軍隊を日本から撤退させると、米国は彼らを地域全体に分散させるでしょう


米国は、日本の沖縄県から軍隊を部分的に撤退させ、太平洋全体に配備している。 ハワイアンはそれについて書いています ニュース ホノルルシビルビートポータル。


軍人を受け入れる準備ができている新しい施設は現在、グアム、北マリアナ諸島、ハワイ、そしてオーストラリアでも完成しています。 建設は日本の当局によって資金提供されています。 米軍の使用から解放された領土は、沖縄県当局に返還されます。

以前、メディアは、両国間の同盟の拡大の一環として、米国が海兵隊の総数の約半分、つまり約9000人の軍隊をグアムとオーストラリアに撤退させるという合意に達したと報じた。 北マリアナ諸島とハワイは、これまで基地の移転の対象にはなりませんでした。

さらに、一部のオブジェクトは同じ沖縄内で、ただし人口の少ない部分に転送されることが発表されました。

以前は、県内の米軍関係者の行動が批判や抗議の原因でした。 ここのアメリカ人はしばしばレイプ、道路事故、戦いを含む犯罪記録の英雄になります。 さらに、定期的な運動は地域住民やインフラに脅威をもたらします。

沖縄県における米軍の重要な存在は、何年もの間緊張を引き起こしてきました。 同じホノルルシビルビートのレポートによると、沖縄は日本の陸地全体の1%未満しか占めていませんが、日本にはアメリカの軍事基地の50分のXNUMX、そしてXNUMX万の派遣団全体の約半分があります。

以前、多くの専門家やメディアは、日本政府も国民も米国との同盟関係を真に断ち切ることを望んでいないという事実をすでに指摘しています。 島民の一般的な意見によると、米軍はこの地域の平和と安定を維持しているので、誰も彼らの完全な撤退を望んでいません。 それは明らかに過剰な存在を減らすことの問題にすぎません。

沖縄県は1945年から1972年にかけてアメリカの占領下にあり、その後、他の琉球諸島とともに日本の主権に復帰した。 このように、米国では、当時の日本社会に存在していた反米主義の熱気を和らげることを望んでいました。

日本での米軍部隊の削減にもかかわらず、実際には、二国間協力は勢いを増しているに過ぎないことに留意されたい。
  • 使用した写真:https://www.facebook.com/USForcesJapan/
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.