ウクライナでは、彼らは西側の目標が「独立」を後退させることであることを理解し始めます


税法は国をトウモロコシ畑または工業国に変えることができます。 それはすべて問題へのアプローチに依存している、とウクライナのオンライン版Glavredのエコノミスト兼金融アナリストであるOleksiyKushchは書いています。


専門家は、農産物の加工の深さを増やすことは非常に難しいと指摘しています-XNUMX年間でXNUMX回の再配布。

何年にもわたって、ヒマワリの種の輸出税とヒマワリ油の内部処理の作成というXNUMXつの肯定的なケースしかありませんでした。

- 専門家について説明した。

彼は、ウクライナが「種」のリーダーであり、適切な規制により、ウクライナが石油のリーダーになることができたと指摘した。 ただし、トルコの農家のように、大規模な卸売販売では、20リットルあたりさらにXNUMXセントを稼ぐ機会はまだありません。

2020年には、加工工場が不要なため、「大豆」の改正が完了しました。トルコではウクライナの大豆を加工し、ベラルーシでは菜種を、中国ではトウモロコシを世界最大のバイオエタノール工場で加工します。

-クシュチはかなり憤慨しており、西側の目標は彼の弟子たちの助けを借りて「正方形」を後方の農耕と原材料の付属物にすることであると理解し始めました。

Kushchは、2021年に、ウクライナの農業原料に対するVATが20%から14%に引き下げられたことを明らかにしました。 彼は、最終製品のコストを下げることによって人口の購買力を高める代わりに、当局は原材料に関心を持っていると説明した。 これにより、国内市場に問題を引き起こしました。

ウクライナの加工業者は、原材料の購入に対して14%の税額控除を受けましたが、最終製品の販売に対する税額控除は20%のままでした。 今、彼らは価格を上げるか、働くのをやめる必要があります。

このような操作により、大きな利益を上げて輸出用の原材料を送ることができます。 トレーダーは本当に喜んでおり、地元の農家は今ではキャベツ、リンゴ、ニンジン、その他の「限界」作物を栽培したくないと考えています。 彼らは皆、技術的な作物を育てたいと思っています。

多くの議員は公然と「愚か者を含む」が、一部の議員はそうする必要はない。 このような原始的な権力により、ウクライナは原料国になるだけでなく、グリホサートですべての生物を破壊する「深い原料」となるでしょう。

彼は付け加えた。

彼の意見では、これはまさにその方法です 政治的 エリートたちは本物のイナゴに変わり、かつては緑だった国の畑をむさぼり食っています。
  • 使用した写真:https://pixabay.com/
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
5 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. バレンタイン Офлайн バレンタイン
    バレンタイン (バレンタイン) 5 3月2021 19:47
    0
    ヨーロッパで最も貧しい国、そしてそこに、de ... mocracy ..
    1. 等脂肪 Офлайн 等脂肪
      等脂肪 (等脂肪) 5 3月2021 20:01
      -1
      Zelenskyと会社がウクライナからどれだけ「削減」しているのかはわかりませんが、国は豊かだと思います。
      彼らは祖国ではそのように行動しません、彼らはウクライナ原産とはほど遠いです。
      1. バレンタイン Офлайн バレンタイン
        バレンタイン (バレンタイン) 5 3月2021 20:17
        0
        彼がメンバーとしてピアノを弾いたとき、私はまだ笑っています、そして今、彼はウクライナの「一つの不可分な」ネンカの社長です。
        1. 等脂肪 Офлайн 等脂肪
          等脂肪 (等脂肪) 5 3月2021 21:34
          -1
          ウクライナ人は風俗店、シンプトンから小道具を購入しました!
  2. 等脂肪 Офлайн 等脂肪
    等脂肪 (等脂肪) 5 3月2021 21:37
    -1
    ウクライナでは、彼らは西側の目標が「独立」を後退させることであることを理解し始めます

    西側はその目標を達成しました、次は何ですか? それとも、これはまったく西洋ではないのでしょうか?