北極ACS「マグノリア」は何ができるのか


北極圏での使用を目的とした最新の砲兵複合施設「マグノリア」は、中間フィールドテストに合格しています。 同時に、州の試験は来年末までに完了する予定です。


長い間、極北は大規模な敵対行為を行うには事実上不適切であると考えられていました。 したがって、困難な気候条件での現地作戦は、特別に訓練され、適切に装備された特殊部隊によって実行されなければなりませんでした。

しかし、今日は状況が異なります。 急速な気候変動により、ロシアは北部の領土を保護するために大規模な軍隊を配備するだけでなく、極端な温度条件で機能できる武器を作成する必要があります。

そのような開発の120つは、Vityaz 2リンクトランスポーターに基づいて作成されたMagnolia自走砲で、その31番目のリンクにはXNUMX mm XNUMXSXNUMXVena自走砲の戦闘室が取り付けられていました。

一般的に、幅広い弾薬の使用を可能にする武器自体は変更されていません。 同時に、機内の射撃統制システムには、光電子砲の偵察モジュールが追加されました。これにより、地平線上の対砲兵戦闘が可能になります。

北極圏の「マグノリア」の航続距離は700kmに達し、最高速度は時速44kmです。 自走砲は、8,5 kmの範囲で従来の高爆発性の破砕シェルを使用して、海のターゲットを含むすべてのタイプのターゲットを攻撃することができます。 ガイド付き地雷の場合、射程は10kmに拡大されます。

有望なACS「マグノリア」は、極低温の絶対的なオフロード条件で操作できます。 さらに、開発者によると、戦闘車両は泳ぐことができます。

  • 使用写真:中央研究所「ブレベストニク」
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
3 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. Dima Dima_2 Офлайн Dima Dima_2
    Dima Dima_2 (ディマディマ) 4月30 2021 13:09
    -1
    もちろん、武器は必要ですが、最近の歴史を忘れてはなりません。組合は巨大な軍隊で崩壊しました)
    1. Dukhskrepny Офлайн Dukhskrepny
      Dukhskrepny (バシャ) 1 5月2021 15:24
      +2
      したがって、彼らが軍隊をあきらめた場合、ロシアはより強く永遠になります。
    2. もちろん、武器は必要ですが、最近の歴史を忘れてはなりません。組合は巨大な軍隊で崩壊しました)

      ええと、あなたはある種の悲観論者です。)

      しかし、あなたはどうですか:ロシアは疲れた肩から14のフリーローダーを投げました!? (そしてそれらすべての借金を返済することさえ)!