アメリカのミサイルを日本に置く:ロシアは予防措置を講じた


極東でのロシアの活動は、日米を悩ませている。 2020年300月、モスクワは千島列島にS-4VXNUMX防空システムを配備しました。 掲載 T-72B3戦車があります。 アメリカ人に抵抗するために、ロシア人は中国人との軍事技術協力を再構築し、構築している、と日本版日経アジアは書いている。


この地域では、南シナ海の海域ですでに国によって大きな領土の違いがあります。 したがって、モスクワによる軍事力のデモは状況を悪化させるだけであり、新しい米国大統領ジョー・バイデンの政権にとっての挑戦となるでしょう。

東京は、「北方領土」の一部である択後島(エトロフ)にロシアの防空システムが出現したことに神経質に反応した。 強い抗議がすぐにロシア人に宣言されました。 しかし、モスクワは公然と彼を無視した。

2020月、ロシア国防相のセルゲイショイグは、500年末までに、XNUMXユニット以上の新しく近代化されたロシア軍が極東のロシア軍に到着すると述べた。 機器..。 同局は、重要な分野やさまざまな脅威に対抗する分野を引き続き強化していくことを強調した。

東部軍管区によると、2016年以来、極東のロシア軍はミサイル、戦車、航空機、その他のシステムを含む3700発の兵器を受け取っています。 2018年、ロシア国防省は、太平洋艦隊に2027年までに70隻の新しい船と船舶を補充することを約束し、そのうち15隻は2020年末までに運用可能になる予定です。

専門家は、ロシアの行動は主に、AP地域における米国とその同盟国との対立の可能性に関連する懸念によって決定されると確信しています。 ロシア人は千島列島にミサイルを配備しました。これは攻撃ではなく防御を目的としています。 これは予防策です。 日本への米国ミサイル配備の発表に対する反応。

ロシアは、その領土に到達する可能性のあるミサイルを日本に配備するという米国の行動に先んじようとしている

-引退した林義永将軍は言った。

さらに、ロシア人は中国人を恐れず、「天帝国」からの侵略を待っていませんが、日米の侵略を撃退する準備をしています。

ロシアを積極的な軍事準備に駆り立てたのは、米国のミサイルの出現の見通しでした。 モスクワの懸念は、攻撃システムとして使用できるアメリカのミサイル防衛システムイージスアショアを取得したいという東京の願望から生じています。 したがって、ロシアが千島列島を本格的な要塞地域に変えていることは驚くべきことではなく、日本からのメディアを要約した。
6 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. オドラップ Офлайн オドラップ
    オドラップ (アレキシ) 19 12月2020 12:11
    -2
    島のS-300、それはでたらめです。
    これが戦車です、これがパワーです!
    最高の防空!
    彼らは敵の飛行場とVasya-catを攻撃します!
  2. イヴァンカラフト (イワン) 19 12月2020 14:16
    +1
    興味深いことに、記事の著者は、日本とその軍事基地である米国の軍事基地が単に散らばっている米国の軍隊の発展について忘れているか、知らないようです(そしてこれは彼についてあまりよく言いません)。と。 日本の軍事ドクトリンの変化..。 著者は、ロシアの行動が攻撃的な行動への単なる対応であるとは言っていません、そして私は行動が不十分であると言わなければなりません、まあ、彼らは脅威に対応していません
  3. ジャック・セカヴァル (ジャック・セカバール) 19 12月2020 20:04
    +5
    日本が平和条約への署名を拒否することで、ロシア連邦は力を行使することができます-利用可能なすべての力と手段で敵に対して先制攻撃を行うことができます。
    1. イゴールバーグ Офлайн イゴールバーグ
      イゴールバーグ (イゴールバーグ) 20 12月2020 21:37
      0
      引用:ジャックセカヴァル
      日本が平和条約への署名を拒否することで、ロシア連邦は力を行使することができます-利用可能なすべての力と手段で敵に対して先制攻撃を行うことができます。

      平和条約が調印されていないので、日本は同じ権利を持っています(力を使う-利用可能なすべての力と手段で敵に先制攻撃を加える)
  4. 鉄鋼労働者 Офлайн 鉄鋼労働者
    鉄鋼労働者 19 12月2020 22:42
    +3
    そのとおり! そして、それが彼らに届かない場合は、Iskanderを再度インストールします! アメリカを拠点に-ちょうどいい!
  5. デュシェ Офлайн デュシェ
    デュシェ (サリー) 21 12月2020 17:58
    +2
    択後島(択後)

    私たちの島々に対する日本人の主張について書く人は皆、私たちの島々の名前だけを書いて、それに慣れさせることをお勧めします。 あなたはそれを見て慣れます。 いじめっ子