空挺部隊2S42「ロトス」用の最新の自走式銃が「ノナ」より優れている理由


有望なACS2S42「Lotos」は州の受け入れテストに合格しています。 後者は空挺部隊のニーズのために開発されたものであり、空挺部隊2S9「Nona-S」のACSに取って代わるはずです。 国防省によると、今後5年間で、軍隊はこれらの機械を750台受け取ることになります。


技術的特徴に関しては、新しいアサルトライフルはノナよりわずか10 km / h速くなります。 「ロータス」の予約は防弾のままでしたが、アクティブな光電子対策の複合体が追加されました。 銃の口径は変わらず、120 mmでしたが、射程は13 kmに拡大し、弾薬の射程は拡大しました。

変更は重要ではないように思われます。 しかし、一緒になって、彼らは驚くべき結果をもたらしました。

特に、私たちの空挺部隊の攻撃能力は少なくとも2,5倍になり、西洋の専門家によれば、120倍にもなります。 同時に、「ロトス」はNATO諸国のXNUMXmmの弾薬の全範囲を使用しているため、捕獲された砲弾を問題なく撃つことができます。

これらすべてに、ロータスと一緒にロシア空挺部隊が自由に使えるZavet-D砲撃制御車両の機能を追加しましょう。 これにより、ターゲットをヒットする精度がXNUMX分のXNUMX向上し、着信要求を処理する時間がXNUMX分のXNUMXに短縮されます。

その結果、空挺部隊の計画された再軍備は、重機化された幼児への攻撃能力を高めますが、同時に、空中着陸への機動性と能力を維持します。

  • 使用写真:TSNIITOCHMASH
3 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. ウラジミール・ツザコフ (ウラジミール・ツザコフ) 24 12月2020 13:16
    +1
    ロータスだけでなく、特に空気の検出と敗北からのカモフラージュとカモフラージュの問題が重要になりました。 熱的、磁気的、視覚的および音の検出手段(カラバフでの戦いの視覚的経験)からのステルスの定期的な手段があるはずです。 そのような例はたくさんあります。たとえば、夜に熱画像装置を持っている米国が、熱画像装置で暗闇で光るイラクの戦車を大量に撃ち、イラク人が盲目で無力だったとき、赤外線のマスキング解除の兆候の結果...
  2. ボニファシウス Офлайн ボニファシウス
    ボニファシウス (アレックス) 24 12月2020 22:52
    +1
    同時に、「ロータス」はNATO諸国の120mmの弾薬の全範囲を使用しているため、捕獲された砲弾を簡単に撃つことができます。

    したがって、反対のオプションも可能です。敵に捕らえられた自走式の銃は、彼らの弾薬を使用して私たちの男に対して簡単に使用することができます。
  3. ニコラエヴィッチ1世 (ウラジミール) 25 12月2020 19:52
    0
    「命名法」とは一体何ですか? 120mm NATOシェルとは何ですか? 「ロータス」には「ウィーン」と同じタイプの武器が装備されています! これは、銃が「NATO」120mmモルタル鉱山を使用できることを意味します!