ビジネスインサイダー:ロシアは、クリルのトピックについて日本と戯れるのをやめました


ロシアとその指導者ウラジーミル・プーチンは、クリル問題について安倍晋三前首相と長い間「遊んだ」が、今ではすべての大会は破棄された。 この結論は、最大のニュースポータルであるBusinessInsiderの最近の発行から導き出すことができます。


日本の米国最高司令官は今月、ロシアとの長年にわたる領土問題を終わらせるための日本の数十年にわたる外交努力は失敗したと述べた。 モスクワは、そこにS-300防空システムを配備することによって島の軍事強化を開始することにより、これを明確に明らかにしました。

外交的に言えば、これらの会話からの復帰はまったくありませんでした。 […]緊張の源はまだそこにあります

1月XNUMX日の米空軍協会の会合で、日本における米軍の司令官であるケビン・シュナイダー中尉は述べた。

安倍首相が9月に辞任した後、菅義偉氏もこの問題に対処することを約束したが、記事に記されているように、現在の元首は前任者の高官に勝るものはないだろう。

安倍首相は、プーチンとの個人的な外交に多大な努力を払い、事件を動かそうとした。

-ニューヨーク外交問題評議会の日本研究シニアフェロー、シーラ・スミス氏は語った。

スミスは、プーチンが「安倍と遊んで、和解のアイデアに興味を示し、それを拒否した」と信じています。 名前のない引退したロシア当局者は、大統領のアプローチを「トローリング」と呼んだと彼女は言った。

安倍首相は多分努力しすぎており、プーチン大統領は何度か彼を叱責した。 [...]プーチン大統領がこの方向に進まないことが安倍首相に明らかになったに違いないと思う時があった。

スミスは言います。

出版物はまた他の意見を表明した。 しかし、彼らはむしろ、上で言われたことを確認するだけです。

もちろん、事実は東シベリアと極東におけるロシアの軍事力の強化です。 [...]これは、ロシア連邦の太平洋艦隊の能力の加速された更新の例で最も明白です

-以前は軍事専門家のアレクセイ・ムラビョフを信じていました。

記事は、北と南でそれぞれロシアと中国からの二重の圧力に直面していること、そして 経済的 それにもかかわらず、日本は困難に対応して、ますます独自の防衛能力を構築し、国際同盟のシステムにさらに依存するようになるでしょう。

さらに、この出版物は、ロシアとアメリカの軍艦間の事件が太平洋の北部でもより頻繁になっていることを思い出させます。
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
26 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. きしむ Офлайн きしむ
    きしむ 20 12月2020 12:15
    +9
    「戻る」...おっと、なぜ私はこれを昔ながらの方法で書いているのですか?おそらく、ロシア連邦刑法の「新しい記事の下で」「試み」について無意識のうちに「飛び込む」のは簡単だからです領土保全について」?! 何
    このニュースでは、すべてが合理化され、漠然と外交的であることに気づきました。エソピアン語では、「定式化」されています。「ゲーム... Kurilトピックに関するものです(ただし、「主題に含まれていない」読者は、どのような種類のことを理解している可能性は低いですが)。 「ゲーム」なんて「クリルのテーマ」ってなんだろう、特にその本質についてのニュースがググじゃないなら」、
    しかし、ヒントだけ、ヒント?! 何 ) "、"長年の領土紛争(日本とロシアの間) "、"これらの会話 "、"緊張の源 "、"和解のアイデア "、"この方向に動く "、"動かそうとするもの」、?! ウインク
    ソ連(そして現在のRF、EBNの提案、およびプーチン-メドベージェフ)への数十年前の日本のしつこい欲求要求(フルシチョフ-ゴルバチョフの提案で)について直接明確に書く代わりに、「領海、海、陸のシックな集落の「刺激的な」例で、これらの「要求の厳しい人々」を無条件に支持して米国、中国、ノルウェーと争う!)「北方領土の自発的帰還」、つまり、認識された第二次世界大戦の結果によると、クリル諸島(当局によるものを含む) アメリカ、1945年以来、まだ日本を占領しています!)私たちのソビエト連邦の領土!
    現在、ロシアの指導部における新しい「力の調整」と寛大な「パートナー(「最も友好的な」)感情」により、日本の軍国主義が急速に復活し、あらゆる方法で日本のコミュニティ、ワシントン(それによって支配されている東京は、しつこく「帰還を要求している」。ロシアの軍国主義者(アメリカの海軍基地の下で、オコツク海を完全に支配するために、ロシアの戦略的ミサイル空母が警戒義務を負っている海峡は明らかである海に)。
    ちなみに、もし神が「クリルのテーマ」のたるみを許せば、日米は必然的に「サハリンのテーマ」を掲げる-結局のところ、「爪が刺さり、鳥が失われる」…

    PSチートは、外から見ると、ウラジーミル・プーチンが日本の安倍晋三と「クリル問題に同意しよう」という最近の試みにまったく「トローリング」しているようには見えませんでしたか? いいえ
    そして、私の意見では、「パートナー」を要求するさらに別の準拠した「領土協定」についてのロシア社会での「共鳴」の高まりだけが、クレムリンに「クリルのテーマ」を減速させました(しかし、日本人は彼らの希望を隠していません、 「長時間プレイする」、より「交渉された」将来のロシアのリーダーシップ、または「限られた電撃戦」のために、適切な瞬間に、独自の攻撃着陸海軍を急速に構築することによって「増大するロシアの脅威」について急いでください! 何 )?!
    IMHO
    1. アレクセン Офлайн アレクセン
      アレクセン (アレクサンダー) 20 12月2020 12:50
      -24
      つまり、第二次世界大戦の結果によると、千島列島は(1945年から現在まで日本を占領している米国当局を含む)私たちのソビエト連邦の領土であると認められました!

      さて、あなた、私の友人は、積み重なっています...
      ソ連は日本に対する侵略の結果として島を買収しました(これの理由は説明できますが、事実は残っています)。
      アメリカ人は4つの島の主権を認識せず、ソ連/ RFによって占領されていると考えました。
      アメリカ人は、これがソビエト連邦の併合の承認であると信じていたので、第2の島での日本とソ連の間の条約に反対しました。 他の2つの連合によって、日本は同意した(沖縄を返還しないという脅威があった)。
      日本は国家に占領されていません-まったくの愚かさ。 アメリカの沖縄政権は1972年に消滅した。
      1. エフゲニー・ポポフ (エフゲニーポポフ) 20 12月2020 22:03
        +8
        日本にはアメリカの物がちりばめられています。 約百の何か。 軍人のトリックは急いでブレーキで解放されます。 職業ではない場合、これは何ですか? 程度は低いですが、ドイツと同じでたらめです。
      2. しのび Офлайн しのび
        しのび (ゆり) 23 12月2020 02:22
        +2
        沖縄自体では言わないでください、彼らはあなたを打ち負かすことができます。
        PS:帝国はその守備隊が立っているところです!-Ju。Caesar
        実際、日本、ドイツ、フランスは、アメリカの政権を持っていないという事実を除いて、(必要なことを強調して)占領地を占めていました。
      3. コメントは削除されました。
    2. エフゲニー・ポポフ (エフゲニーポポフ) 20 12月2020 22:31
      +4
      これらの「要求の厳しい人々」を無条件に支持する米国、中国、ノルウェーとの「領海、海、陸、紛争の賢明な解決」の「刺激的な」例で!

      それを考えてみましょう。
      1.ノルウェー。 第一に、いずれにせよ、紛争は遅かれ早かれ解決されるべきでした。 第二に、私たちは何も失っていません。 第三に、領土問題が存在する中で、北極大陸棚の1.2万平方キロメートルのようなものに参加することを国連に申請することはできませんでした。 そして、私たちの申請は何年にもわたって受け入れられ、承認されてきました。 米国がこれを知っていれば、ノルウェーはそれ自体でこの論争を解決することに決して同意しないでしょう。
      2.中国。 タラバロフ島が純粋に論理的にどこにあるかを理解するために地図を見ることをお勧めします。 他の領土に関しては、その移管はずっと以前に合意されました。 主なことは、領土ベースでの潜在的な紛争点が除外されているということです。
      3.米国。 これは何を意味するのでしょうか?
      ロシアは領土問題を完全に解決し、憲法の改正を通じて、彼らが彼らのウィッシュリストを理解したというヒントを残りの人々に与えました。
      1. きしむ Офлайн きしむ
        きしむ 20 12月2020 23:02
        -2
        hi 親愛なるエフゲニー・ポポフ、ご説明ありがとうございます! 良い
        あなたが注意を払うならば、私は「インスピレーション」という言葉を引用しました、なぜならそのような「領土のゲーム」は単なる事実によって(そしてそのような「チェスの動き」の潜在的な意味によってではなく)、領土を持っていた人々だけにインスピレーションを与えたかもしれないからですソ連(そして後で、すでにロシア連邦)への主張?!
        この特定のケースでは、そのような「問題の賢明な解決」を観察し、日本人と彼ら自身が「立ち上がって染み込んだ」、そこでプーチンの励ましの「トローリング」、さらには「彼の父の墓に誓った」後、安倍首相は喜んだ。 ..今ここで、純粋に「侍によって」、シンゾウ氏に「切腹」をしなければならないでしょう(私は病気だと言った、それだけですか?!)?! ウインク
        1. たいしや Офлайн たいしや
          たいしや (タイヤヤ) 21 12月2020 21:53
          +3
          そうそう、日本人は、島の共同開発に日本人の興味を引くために、ニンジンのように島を鼻の前に移す可能性があるという仮説の問題に直面した。 彼らは日本人が島に投資するために彼らにあらゆる種類のジンジャーブレッドを提供しました。
          日本人は投資することに同意しなかった。 質問は終了しました。
  2. アンドレイf。 Офлайн アンドレイf。
    アンドレイf。 (アンドレイ・フックス) 20 12月2020 23:23
    +1
    正直言って、私はこのトピック、千島列島にうんざりしています! ショイグハンサム-すべての質問を切り落とします! くそー、私はこのチェラをどのように尊重しますか!
  3. ゴア Офлайн ゴア
    ゴア (アレクサンダー) 21 12月2020 07:01
    -1
    日本人は誰ですか?
  4. アレクセン Офлайн アレクセン
    アレクセン (アレクサンダー) 21 12月2020 08:30
    -6
    引用:Evgeny Popov
    日本にはアメリカの物がちりばめられています。 約百の何か。 軍人のトリックは急いでブレーキで解放されます。 職業ではない場合、これは何ですか? 程度は低いですが、ドイツと同じでたらめです。

    あなたの論理によれば、シリアはロシアによって占領されています、そこには基地だけではありません、ロシアの兵士は何千人ものシリア市民を殺しました...
    アルメニアでは、ロシアの兵士が誰かをレイプしただけでなく、家族全員を殺しました...ところで、アルメニアも占領されていますか? そしてキルギスタン?
    1.領土内の基地の存在は職業ではありません。
    2.第三国領土を拠点とする軍人の行動の問題は一般的な問題であるが、占領とは何の関係もない。
    1. エフゲニー・ポポフ (エフゲニーポポフ) 21 12月2020 14:48
      +2
      はい、統合失調症です。 ピルを飲みに行きます。 「拠点」とは何ですか?
      -すべての飛行機を上げてください!
      -翔、XNUMXつ全部?
      シリア市民の「数千人」の殺害は何ですか? 誰があなたの脳の中でそのようにたわごとをしましたか? それとも、有毒物質を含む白いヘルメットの製造に落ちましたか? :)
      はい、アルメニアで悲劇がありました。 XNUMXつは、大きいですが。 レイプについても何か発明されたようです。 私が覚えている限り、家族は撃たれました。 徴兵-sh-i-z-i-k。
      約XNUMXの軍事施設の存在は明らかな職業であり、日本人自身もその代償を払っています。 あらゆる種類のレイプなどが常に彼らに起こります、しかしこれはすべてブレーキで解放されて、有罪は家に送られます。 そして、彼らは罰せられる可能性は低いです。 アルメニアに関しては、犯人は終身刑に服している。 国外のロシアの軍事基地は文字通り一度にXNUMXつです。 したがって、比較することは不可能です。
      日本に戻ると、確かに日本は完全に独立しており、兄のアメリカをきっかけに続いていると言えます。

      1972年から2016年までの沖縄警察の報告によると、米軍による4700件の暴力犯罪(殺人、強盗、暴行、強姦)を含む574件の犯罪が沖縄で記録された。 言い換えれば、これらの統計によれば、米軍は沖縄で月平均XNUMX回の暴力犯罪を犯している。
      これらの犯罪のいくつかは世界中で猛威を振るっています。
      たとえば、33歳のアメリカ人歩兵ケネス・フランクリンは、20年間の勤務の後、民間の専門家として日本で働き続けたが、XNUMX歳の日本人の少女が殺害された。殺人のXNUMXか月後。
    2. アレクセン Офлайн アレクセン
      アレクセン (アレクサンダー) 22 12月2020 08:57
      -1
      引用:AlexZN
      「拠点」とは何ですか?

      ... TVチャンネル「Zvezda」は、ロシアがシリア北部のアルカミシュリー市に新しいヘリコプター基地を建設すると報じました。 シリアのロシア派遣団の30番目の永住権になります。フメイミム市の空軍基地とともに、トルコとの国境からXNUMX km、タルトゥースの海軍基地になります。 さらに、ロシアの航空は、シャイラトとティヤースのXNUMXつのいわゆるジャンプ飛行場を使用しています。

      シリア市民の「数千人」の殺害は何ですか? 誰があなたの脳の中でそのようにたわごとをしましたか? それとも、有毒物質を含む白いヘルメットの製造に落ちましたか? :)

      作戦開始以来、航空は18の出撃を行い、テロインフラに800のストライキを負わせた。 71の訓練キャンプ、725の工場と弾薬製造のためのワークショップ、テロリストの405万ユニットの軍事装備、35の野戦指揮官を​​含む204の過激派が清算されました。これは、ロシア側の公式データです。 南北戦争の状況では、過激派の最大70%がシリア人だったとき...
      PSまあ、誰が誰にたわごと? 誰がピルを必要としますか?
    3. マックスウィンター (マックスウィンター) 25 12月2020 07:42
      0
      頼み あなたはどこで歴史を多面的に教えていますか、あなたは私たちのものですか? 感じます
  5. アレクセン Офлайн アレクセン
    アレクセン (アレクサンダー) 21 12月2020 08:37
    -4
    反応から、私は理解しました:
    1.ソ連\ RFは平和条約を終了し、第三国を攻撃する可能性があります-これは侵略ではありません。
    2.ソ連\ RFは、その後の併合で第三国の領土を占めることができます。
    3.ソ連\ RFは、併合を認識しない場合、第三者の行動を非難することができます。
    4.そして、一般的に、日本人である私たちは彼らに何も与えません、これらは主にロシアの土地であり、ロシア人はいつもそこに住んでいます。
    1. エフゲニー・ポポフ (エフゲニーポポフ) 21 12月2020 14:53
      +3
      あなたはいまいましいことを理解していませんでした。

      併合について...ナンセンスの残りはそれ自体で落ちるでしょう。

      国連憲章から:

      すべての人々は自己決定する権利を持っています。 この権利のおかげで、彼らは自由に政治的地位を確立し、経済的、社会的、文化的発展を自由に確保します...この規約に参加するすべての州は...国連憲章の規定に従って、自己決定権とこの権利を尊重する権利。」

      この権利は、国家の領土保全に反していると言えます。 しかし、領土保全の原則は、国家を外部からの攻撃から保護することのみを目的としており、自己決定を望む自国民からは保護することを目的としていません。

      アートのパラグラフ4でのその文言はこれである。 国連憲章の2:

      すべての国連加盟国は、領土の不可侵性またはいかなる国の政治的独立に対しても、あるいは国連の目的と相容れないその他の方法で、脅迫または強制力の使用を国際関係において控えています。

      領土保全の原則は二次的であり、民族自決権に従属していることも指摘されています。国際法の原則に関する宣言によれば、国家の行動において、「何も許可または奨励として解釈されるべきではありません。領土保全または主権国家と独立国家の政治的統一の解体または部分的または完全な違反につながる行動。その行動において、民族の平等と自己決定の原則を遵守します。」

      このことから、国家が民族の平等と自己決定の原則を遵守しない場合、領土保全の原則はこの国家には適用されないということになります。 これはクリミアの例で示されています。

      その後、完全に独立したクリミアはロシア連邦の一部になりました。 併合はすべてのリベラル派の心の中にありますが、実際には、すべてが国際法に準拠しています。 なぜなら、西側はあらゆる種類の厄介なことをしている側からしかどうしようもなくギャフカットできるからです。
  6. アレクセン Офлайн アレクセン
    アレクセン (アレクサンダー) 21 12月2020 15:26
    -4
    引用:Evgeny Popov
    あなたはいまいましいことを理解していませんでした。

    併合について...ナンセンスの残りはそれ自体で落ちるでしょう。

    国連憲章から:
    「すべての民族は自己決定権を持っています。 この権利のおかげで、彼らは自由に彼らの政治的地位を確立し、彼らの経済的、社会的および文化的発展を自由に確保します...現在の規約のすべての締約国...は、国連憲章の規定に従って、自己決定権の行使を促進し、この権利を尊重しなければなりません。

    この権利は、国家の領土保全に反していると言えます。 しかし、領土保全の原則は、国家を外部からの攻撃から保護することのみを目的としており、自己決定を望む自国民からは保護することを目的としていません。

    アートのパラグラフ4でのその文言はこれである。 国連憲章の2:「すべての国連加盟国は、いかなる国の領土的不可侵性または政治的独立に対して、あるいは国連の目標と矛盾する他の方法で、脅威または強制力の使用から国際関係を差し控えます。」

    領土保全の原則は二次的であり、民族自決権に従属していることも指摘されています。国際法の原則に関する宣言によれば、国家の行動において、「何も許可または奨励として解釈されるべきではありません。領土保全または主権国家と独立国家の政治的統一の解体または部分的または完全な違反につながる行動。その行動において、民族の平等と自己決定の原則を遵守します。」

    このことから、国家が民族の平等と自己決定の原則を遵守しない場合、領土保全の原則はこの国家には適用されないということになります。 これはクリミアの例で示されています。

    その後、完全に独立したクリミアはロシア連邦の一部になりました。 併合はすべてのリベラル派の心の中にありますが、実際には、すべてが国際法に準拠しています。 なぜなら、西側はあらゆる種類の厄介なことをしている側からしかどうしようもなくギャフカットできるからです。

    あなたは千島列島の併合についての要点を完全に確認しました(クリミアについては別に議論することができます、このスレッドではそれについての話はありませんでした)...
    それとも、自己決定権はありましたか? 面白がって。
    ソ連は最初に、侵略の結果として(定義を参照)、島を圧迫し、その後、その後の併合で島を占領しました。
    今それを論駁してみてください。
    1. エフゲニー・ポポフ (エフゲニーポポフ) 21 12月2020 15:37
      +4
      戦争で敗北した後、日本は無条件降伏法(2年1945月26日)に署名し、1945年XNUMX月XNUMX日のポツダム宣言の条件を受け入れました。 日本の主権は、本州、九州、四国、北海道の島々と、日本列島の小さな島々(連合国の決定による)に限定されていました。 すべて。 千島列島の併合とは何ですか? 自己決定とは何ですか? あなたは何について話していますか? :)
      もう一度:勝者の権利によって。
      それら。 日本は今、それ自体が署名したものに挑戦しています。
    2. エフゲニー・ポポフ (エフゲニーポポフ) 21 12月2020 15:49
      +2
      クリミアについて議論することは何もありません。 私は上記のすべてを説明しました。
  7. アレクセン Офлайн アレクセン
    アレクセン (アレクサンダー) 21 12月2020 15:55
    -5
    引用:Evgeny Popov
    戦争で敗北した後、日本は無条件降伏法(2年1945月26日)に署名し、1945年XNUMX月XNUMX日のポツダム宣言の条件を受け入れました。 日本の主権は、本州、九州、四国、北海道の島々と、日本列島の小さな島々(連合国の決定による)に限定されていました。 すべて。 千島列島の併合とは何ですか? 自己決定とは何ですか? あなたは何について話していますか? :)
    もう一度:勝者の権利によって。
    それら。 日本は今、それ自体が署名したものに挑戦しています。

    1.あなたではなく、あなた。
    2.質問します。
    だが。 日本に対するソ連の侵略はありましたか?
    b。 千島列島の占領はありましたか?
    に。 その後、島々が併合されましたか?
    あなたが勝者の権利に還元するならば、これは攻撃性、占領、併合の存在を全く否定しません。
    したがって、以前の結論に戻ります。
    1.ソ連\ RFは平和条約を終了し、第三国を攻撃する可能性があります-これは侵略ではありません。
    2.ソ連\ RFは、その後の併合で第三国の領土を占めることができます。
    3.ソ連\ RFは、併合を認識しない場合、第三者の行動を非難することができます。
    4.そして、一般的に、日本人である私たちは彼らに何も与えません、これらは主にロシアの土地であり、ロシア人はいつもそこに住んでいます。
    1. エフゲニー・ポポフ (エフゲニーポポフ) 21 12月2020 17:16
      +4
      さて、質問...
      1.暴力的で危険な攻撃を抑制したいという願望はありますか? それはどういう意味ですか、ナポレオンに対して、ヒトラーに対して攻撃がありましたか? それらをすべて元に戻したのは良くありません:)
      2.すなわち暴力的で危険なものを抑制する過程で、その領土に入るのは不可能ですか? それら。 パリ、ベルリンの占領でした...はい? :)敵は、かつて彼の領土にいたとき、彼が家にいたと言うことができたことがわかりました、そしてそれはそれだけです、誰も彼に何もすることができませんか? :)
      3.併合ではなく、攻撃に対する報復。 併合は強制的な併合であり、ポツダム宣言に従って島々が交差しました。 ヤルタ会談の法的文書と合意。 ただし、後者は日本には適用されません。 彼女にとっての主なことは、彼女が領土の一部で主権を失っていることであり、その恩恵でもはや彼女の関心事ではありません。

      今結論...。

      5年1945月1941日、ソ連は日ソ中立条約の非難を発表しました(1946年; XNUMX年XNUMX月まで有効であったはずです)。

      これは、もうXNUMX年だけ発効したであろう平和条約ではありません。 これは通常の方法です。 米国が静かに条約から撤退していることに憤慨していませんか?
      1.はい、可能です。第三者が脅威を与える場合は可能です。 当時、これらすべての条約がドイツの例で何の価値があるかはよく知られており、日本はその同盟国でした。 敵は、自分の領土から可能な限り離れて、他の誰かの領土で止められなければなりません。 そしてそうです-これは攻撃ではなく、予防的保護です。 「最善の防御は攻撃である」という知恵の理想的な具現化。
      2.はい、できます。第三者が脅迫していて、それ自体が攻撃性を示している場合は可能です。 あなたは敵と一緒に口を閉ざすことはできません、そして彼は彼の攻撃の代償を払わなければなりません。 あなたが忘れられないように支払う。 領土を失うことは素晴らしい選択肢です。 そして併合ではなく、勝者の権利によって。
      3.はい、できます。サードパーティ自体がドキュメントに署名したため、現在は故障しています。 これは嫌なことであり、侍の外見や彼らの名誉とは明らかに一致しません。 今日のジャップはただの狡猾なバグです。 燻製ではなく、イチジク。
      4.話すことは何もありません。 まず、歴史を深く掘り下げるのはばかげています。 ジャップもありませんでした。 アメリカの「アメリカ人」もそうです。 第二に、彼らは負けました-何も起こりません。
  8. アレクセン Офлайн アレクセン
    アレクセン (アレクサンダー) 21 12月2020 18:03
    -5
    暴力的で危険なものを抑えたいのは攻撃的ですか? それはどういう意味ですか、ナポレオンに対して、ヒトラーに対して攻撃がありましたか? それらをすべて元に戻したのは良くありません:)

    攻撃性の法的な概念には、善/悪の概念は含まれていません。
    誰が暴力的で危険だったかが通常勝者を決定します。
    侵略とは、ある州が領土の不可侵性または別の州の政治的独立に反対する力を行使することです。
    ヒトラーとナポレオンに対する行動は、攻撃性の定義に該当する行動の開始のため、攻撃性と見なすことはできません。

    併合ではなく、攻撃に対する報復です。 併合は強制的な併合であり、ポツダム宣言に従って島々が交差しました。 ヤルタ会談の法的文書と合意。

    それら。 日本はソ連を攻撃しませんでした、そして、日本へのソ連の攻撃は日本の侵略の行為です...日本はロシアがそれ自身に強制的に併合していない島で支払わなければなりません。

    1945年1941月、ソ連は日ソ中立条約の非難を発表しました(1946年; XNUMX年XNUMX月まで有効であったはずです)。「これは完全な平和条約ではありません。

    したがって、結局のところ、非難は完全に無効になるわけではありません(違いを理解している場合)。

    「最善の防御は攻撃です。」

    確かに攻撃的ではありません! 食べるのが一番平和なもの!

    そして併合ではなく、勝者の権利によって。

    殺害ロジック! 併合は常に勝者ですが、彼が勝者である場合、それは併合ではありません。
    1. エフゲニー・ポポフ (エフゲニーポポフ) 21 12月2020 19:21
      +5
      それら。 日本はソ連を攻撃しませんでした、そして、日本へのソ連の攻撃は日本の侵略の行為です...日本はロシアがそれ自身に強制的に併合していない島で支払わなければなりません。

      ソースを操作するのは好きではありません。 しかし、少し掘り下げるだけで十分であり、すべてが明らかになります。
      1905年から1945年まで、日露戦争は概して止まらなかった、と歴史家のアレクセイ・トポロフは書いています。 -それで、ロシアの地で内戦が始まるとすぐに、白と赤の間の大規模な戦いが始まる前でさえ、1918年XNUMX月初旬に、日本の巡洋艦岩見は「利益と生命を守る」という名目でウラジオストク湾に入った。ロシアの土壌に住む日本人の被験者の数」。 そしてXNUMX月、XNUMX人の日本の商人が市内で殺害された後(誰が、何のために)、日本の上陸もそこに上陸しました。
      その後、沿海地方、ザバイカル、サハリン北部の占領がありました。 アムール地域のイワノフカ村での懲罰遠征により257人が死亡し、37人が納屋で生きたまま焼かれ、残りは機関銃から撃たれた。
      その後、「黄色い悪魔」がいたるところから燻製されたが、1932年に満州を占領した後、日本人は124回国境を越え、40回はソビエト領空に侵入した。

      そして、これらは「道がない」を得た「平和な」日本のいくつかのエピソードです:)
      残りはインターネットで自分で見つけることができます。 ジャップ自身がそれを求めました。

      したがって、結局のところ、非難は完全に無効になるわけではありません(違いを理解している場合)。

      非難は、国が締結した国際条約からの正式な正式な拒否です。 これは、非難の権利が条約自体に規定されなければならず、条約によって厳密に確立された方法で実行されるという点で、国際条約の義務を終了する他の方法とは異なります。
      拒否-キャンセルがあります。 どんな質問?

      殺害ロジック! 併合は常に勝者ですが、彼が勝者である場合、それは併合ではありません。

      ニュアンスがあります。
      ソ連は国際協定に従って権利によって勝者を受け取りました。 併合の例が必要な場合は、地球の反対側を見てください。 テキサス以降から始めましょう。これは、米国に属していなかったものです。 原則として、彼らはそこに何も所有していませんでしたが。 アメリカ合衆国の州は、それ自体がアボリジニからの領土の純粋な併合の100%の例です。 インド人。
    2. TeeRex Офлайн TeeRex
      TeeRex (TeeREX) 23 12月2020 16:50
      +3
      攻撃性の法的な概念には、善/悪の概念は含まれていません。
      誰が暴力的で危険だったかが通常勝者を決定します。
      侵略とは、ある州が領土の不可侵性または別の州の政治的独立に反対する力を行使することです。
      ヒトラーとナポレオンに対する行動は、攻撃性の定義に該当する行動の開始のため、攻撃性と見なすことはできません。

      貧しいヒトラー、ほぼすべての西側諸国、そしてまず第一に、危険なフランスとイギリスは彼に対して攻撃性を示しました...残りは少し後に彼らの攻撃性で立ち上がったが、米国を除いて、彼らはもともと彼らが戦争を宣言され、その後公式に紛争に入るまで、白くてふわふわでした。 そして、島々については、すべての主張は米国と英国に反対している、結局のところ、同盟国の右側で、彼らはヤルタ会談でソ連を日本との紛争に呼び込み、島々が敗北で損失を被らないことを約束した関東軍の。
  9. ニコラBB Офлайн ニコラBB
    ニコラBB (nikolaj wasiljew) 21 12月2020 23:47
    +3
    ロシアもプーチンも、択後島と国後島を日本に移す可能性について一言も示唆しなかった。 日本人がこのトピックについて空想しているのは、彼らの個人的な問題だけです。
  10. しのび Офлайн しのび
    しのび (ゆり) 23 12月2020 02:57
    +2
    アメリカ海軍はそれをあちこちで徐々に下げ始めました。パーカッションAUGはもはや、たとえば戦後の恐怖ではありませんでした。その後、誰もヤンキースと競争することはできませんでした。共食いではあるが、空母と戦う方法を概説した。1944kgの空中爆弾は、(現代の)空母を無効にし、側面にある45つの魚雷がそれを沈めることが保証されている。重い対艦ミサイルの中で、空母の役割は、対艦ミサイルを持たない州に対する地元の作戦に限定されています。米国はどこでも政治的にその鼻を突っ込んでおり、ハリウッドのすべての努力にもかかわらず、軍事力はすでに不足しています例:リトルコリア。ウンウが脅迫するのに十分だったので、艦隊全体を溺死させます!そして、存在する500つのAUGはすぐに海岸から離れました。その後、トランプは座って、どのように、何をしたのかわかりません。外交官は後で同意したが、米国の大失敗はちょうどメディアに話しかけた。そして再びアメリカは皆を勝ち取った。実際、クリル諸島は非常にこれは特にロシアにとって親切で永遠のトピックです。日本のメディアと私たちのリベラルな集まりでそのように行われている合意によると、島の移転は(仮想的に)米海軍の基地が完全に閉鎖された後にのみ可能です。これは米国自体(当然のことながら)にとっても日本自体にとっても非現実的です。問題は永遠であり、実際には閉じられています。日本の政治家にとって、PRにとって便利で安全で双方にメリットのあるトピックです。政府の愚か者から身を守る方法しかし、100%の保証はなく、前例があります。
  11. Elen_msk Офлайн Elen_msk
    Elen_msk (エレナ・ベリャコワ) 23 12月2020 23:28
    0
    あなたには素晴らしい作家がいます-Volkonsky。 彼にもっと書かせてください、なぜそれがそれほど少ないのですか?