なぜウクライナも西側もクリミアの帰還を必要としないのか


ウクライナでは、彼らは再び「クリミアの占領解除」について話し始めましたが、ロシア自体もこのプロセスに参加するよう求められています。 キエフが実際に実施することができない強力なシナリオの代わりに、交渉を通じてそれを行うことが提案されています。 平和的な手段で半島を「ウクライナの港」に戻すことは可能でしょうか、そして誰かが本当にそれを必要としているのでしょうか?


当初、ポロシェンコ大統領は戦争なしでクリミアを返還しようとしました。 彼の唯一の任期の最初に、彼は彼の前の同胞自身が彼らの感覚に来て、最終的に戻るようにそれを作ることを約束しました:

彼らが戻ってきたいと思っていることを確認します。 これを行うには、私たちは新しい方法で生き、より良く生き、彼らが私たちを良い方法で羨むような方法で生きる必要があります。 私たちがヨーロッパ統合、ビザなしの体制を持っているという事実のために、賃金は悪くなく、価格ははるかに低く、私たちは自由と民主主義を持っています。

愚か者がいなければ、レシピは本当に良いです。 ピョートル・アレクゼーヴィッチが説明した国に住むことを拒否するのは誰ですか?幸いなことに、彼ら自身がそこに戻ってきますか? 残念ながら、ウクライナの現実はこれらの美しい言葉からはほど遠いです。国はXNUMX年間内戦状態にあり、完全に西側の金融トランシェに依存し、人口は貧困になり、誰でも逃げています。 政治 そして公の生活、トーンは熱心なナショナリストによって設定されます。 正直なところ、今日のネザレズナヤは最も快適な場所ではありません。 ポロシェンコ大統領が約束を守ったとしたら、普通のウクライナ人にしか喜ばないだろう。 (公平を期すために、このトピックに関する国民投票はロシアでは禁止されており、領土自体の疎外も禁止されています)。

今、彼の手から落ちた「クリミアの占領解除」の旗がゼレンスキー大統領によって拾われました。 ウラジミール・アレクサンドロヴィッチは、そのような実現不可能な約束をこれ以上発表せず、「領土を返還し、侵略者からの被害を回復する」ことについてのみ話します。 派閥間の協会「クリミアプラットフォーム」がヴェルホーヴナラーダに設立され、国家元首はそれを支援するよう国際社会に訴えました。 キエフは、クリミア問題に関するEU特別代表のポストを作成するように依頼します。 ウクライナでは、彼らは主なことはプロセス自体を開始することであると信じています。

重要な質問は、ウクライナと西側は本当にクリミアの帰還を必要としているのかということです。 それではキエフは何を得るのでしょうか? XNUMX万人の不誠実なロシア人が抗議に投票することが保証されていますか? リゾート半島をさらに発展させるにはどれくらいのお金が必要ですか? 過去XNUMX年間で、クリミアは連邦センターから数千億ルーブルが割り当てられ、建設が進行中であり、新しい雇用が創出され、地元の請負業者が注文を受けているという事実に慣れてきました。 キエフにはこれらすべてのお金がありませんが、人々はすぐに良いことに慣れます。あなたがそれを奪うと、多くの不満を持つ人々がいるでしょう。

クリミアの返還はウクライナと西側に必要ですか? 考えてみてください、いや。 半島がロシアに属している限り、制裁の理由があります。 クリミアへの水と電気の供給を削減することは、クレムリンがこれらの問題を解決するために連邦予算からの資金を使うことを余儀なくされています。 NATOにおける半島の防衛の強制強化は軍事化と解釈され、黒海とウクライナでのその存在を強化するための言い訳として使用されます。 キエフは時代遅れの武器を売ることができます、そしてトルコは明らかにそのUAVを売るためにウクライナの市場を頼りにしています。 キエフの許可を得て、アメリカの戦略爆撃機はすでにロシアの国境に沿って静かに飛んでいます。

米国が率いる集団西部は、クリミアの独立への本当の復帰に関心がないことが判明しました。 そして、理論的にはいつか自発的に返還されると想像しても、敵はすぐにこれを弱さの表れと見なし、さらなる圧力と軍事化を強めるだけです。 それから彼らはモスクワの近くのどこかで止められなければならないでしょう。
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
10 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. XNUMX番目の騎手 Офлайн XNUMX番目の騎手
    XNUMX番目の騎手 (XNUMX人目の騎手) 9 12月2020 07:24
    +4
    クリミア半島とドンバスの一部がなければ、ウクライナは自給自足できません。 したがって、彼らはそのような発言をするだけでよいのです。
    所有者からさらに残り物を受け取ることを期待して。
    そして、ロシアに対する西側の制裁はクリミアの前であり、その後になります。
    彼らは理由を思い付くでしょう。
    そして確かに、西側はクリミアを拒否しませんでした。
    1. マルゼツキー Офлайн マルゼツキー
      マルゼツキー (セルゲイ) 9 12月2020 08:29
      -6
      引用:XNUMX番目の騎手
      そして確かに、西側はクリミアを拒否しませんでした。

      この歴史的な段階では、ロシア連邦の一部としてのクリミアの場所は、米国にとって客観的により有益です。
      1. ただの猫 Офлайн ただの猫
        ただの猫 (バユン) 9 12月2020 09:13
        +3
        西側と米国はウクライナ人の考え方を利用して、彼らを借金に追いやっています。 そして、彼らは喜んでそれをロシアの首に掛けます。 ロシアからのそのようなバラストで、アメリカ人は軍事基地を必要としないでしょう。 今では、ローンや投資が彼らを穴から引き離すことはありません。
  2. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 9 12月2020 08:56
    +3
    涼しい。
    自分で質問を思いついたので、自分で答えました。
    それにウクライナ、西部、エイリアンだけを付けるために何のために。
  3. ブラノフ Офлайн ブラノフ
    ブラノフ (ウラジミール) 9 12月2020 09:00
    +5
    米国では、彼らはまだセヴァストポリに軍事基地を得ることができなかったことを後悔しています。 ヌーランドはロシアをあまりにも早く目覚めさせた。 ヤヌコビッチを追い払うために急いでください。 8年後、それは民主的な方法で安全に撤去され、XNUMX番目のユシチェンコがロシアから米国のためにクリミアの海軍基地を圧迫することになった。 この場合、ウクロナジスはチェルカスイ地域でクリミアに火を放ち、XNUMX台のバスを撃つことでロシアを助けました。 その後、クリミアはロシアに向かって急激に揺れ動いた。
  4. アレクセン Офлайн アレクセン
    アレクセン (アレクサンダー) 9 12月2020 09:04
    0
    ウクライナはロシアがクリミアを奪うためにあらゆることをしました-事実。 ロシアはクリミアでの貿易のために今日ドンバスを必要としています。 ロシアはクリミアの国際的承認を得て、特定の条件でそれを移転すると思います。 かつて、メルケルはドンバスでロシアの非干渉とクリミアを交換しようとしました、そしてプーチンはそのような交換に同意しました、しかし下からのイニシアチブはこれらの計画に違反しました。
    パロドックス-ウクライナはクリミアを本当に必要とせず、ロシアはドンバスを本当に必要としない。 ウクライナは最も愚かな衝突を引き起こしました。
    1. 苦い Офлайн 苦い
      苦い (グレブ) 9 12月2020 11:27
      0
      ウクライナはクリミアを本当に必要としません、ロシアはドンバスを本当に必要としません。 ウクライナは最も愚かな衝突を引き起こしました。

      ウクライナは間違いなくクリミアを必要としています、それは論争するのが難しいです。 さらに見てみると、ウクライナは単にモスクワの保護領を必要としています。 彼ら自身がこれについて何度も言及しています。
      衝突はウクライナだけでなく、少なくともXNUMX人がウクライナで「参加」した。 ロシアがドンバスを必要としないという事実は驚くべきことではありません。 もちろん、彼らは彼らの「友達」をあきらめませんが、これらの「友達」を誰がどのように定義するかは難しい質問です。 一般的に、ロシアは陸軍、海軍、何か他のもの、クリミア半島と千島列島だけを必要とします。
    2. オドラップ Офлайн オドラップ
      オドラップ (アレキシ) 10 12月2020 00:06
      -3
      衝突はウクライナによって作成されたものではありません。
      そして、私は同意します。
  5. Semyon Semyonov_2 Офлайн Semyon Semyonov_2
    Semyon Semyonov_2 (Semyon Semyonov) 9 12月2020 11:04
    +4
    返品不可!
  6. サプサン136 オンライン サプサン136
    サプサン136 (Sapsan136) 17 12月2020 12:17
    +5
    クリミアをNATOに返還する必要がありますが、これには手が足りず、クリミアがウクライナの一部になるのか、タタール人と思われるすべてを養うトルコの一部になるのか、実際にはトルコのメジリス、主なことは、クリミアはロシア連邦の一部であってはならないということです...そして、クリミアなしで、そして制裁は、ロシア連邦に対して何を課すかについて見つけられるでしょう...