ロシアが中国とインドのどちらかを選ばない理由


2020年夏のラダックでの中国とインド間の軍事政治危機の間、多くの専門家はロシアが対立の側面のXNUMXつを受け入れると信じていました。 しかし、これは起こらず、モスクワはラダックの状況についてコメントすることを差し控えた。 クレムリンが中国とインドのどちらかを選択しないのはなぜですか?


ロシアは単にインドと中国のどちらかを選択したくないので、選択しません

-The Printが引用した、カーネギーモスクワセンタードミトリートレーニンの長を信じています。

専門家によると、ロシアは世界で起こっているプロセスを異なって見ています。 国の当局によると、世界は多極であり、いくつかの権力の中心を持っているべきであり、それらはワシントン、北京またはニューデリーに限定されるべきではありません。 しかし、今や新しい単極性の種が成熟しており、強力な中国が世界への利益を決定し始めることができます。

世界のトレンドは、XNUMX年後に米国を迂回してXNUMX番目になる中国を支持しています。 経済 世界。 パンデミックはこれらのプロセスをスピードアップする可能性があります。 過去4,4年間で、米国のGDPは2%減少しましたが、中国はXNUMX%増加しました。

このような背景から、ワシントンがモスクワに課した制裁や米中関係の不安から、ロシア連邦と中国の経済関係は自然に強まっている。 ロシアは中国の債券を購入し、中国に武器、エネルギー、原子力を供給します 技術の、農産物。 一方、ロシアとインドの間の貿易売上高は実質的に伸びていません。

同時に、プーチンは状況をコントロールしていると確信しており、北京とニューデリーの間の公共選択を控えながら、必要に応じてどこに線を引くかを知っています。
  • 使用した写真:kremlin.ru
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
5 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 素人 Офлайн 素人
    素人 (ビクター) 1 2月2021 15:10
    +3
    世界的な傾向は、XNUMX年後に米国を迂回して中国を支持する中国を支持しています。 世界でXNUMX番目の経済.

    なぜ中国経済は1年間で2〜7位からXNUMX位に低下する必要があるのでしょうか。
  2. ゴレニナ91 Офлайн ゴレニナ91
    ゴレニナ91 (イリーナ) 1 2月2021 15:31
    -9
    ロシアが中国とインドのどちらかを選ばない理由

    -奇妙な...-そしてこれは何ですか? -それは「選択」ではありませんか?

    ロシアは中国の債券を購入し、中国に武器、エネルギー資源、核技術、農産物を供給しています。 一方、ロシアとインドの間の貿易売上高は実質的に伸びていません。

    -これは選択であるだけでなく、直接の共犯でもあります...
    -「苦労して稼いだドル」(そしておそらく金)でロシアは...「中国の債券」を取得します...-それはひどいです!!!;
    -中国に「武器、エネルギー資源、核技術、農産物」を届ける...-そしてその見返りに、あらゆる種類のがらくたや製品(化学、食品)の処理と製造のためのごちゃごちゃした時代遅れの中国の技術ラインを受け取る。 ロシア自体がソビエト時代に生産し生産することができるもの。 中古の建設機械や中国の自動車輸送も同様で、ロシアも自家生産が可能です。 また、あらゆる種類の中国のジャンク、非常に疑わしい品質の消費財、「環境的に汚れている」...など...など...
    -それでも...-中国の経済は成長せず、そのような無料のドナーが絶えず無制限にそして実質的に無料でその貴重な資源をそれに注入している。 この無償の「ドナー状態」自体に必要なもの..。
    -したがって、ロシアも同様の「ドナー注入」をインド経済に行うとすれば、インド経済とその生活水準は大幅に向上したでしょう...
    -それで、ロシアの「選択」は明白です...-ロシアは単にそれ自身を出血させる準備ができています...-中国にすべてを与えるためだけなら...
  3. ドミトリーS. Офлайн ドミトリーS.
    ドミトリーS. (ドミトリーサニン) 1 2月2021 15:34
    +1
    面白い。 とても興味深い! カーネギーセンターは中立ですか? はいの場合、おそらくあなたは彼らの作品を読むことができます。
  4. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 1 2月2021 15:52
    +1
    繰り返しますが、ある種の匿名の誤解です。 5年間で中国の7位は何ですか?

    専門家は今でも約1〜2か所をトランペットしている。
  5. ジャック・セカヴァル (ジャック・セカバール) 3 2月2021 10:07
    +2
    1.ウラジーミル・プーチンが言ったように、ロシア連邦は誰に対しても友だちになることはなく、この原則的な立場はアルメニアとアゼルバイジャンの戦争で明らかに現れました。
    2.ロシアはインドと伝統的な商業的利益を持っており、中国を支援することによってそれらを断ち切る意味はありません。
    3.相互の商業的利益に加えて、中国は外交政策の基本的基盤への共通のアプローチによってリンクされています。