「日本が最初に敵の標的を攻撃するべきか」:日本のマスコミが新しいミサイル防衛指令について話し合う


元日本の安倍真三首相は国防を強化するために多大な努力を払ってきた。 2020年18月に健康上の理由で職を離れる前に、彼はミサイル防衛の分野で新しい教義(指令)の開発を求めました。 XNUMX月XNUMX日、菅義英の内閣がこの文書を承認したが、それは非常に重要な問題をXNUMXつ残して、朝日新聞の日本版を書いている。


日本が最初に敵の標的を攻撃するべきですか?

-著者は興味を持っています。

阿部真三は抑止力の強化を彼の主な方向性の一つにした 政治家..。 しかし、今年のXNUMX月、彼は東京がアメリカ人から高価なイージスアショア地上ベースのミサイル防衛システムを購入しないことを発表しました。 日本は、ミサイル防衛などを通じて、より多くの能力を備えた艦隊を拡大したほうがよいでしょう。 同時に、日本が先制攻撃を行う機会が必要かどうかという社会の問題についても議論した。

菅義秀が承認したABM文書は曖昧です。 日本が敵に先制攻撃能力を持たせるべきかどうかは具体的には述べられていないが、東京は国内の長距離巡航ミサイル(1000 km)を開発し続けると述べている。

文書の明確さの欠如にもかかわらず、首相は政府が抑止力を強化する方法についてさらなる議論を行うことを保証した。 しかし、彼はこれがいつ起こるかについての期限を設定しませんでした。

国家安全保障戦略の変更は2021年に行われる予定です。 おそらく、同様の表現がそこに表示されます。 このような文書の作成は、内部の政治的バランスを反映していることを忘れてはなりません。 政府には多くの平和主義者がいます。 したがって、ミサイル防衛システムの下でXNUMX台の駆逐艦を再装備する問題も翌年に延期された、と出版物は結論付けました。
  • 使用した写真:https://www.mod.go.jp
3 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. アクゼンカ Офлайн アクゼンカ
    アクゼンカ (アレクサンダー) 20 12月2020 18:20
    +1
    侍がまた歯を見せています!
  2. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 20 12月2020 18:59
    0
    たぶんキムはそれらを手に入れ、常に日本のすぐ近くでミサイルを発射しましたか?
  3. シリル Офлайн シリル
    シリル (キリル) 20 12月2020 19:55
    -1
    日本人が国の平和主義のコースを守り続けたいという願望は称賛に値する一方で、日本は予防的なものも含めて自衛する権利を持っているべきです。 国は小さく、特別な戦術的な深さはありません(ただし、山岳地帯は敵の前進を遅らせます)。したがって、島の領土への侵入が行われた場合にのみ防御することは危険な戦略です。