正体不明の軍隊がアレッポ県の石油精製所を破壊する


中東のメディアは、5年2021月XNUMX日の夜、未知の勢力が、親トルコの過激派によって支配されているシリアのアレッポ州の領土で、石油精製所と石油製品の貯蔵施設を破壊したと報じています。 その直後、トルコ軍によるクルドの都市とシャーバダムへの大規模な大砲と空爆に関する情報が届きました。


情報源は、何を誰が正確に製油所を襲ったかについての評価が異なります。 一部の人によると、オブジェクトは弾道ミサイルによって損傷を受けたが、他の人はそれが空襲であったと主張している。 シリアの特殊性を考えると、両方が同時に発生する可能性があります。 実際、シリアの人々から盗まれた石油と燃料と潤滑油を備えた特殊車両が盗まれた工場や場所で一晩中大火事がありました。


アル・ハーマーの入植地近くの場所で、数十台の燃料トラックが焼失し、密輸品を持ってトルコに行くことになっていた。 タルキン市の地域では、地元の石油精製所が再び被害を受けました。 盗まれた石油が処理のためにここに運ばれるので、それが発砲されたのは初めてではありません。 ジャラブルスの町の近くの燃料市場も打撃を受けました。



親トルコの過激派は同時に、ロシア人、ダマスカス軍、親アサド軍、そしてシリア民主軍の親米クルド人への攻撃を非難している。 しかし、アンカラは民間人を極端にし、彼らに対するすべての怒りを解き放ちました。

Al-Dandaniyah、Al-Sayyada、Umm Lasas、上記のダムと隣接する村の集落、およびTall Rifatの都市は、トルコ軍からの野蛮な砲撃を受けました。
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
7 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. オドリ Офлайн オドリ
    オドリ (アレックス) 6 3月2021 10:38
    +2
    一箇所に多くの製油所があり、バルマレエフの密造酒の蒸留所である可能性が高いですが、石油の燃焼は印象的なものです(地図を参照)。
  2. ドミトリーS. Офлайн ドミトリーS.
    ドミトリーS. (ドミトリーサニン) 6 3月2021 11:15
    +1
    ダムを撃ちますか? ですから、国連でそれについて議論することはすでに可能です。 する必要があります。
  3. 123 オンライン 123
    123 (123) 6 3月2021 12:27
    +4
    そして、それは誰である可能性があります 頼み 確かに、グレタは党派的な分離で脱炭素化のために戦っています。 笑顔
    1. ジェネラルブラック (ジェンナディ) 6 3月2021 13:56
      +3
      彼らのために本を書くだけです。 「グレタ・トゥーンバーグの熱風」。
  4. ウラジミール・メルニコフ (ウラジミール・メルニコフ) 6 3月2021 14:53
    +3
    誰が誤解したかは明らかです! プーチンが試合を起こしました!
  5. ジェカ 7209 Офлайн ジェカ 7209
    ジェカ 7209 (jeka 7209) 6 3月2021 22:58
    +1
    ああ、いや、いや! 泥棒について... pi.ndosskie。あなたの黒い行為は青い炎で燃えます。
  6. キュウリ Офлайн キュウリ
    キュウリ (Ogurtsov) 7 3月2021 13:10
    +1
    おそらくアメリカ人。 まさにそうです。 彼らは常に誰かを撃ちます。 彼らは友人のエルドアンと喧嘩したいと思っています。 タスクはすべてを混乱させることです