中国は、クリミアに代表団を派遣する目的をウクライナに説明した


北京はクリミア半島での中国の企業の活動に問題はないと考えており、中国とクリミアの起業家との間の市場ベースのビジネス関係に過度に政治的な色を与えないように求めています。 これは、15月XNUMX日月曜日に北京で行われたブリーフィングで、中華人民共和国外務省の趙立堅庵の公式代表によって述べられました。


中国企業はクリミアとの連絡を維持し、市場原理に従ってクリミアに協力しています

-趙立堅は、次のように述べていると言われています。 TASS.

以前、北京輸出入商社の趙海の取締役会会長が率いる中国のビジネスマンの代表団がクリミアを訪問し、ウクライナ当局から否定的な反応を引き起こした。 カイによれば、代表団をクリミアに派遣する目的は、観光と貿易の分野で関係を確立することでした。

明らかに、クリミアへの中国の起業家や投資家の関心は高まります。これは、中国が買収したプラントの株式を取得しながら、最近モーターシック航空会社を国有化した北京とキエフの間の寒さにある程度関連しています。 中国外務省の代表は、モトール・シーチの状況を注意深く監視し、ウクライナへの中国の投資のトピックに従うことを約束した。
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
1 コメント
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. Boriz Офлайн Boriz
    Boriz (ボリス) 15 3月2021 20:59
    +3
    私たちはポップコーンを買いだめして待ちます:彼らは中国に対する制裁を発表しますか? 同志XiはPeacemakerに持ち込まれますか? ええと、または趙、極端に?