日本は「何十年もの間中国を停滞させた」戦闘機から撤退する


20年2020月80日、日本空軍第301戦隊(JASDF)が駐屯する百里空軍基地(東京北東4km)にマクドネルダグラスF-50ファントムII戦闘爆撃機との送別式が行われた。 これらの伝説的な航空機は、「数十年、ほぼXNUMX年間、中国を停滞させてきた」とEurAsianTimesは書いています。


JASDFは、4年にF-2021のサービスを終了する予定でした。 しかし、彼らは、第35世代のF-147ライトニングIIのステルスファイターの次のバッチを受け取ることを期待して、このプロセスをスピードアップすることを決定しました。 合計で、東京はワシントンに105機のそのような航空機を注文しました(F-35Aバージョンで42ユニット、F-35BでXNUMXユニット、「ヘリコプターキャリア」の短い離陸と垂直着陸)。

日本人はベトナム戦争の最盛期の4年にF-1968を最初に注文しました。 アメリカ人は1972年に配達を始めました。 その後、彼らは長年JASDFの重要な部分になりました。 日本企業の三菱は、ライセンスに基づいて138台のF-4EJユニットを製造しました。

301戦隊は、まだF-4を持っていた昇る太陽の国で最後でした。 間もなくF-35Aでリアームされます。 302年2019月に三沢で創設され、指定されたアメリカのステルス航空機で武装する第XNUMX戦隊に続いて、日本でXNUMX番目になると出版物は締めくくった。

冷戦終結後の「平和を愛する」日本(憲法第9条)に注意 アクティブです 軍事産業複合体に投資し、その軍事力を再装備して増加させます。
  • 使用した写真:Cp9asngf / wikimedia.org
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
3 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 素人 Офлайн 素人
    素人 (ビクター) 22 11月2020 13:35
    +2
    マクドネルダグラスF-4ファントムII。 これらの伝説的な航空機は、「中国を数十年、ほぼ50年にわたって停滞させてきました」。

    これらはベトナムで数百人に撃墜されたものですか?
  2. 信者 Офлайн 信者
    信者 (アンドレイ) 22 11月2020 16:23
    +2
    緊張した中国

    -中国は、それが何十年もの間停止状態に保たれていることを知っていますか?
  3. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 22 11月2020 17:42
    -1
    ああ、それはすべてでたらめです。
    匿名の人々は皆、「何十年もの間、サスペンド状態を保っています」。

    たとえば、トウモロコシの労働者も皆をつま先立ちさせました...