米国のドローンがクリミア近くのロシア軍によって閉鎖された空域に侵入する


安全を確保するために、ロシアはクリミア半島と黒海の一部の空域を20月24日から19月XNUMX日まで閉鎖しました。これは、対応する国際的なNOTAM通知に続くものです。 高さXNUMX千メートルまでのフライトの制限は、セヴァストポリからフェオドシヤまでの領土、およびクリミアから南東方向の公海の一部に関連しています。



ロシア軍からの警告にもかかわらず、アメリカのRQ-21Bグローバルホークドローンが4月15日水曜日に制限区域に侵入しました。 ドローンは、シチリア島の北大西洋同盟のシゴネラ空軍基地から発射され、クリミア半島とクラスノダール地方の沖合XNUMXメートルの高度で進行し、適切な偵察観測を実施しました。



さらに、アメリカのUAVはドンバスに進み、その後イタリアへの帰路に着陸しました。

ドローンが立ち入り禁止区域にあったことを考えると、対空ミサイルが誤って攻撃された可能性があります。 現在、ロシア海軍と航空宇宙軍の大規模な演習が黒海で行われていることを思い出してください。
21 コメント
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. Alexndr P Офлайн Alexndr P
    Alexndr P (アレクサンダー) 4月21 2021 18:18
    +13
    だからノックダウンする必要がありました
    アメリカ人はもっと買うでしょう、フロイドの家族は上昇しました、折りたたまれます
    1. ただの猫 Офлайн ただの猫
      ただの猫 (バユン) 4月21 2021 19:47
      -3
      したがって、ウクライナ人が同じでゴールを混乱させ、誤って撃墜するわけではありません。
  2. rotkiv04 Офлайн rotkiv04
    rotkiv04 (ビクター) 4月21 2021 18:24
    +14
    なぜ彼らはラブロフとザカロワのカリンカからの懸念をノックダウンしなかったのか
    1. ウラジミール_ボロノフ (ウラジミール) 4月22 2021 09:39
      -1
      彼らは撃墜されたかった。 これがその日の主要なニュースであり、ルカシェンカの人生への試みについては誰も耳にしません。

      あなたはあなたに期待されていることをすることはできません。 相手の動きを自分の動きに逆らって使う

      -これは柔道、または必要に応じて非対称の答えです。
  3. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 4月21 2021 19:52
    -2
    そして、何人が彼らが撃墜すると述べました...彼らはおそらく特にそれをしなかったけれども...

    地図のように、彼は4回前後に飛んだのですか?
    1. ピラミドン Офлайн ピラミドン
      ピラミドン (ステパン) 4月21 2021 22:53
      +4
      いくつかの報告によると、彼はこのゾーンの近くを飛んだ、他の報告によると、彼はそこに侵入した。誰を信じるかは不明である。
  4. コメントは削除されました。
  5. シバ Офлайн シバ
    シバ (イヴァン) 4月21 2021 20:55
    +3
    偵察ドローンが地形調査を行って地図をトマホークにロードしている間に、レリーフを手動で変更しました。 さて、トマホークが私たちの方向に飛ぶと、彼らはなじみのない地形にいることに気づき、完全に準備ができなくなります。 これが私たちの戦略です。
  6. 鉄鋼労働者 Офлайн 鉄鋼労働者
    鉄鋼労働者 4月21 2021 21:24
    -1
    あなたはここで奇妙です。 あなたはすでにすべてのサイトとチャンネルで平文で話され、示されています。 そして、皆さんはプーチンがいかに賢いかを賞賛しています-彼は長い間プレーし、絶えず考えています。 彼が考えている間、BLAPは戻ってきました。 事実を述べるだけです。 まあ、少なくとも私は赤の広場に着陸しませんでした。
    1. バインダー Офлайн バインダー
      バインダー (マイロン) 4月21 2021 21:43
      -6
      鉄鋼メーカー
      まあ、少なくとも私は赤の広場に着陸しませんでした。

      何事にも潮時というものがあります。 タスクが設定されます-それはまた赤の広場に着陸します、彼のお茶はドイツの若者マチアス・ルストほど愚かではありません。 いじめっ子
      1. クマ040 Офлайн クマ040
        クマ040 4月22 2021 21:39
        +4
        さて、多分それならロシア連邦で彼らは大統領として農民を選ぶでしょう、彼らの代表チームは旗と国歌を奪うことをあえてしません、彼の与えられた言葉を守る農民、そして約束ではありません...そしてすべて異なります...
  7. 「誤って」撃墜することをいつ学ぶのでしょうか。 耐えるのに十分。
  8. 匿名の Офлайн 匿名の
    匿名の 4月22 2021 06:48
    +5
    ロシア政府は非常に消極的であり、ロシアはNATOを恐れているようです。 もしそれがイランだったら、それは同時にミサイルでアメリカの無人機を撃墜したでしょう。 ロシアは、ドローンが空域に侵入し、疑わしい標的の画像を記録し、その画像をリアルタイムでCIAに送信することを許可しました。 今日、これらの画像はすでに米空軍、海軍、陸軍の手に渡っています。

    私はウラジーミル・プーチンを大いに賞賛し、支持していますが、ロシアは非常にやわらかいです。

    もし私がこの地域のロシア軍の指揮官だったら、ドローンをロケットですぐに撃墜していたでしょう。

    ウラジーミル・プチンは、新しい世界秩序を求めているワシントンのイルミナティエリートである偉大な悪魔にメッセージを送る必要があります。

    翻訳:

    ロシア政府は非常に消極的であり、ロシアはNATOを恐れているようです。 もしそれがイランだったら、それは同時にアメリカのドローンをロケットで撃墜するでしょう。 ロシアは、ドローンが空域に侵入し、疑わしい標的の画像を記録し、CIAにリアルタイムで画像を送信することを許可しました。 今日、これらの画像はすでに米空軍、海軍、陸軍の手に渡っています。

    私はウラジーミル・プーチンの大ファンであり支持者ですが、ロシアは減速しています。

    もし私がその地域のロシア軍の指揮官だったら、私はすぐにミサイルでドローンを撃墜しました。

    ウラジーミル・プチンは、ワシントンのイルミナティエリートである偉大なサタンにメッセージを送り、新しい世界秩序を目指して努力する必要があります。
    1. Vladest Офлайн Vladest
      Vladest (ウラジミール) 4月22 2021 10:29
      -2
      明らかに、このUAVは国際ルールに違反していなかったため、彼らは撃墜しませんでした!!!))))
  9. ポタポフ Офлайн ポタポフ
    ポタポフ (バレリー) 4月22 2021 08:03
    -1
    敵に優しく、優しく...
  10. クリテン Офлайн クリテン
    クリテン (ウラジミール) 4月22 2021 09:33
    +2
    恐ろしいのはデマゴーグだけですが、行動は同じです。 私たちは尻尾を両足の間に置き、泣き言を言いました。
  11. スタルノフI. Офлайн スタルノフI.
    スタルノフI. (Stalnov Ivan Petrovich) 4月22 2021 10:08
    +2
    そして、それは敵を倒すのに弱かった。
  12. Vladest Офлайн Vladest
    Vladest (ウラジミール) 4月22 2021 10:26
    +2
    落書きから明確な結論を引き出すことは困難です。
    XNUMXつの間違い。 海岸からの距離は表示されていません。
    そして、明確な質問があります。 領空を閉鎖するというロシア連邦の決定、禁止または助言の状況は何ですか?
    そして再び、彼が侵入したので、なぜ彼らは彼を撃墜しなかったのですか? 2015年のトルコ人はより決定的でした。
  13. 先生 Офлайн 先生
    先生 (賢い) 4月22 2021 10:38
    +5
    警官が違反を見逃し、コメントをしなかった場合、そうすることによって、彼はそれを「合法化」した。 さて、兵士は別の人に「しかしペトロフ少佐は何も言わなかった」と言うでしょう、そうすればあなたはそうすることができます。
    現在、ウクライナ人や他のルーマニア人は制限区域に違反する可能性があります-「結局のところ、ロシア人はアメリカ人に何も言わなかった」。
    なぜクローズドゾーンで恥ずかしい思いをし、違反した場合は何もしないのですか?
  14. Sanych細心の注意 Офлайн Sanych細心の注意
    Sanych細心の注意 (アレクサンダー) 4月22 2021 11:10
    +1
    ドローンが立ち入り禁止区域にあったことを考えると、対空ミサイルが誤って攻撃された可能性があります。 現在、ロシア海軍と航空宇宙軍の大規模な演習が黒海で行われていることを思い出してください。

    私は必要のないところに着きました、私はそれを誤ってではなくノックダウンしなければなりませんでした。 私たちの唯一の演習は、目標を達成することができます。 そして、それがそれになると、彼らは尻尾を振る。
  15. ホームレス Офлайн ホームレス
    ホームレス (ウラジミール) 4月22 2021 20:22
    +2
    なぜ彼らは制御を傍受しなかったのか、少なくともUAVの制御を抑制しなかったのか
    1. イブプロフェン Офлайн イブプロフェン
      イブプロフェン (小説) 4月23 2021 11:32
      0
      制御を引き継ぐことは、制御センターに侵入し、オペレーターの頭に銃を置くことです。 他に方法はありません。 おとぎ話を信じないでください。
      したがって、一般的に、これはおもちゃのクワッドコプターではありません。 このデバイスは、外部制御なしで飛行します。 したがって、抑制して傍受するものは何もありません。