最新のロシアの複合施設「Navodchik-2」がドンバスで発見されました


ルガンスクでは、最新のロシアの複合施設「ガンナー-2」の場所が記録されました-この戦闘 テクニック ドンバスでの敵対行為の間に最初に見られました。 OSCEのオブザーバーによると、Gunner-2は当事者の連絡線から12キロ離れた場所にあります。


ドンバスのNavodchik-2地上管制局の位置に関する最初のデータは、14年2020月10日のOSCE SMMレポート資料に含まれていました。この手法は2月XNUMX日のレポートに記載されていましたが、新しいドキュメントでは、UAVコントロールポイントとして正確に識別されました。ガンナー-XNUMX "。 無人航空機を保管および移動するためのXNUMXつのボックスがコントロールステーションの近くに見られました。

「Gunner-2」は、軍事および特殊任務に使用されます。特に、MLRSおよび大砲砲のオブジェクトの座標を見つけるために使用されます。 この複合施設には、地上管制局、「グラナト」タイプ1〜4のドローンが含まれています。合計10つのドローンが用意されており、その範囲は100〜XNUMXkmです。 以前は、この複合施設はアルメニアのロシアの基地や、ツキンバリ(南オセチア)の軍事演習で使用されていました。
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
9 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. バレンタイン Офлайн バレンタイン
    バレンタイン (バレンタイン) 20 11月2020 17:13
    +5
    Lugansk、Donetsk、HorlivkaのDzerzhinsky部門はすぐに気付かれることでしょう。
    1. Boriz オンライン Boriz
      Boriz (ボリス) 20 11月2020 19:50
      +9
      Lugansk、Donetsk、HorlivkaのDzerzhinsky部門はすぐに気付かれることでしょう。

      ...マリウポル、ニコラエフ、オデッサで..。
  2. ジェネラルブラック (ジェンナディ) 20 11月2020 22:23
    +3
    それだけの価値があり、価値があるのに、なぜヒステリーが無駄なのですか? これからルガンスクは害はありません。 ここにそれは立つでしょう、そこでの問題は何ですか?
  3. アリンマート81 Офлайн アリンマート81
    アリンマート81 (アリナ・マルティネンコ) 20 11月2020 22:53
    +3
    これは、14年2020月XNUMX日のOSCE SMMレポートであり、このサイトのうそつきが参照しています。
    あなたが作品で言ったことの言及を見つけてください。

    https://www.osce.org/files/2020-11-14%20Daily%20Report_RUS.pdf

    チェックせずにウクライナの偽物にコメントしないでください。そうしないと、あなた自身が愚かになります
  4. ユーリ・ブライアンスキー (ユーリ・ブライアンスキー) 21 11月2020 07:21
    +2
    私たちはポスト、小隊、港にいます...
    私たちは国の軍隊であり、人々の軍隊です!
    1. モンスター脂肪 Офлайн モンスター脂肪
      モンスター脂肪 (違いは何ですか) 21 11月2020 09:51
      0
      カモフラージュなし...ドローンの良いターゲット...
  5. イヴァンカラフト (イワン) 21 11月2020 10:28
    +4
    ドンバスのウクライナの「rozvidka」は「Armata」から「Su-57」まで「気づかなかった」のは何でしたか
  6. ブラチナン3 Офлайн ブラチナン3
    ブラチナン3 (ジェンナディ) 21 11月2020 10:32
    +2
    ドンバスがバンデラとの戦いに備えていればいいですこれはとても良いです! そして一般的に、最新のロシアの武器はどこかでテストする必要がありますか?!
  7. ニコライ・コヴァネンコ (ニコライ・コヴァネンコ) 21 11月2020 23:47
    +1
    私たちのバチルスがない航空機ステーション? あなたとShoiguはメディアの架け橋にいるべきですか?