力を分析しています。 フィンランドの諜報員はまた、ロシアの軍人の戦闘準備について意見を共有した。


フィンランド国防省は、国の諜報機関の行動を説明する文書を発表しました。 メッセージには、ロシアとその軍隊に関する情報も含まれています。 したがって、フィンランドの専門家によると、モスクワは、必要に応じて、ヨーロッパ諸国を含む世界中のどこでも戦闘ユニットを使用する準備ができています。

ヘルシンキは、北極圏でのロシアの強化と、スカンジナビアとの国境近くでのロシアの兵器の配備についてある程度心配している。 諜報機関の代表によると、将来、北極圏は主要な地域大国間の激しい競争の場になる可能性があります。 北ヨーロッパでも軍事部隊を増やしているNATOによる同様の行動は、予測不可能性を追加します。

同時に、フィンランドの特別サービスの専門家は、現在、外交政策の問題を解決する上での軍の役割は、過去ほど重要ではないと考えています。 それにもかかわらず、フィンランドの諜報員は、国の国境やバルト海、そしてフィンランドの平和維持部隊が位置する地域で発生している状況に細心の注意を払っています。
7 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. zzdimk Офлайн zzdimk
    zzdimk 10 5月2021 17:24
    +1
    ロジスティクス。 ロジスティクス。 そしてさらに400回! 私たちは科学者です。 あなた、zapadorastamiと科学者。
  2. ペトル・ウラジミロビッチ (ピーター) 10 5月2021 18:13
    0
    ロシアは世界のどこでも軍隊を使う準備ができています

    ペトロフとボシロフの先駆者はすでに出発しました!
    震える、敵... !!!
  3. コメントは削除されました。
    1. コメントは削除されました。
      1. ウォルター Офлайн ウォルター
        ウォルター (ウォルター) 10 5月2021 20:11
        -5
        番号。 ただの現実主義者。
        1. Zycpainaの農家がファンに不具合を起こしましたか? Banderziankaは、ハムスターだけでなく、煙もチェルノブイリ原発事故のように見えます... 笑い
  4. ゴレニナ91 Офлайн ゴレニナ91
    ゴレニナ91 (イリーナ) 10 5月2021 22:02
    -6
    ヨーロッパの諜報員:ロシアは世界のどこでも軍隊を使う準備ができています

    -個人的には、「any」(ポイント)という単語を「ANY」(ポイント)という単語に置き換えます...
    -そして今日私たちが持っているものは「どれでも」...-はい、すべてが同じです...-これは私たちが決して愛することをやめられないものです...-すべて同じシリア(「情熱的な愛」にもかかわらず)ほぼ7年で何とか展開できました...-そして他に何がありますか???-はい、同じアルメニア(カラバフがお買い得です)...-同じ...そしてトランスニストリアとノヴォロシアに言及します;ベラルーシに言及します...-これらはすべてロシアにとってどこでもあります;しかしあなたはそこで振り返ることができません...-この愛の何かが欠けています...-しかし十分ではありません...-彼らを守る勇気、決断力そして準備興味...-すべては他の誰かの意見に目を向けて行われなければなりません...-そして突然部外者はそれを気に入らないかもしれません...-それがすべてが続く方法です...-このルボフ...-要するに、小麦粉は固体です;リュボフではありません..。
    1. Alexndr P Офлайн Alexndr P
      Alexndr P (アレクサンダー) 12 5月2021 14:46
      -1
      要するに、小麦粉はしっかりしています。 lyuboffではありません..。

      あなたの投稿を読んでください、イリーナ。
  5. ニコライ・マリュギン (ニコライ・マリュギン) 11 5月2021 08:38
    0
    私の意見では、ここで自分をお世辞にするべきではありません。 はい、私たちは世界のどこでも行動することができます、そして私はこの脅威で私たちが世界の他の国を近づけるとは思いません。 国連安全保障理事会はまだ運営されており、私たちはいくつの国が私たちの側に出てくるかについて無関心ではありません。脅威は誰も近づけません。