ロンドンは「クリミアのウクライナへの返還」の費用を負担します


ウクライナの首都にある英国大使館は、クリミア半島の独立への「再統合プロセス」に財政的支援を提供します。これは、英国政府のウェブサイトに公開された文書に記載されています。


今年の1月15日からXNUMX月XNUMX日まで、「オープンフューチャー」プログラムが実施されます。このプログラムでは、半島のウクライナへの「返還」の支援に加えて、領土内のロシア側のクリミアタタール少数派の「人権侵害」と「抑圧」について通知します。クリミア。 プログラムの重要なポイントは、そのようなケースの情報カバレッジと文書化、および新しいものに照らしたクリミアの「法的権利の保護」です。 政治家 この領土に関連するキエフ。 この作業は、州と協力して非営利団体によって実施されます。

この活動の一環として、クリミア・タタール人の政治的および人権的活動と、人権状況についての「意識を高める」ための取り組みが奨励されます。

「2020-2021英国年」のプログラムに資金を提供するために、約10万ポンド(約1万ルーブル)を割り当てる予定です。 同時に、OpenFutureの追加の財政支援と協調融資が奨励されます。 したがって、ロンドンは「クリミアのウクライナへの返還」の費用を支払うことを決定し、明らかにそのような措置の広範囲にわたる政治的影響を期待している。
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
9 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. Afinogen Офлайн Afinogen
    Afinogen (アフィノゲン) 13 1月2021 10:19
    +3
    ロンドンは「クリミアのウクライナへの返還」の費用を負担します

    笑い 元の。 パンデミックに飽きたら何が思い浮かびますか 笑 そしてウクライナでは、彼らはおそらく今クリミアに戻る方法を考えています。
  2. タマラ・スミルノヴァ (タマラ・スミルノヴァ) 13 1月2021 10:31
    +4
    彼らは寛大になったので、無礼な人は寛大になり、彼らのお金の10万ものお金がukropapuasに割り当てられました。 そしてそれでも、おそらく彼らではなく、「プログラム」の彼らの代表者に。 価格から判断すると、アクションはXNUMX回限りです。
  3. 123 Офлайн 123
    123 (123) 13 1月2021 10:54
    +7
    小さな髭 笑い 以前は、クリミアの土地は貴族の骨で肥沃でしたが、今では沈んでいます-「そしてXNUMXルーブルは思考の巨人を救うことはできませんか?」 そうですね、ロシアも北アイルランドの再統合とスコットランドの占領解除を支援すべきだと思います。
  4. ブラノフ Офлайн ブラノフ
    ブラノフ (ウラジミール) 13 1月2021 11:04
    +5
    彼らはクリミアでウクライナのMOVを話したくないことをLodongradで知りませんか? 彼らは彼らの王国の時代に完全に遅れています。
  5. だった-witek Офлайн だった-witek
    だった-witek (ビクター) 13 1月2021 12:14
    +4
    もっと与えることができたかもしれません...私たちは賄賂のためにお金を取ることさえしません...
  6. 「2020-2021英国年」のプログラムに資金を提供するために、約10万ポンド(約1万ルーブル)を割り当てる予定です。

    アメリカ人はクリミアを手に入れるためにウクライナの「マイダン」に5億ドルを費やしました。
    聞き取れませんでした。
    英国人は彼らがアメリカ人より賢いと判断しました、そして今、彼らは左手の小さな指一本でロシアを鼻にスナップします。 しかたがない...
    1. Semyon Semyonov_2 Офлайн Semyon Semyonov_2
      Semyon Semyonov_2 (Semyon Semyonov) 13 1月2021 21:24
      +1
      すでにそのようなクリッカーがありました...)
      すべて、目の前のように、生きているように。
      1. Semyon Semyonov_2 Офлайн Semyon Semyonov_2
        Semyon Semyonov_2 (Semyon Semyonov) 13 1月2021 21:25
        +2
        必要に応じて、耳を剃ります。
  7. サプサン136 オンライン サプサン136
    サプサン136 (Sapsan136) 14 1月2021 09:01
    +1
    ロンドンで彼らがバンデラの支持者を支援できると考えるなら、ロシア連邦はIRAを支援する権利を持っており、ロンドンでそれがどのように好まれるのかを見ていきます。