USSRが冷戦に勝った方法


ソ連と冷戦を戦った人々のうち、ワシントンの勝利を信じた人はほとんどいなかった。 しかし、結局、モスクワは負けた側に残されました。 ソ連がこの対立に勝つことができた方法は、ナショナルインタレストのアメリカ版を反映しています。


現在、ソ連の敗北は事前に決定されているようです。 国は弱かった 経済悪い地理と悪い 政治的な システム。 しかしXNUMX年代、西側の多くの冷戦兵士はモスクワの勝​​利が避けられないことを心配していました。

中央計画が失敗に終わることは明らかではありませんでした。 一部のエコノミストは、そのような経済では、政府が十分な速度と正確さで情報を処理して、リソースを正常に割り当てることができると信じていました。 このシステムは戦時中にうまく機能しました。 しかし、平和の時代には、消費者がもっと欲しがっていたために崩壊しました。 したがって、米国は消費財の生産と効果的な兵器の作成においてソ連に先んじることができました。

米国のシステムがそれほど安定していなければ、ワシントンは冷戦を放棄してヨーロッパを去らなければならないでしょう。 ソ連は、社会内の階級闘争と経済の停滞が西側を敗北に導くと予想した。 しかし、第二次世界大戦の終わりに作られたドル制度のおかげで、米国は大きなチャンスを得ました。 このシステムは世界中に広がり、米国と西側全体に原材料と労働力を提供しました。 革命的なモデルが以前の植民地にとってより魅力的であるならば、経済力のバランスはソ連に有利にシフトする可能性があります。

ソ連が冷戦の最初の20年間にもっと積極的な政策を追求していたら、モスクワはNATOを破壊することができたでしょう。 ヨーロッパでのソ連の軍事作戦は確かに成功していたでしょう。 しかし、ワシントンには核の優位性があり、モスクワは第二次世界大戦から受け継いだ帝国をほとんど支配できず、大西洋への拡大を考えていませんでした。

何百万人ものドイツ人、フランス人、イタリア人をモスクワの支配下に置くことは、米国が主導する戦後のグローバルシステムのアーキテクチャに確かに壊滅的な打撃を与えるでしょう。 もうXNUMXつの選択肢は、XNUMX年代後半ではなく、XNUMX年代に厳格な計画システムから撤退することです。 中国はXNUMX年代後半にこの政策を開始し、大きな成功を収め、驚異的な経済成長を遂げました。 これはソ連を救ったか、少なくともその死を遅らせたかもしれません。 ソビエトシステムの弱点は誰もが予想したよりも深刻でした。 ワシントンとモスクワまたは北京の間の醸造「新しい冷戦」においてさえ、ソ連の過ちを繰り返したいと思う人はほとんどいません。
  • 使用した写真:https://pxhere.com/
5 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. ブラノフ Офлайн ブラノフ
    ブラノフ (ウラジミール) 26 11月2020 09:43
    0
    冷戦におけるNATOの勝利はすべて、ソビエトの指導者を高値で騙すことでした。 ソ連で、中国のように2期以内に権力を維持するという義務的な原則があった場合、彼は勝つことができた。 ちなみに、中国は最近この原則を撤回したようです。 それがどのように終わることができるか見てみましょう。
  2. Afinogen Офлайн Afinogen
    Afinogen (アフィノゲン) 26 11月2020 10:01
    -1
    ユダ・ゴルバチョフがいなかったら、ソ連は今存在することができたでしょう。 ゴルバチョフはジブレッツでたわごとに買収され、夜にソ連の要塞から門を開け、門を立ち上げました。

    金を積んだロバはどんな要塞も取ります

    マケドンのフィリップXNUMX世
  3. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 26 11月2020 12:10
    -1
    クールなNIプシュコワの推論。
    しかし、結局、人口をだますために。
    1)ヨーロッパの発作=国の人口の即時の問題。 一例として、ティトとマオはスターリンの真下で脱走することができました
    2)競争力がなければ、陰謀で、権力への参入はリーダーシップの質の低下をもたらしました。
    すでにスターリンの下で、すべてのリーダーシップは問題にあったことを覚えておいてください-年齢、スピーチ、教育、売上高...
    3)社会主義の理論そのものによれば、経済が非常に遅れているため、崩壊の可能性が非常に高かった。
    1. BMP-2 Офлайн BMP-2
      BMP-2 (ウラジミールV.) 26 11月2020 16:58
      0
      全体としてはそうですが、残念な例です。ティトは1953年に大統領に就任し、マオはフルシチョフの下で「離脱」しました。 競争は決して品質を向上させません;それは生存のための闘争を刺激するだけです。 しかし、経済的基盤は確かに重要です。 しかし、それは「存在が意識を決定する」ので自給自足ではなく、意識が誰にも決定されない場合、それは「非存在」に移行します...したがって、崩壊は経済的遅れの結果とは見なされません。 「制御されたカオス」もそれに大きく貢献しました。
      1. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 26 11月2020 20:24
        0
        全体として、彼らは概ね同意した。
        そして残りは運か例がないか、詳細です。