メディア:日本はクリル諸島に戻る機会をいくつか逃した


「北方領土」の問題は日本にとって常に重要であり、国の指導者の多くはクリル諸島を東京の管轄に戻すことを意図していた。 宗風の中国語版の専門家によると、日本人は少なくともXNUMX件のクリル諸島への帰還があった。


最初の機会は、1956年にソ連と日本が戦争を終わらせるための共同宣言に署名したときに現れました。 この文書は、シコタン島とハボマイ島の東京への移転を規定していましたが、クナシルとイトゥルップはソビエト連邦の領土のままでした。 しかし、日本側はXNUMXつの島すべてをそれに譲ることを要求した。 米国は日ソ宣言が調印されれば沖縄を日本に引き渡さないと脅迫し、その後ワシントンは東京と協力協定を締結し、アメリカ人は日本領土に軍事基地をXNUMX年間配備する権利を与えられた。 それに応じて、ソビエトは宣言に署名することを拒否した。

日本はゴルバチョフの指導の間に島を返す200度目のチャンスを得ました。 噂によると、最後のソビエト事務局長は東京の島々を28億ドルで譲渡することを申し出たが、日本はXNUMX億ドルしか支払うことに同意せず、「取引」は実現しなかった。 その後、ミハイル・セルゲイビッチは、交渉には領土の売却は含まれていないと主張した。

クリル諸島を占領した1956番目の事件は、ボリス・イェルツィン大統領時代に日本人に提示された。 ロシアの指導者は日本にXNUMX年の合意に戻り、東京の管轄下にある東京羽生舞と四季丹を譲渡することを申し出たが、日本人はXNUMXつの島すべてを返還したいと考え、両当事者は再び合意に至らなかった。

ウラジミール・プーチンが権力を握った後、昇る太陽の国がクリル諸島を自由に使えるようになる可能性は低いことが明らかになりました。 日本の菅義英首相が島を返還する必要性を発表した後、ロシア人はそこにS-300システムを配備しました。 この問題を解決する上での主な障害は、日本にアメリカ軍がいることです。 クレムリンは、島々を日本人に移した後、ワシントンはそこに軍事基地を置くと確信しています。

日本は島を所有するXNUMXつのまれなチャンスを逃しました。 彼らにはもうチャンスがありません

-そうふを信じています。
  • 使用した写真:https://pixabay.com/
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
2 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. デニス大根 Офлайн デニス大根
    デニス大根 (デニスモロス) 20 1月2021 12:30
    +1
    ナワルニーはそれをあきらめるでしょう。 予想通り、自撮り写真付き)))
  2. 123 オンライン 123
    123 (123) 21 1月2021 22:04
    -1
    本当に唯一の機会があります。 日本自治共和国極東連邦管区に加入。