アメリカの超音速OTRKは1600kmの距離でターゲットを攻撃します


ペンタゴンの命令によりOpFiresプロジェクトの一部として開発されている、超音速グライダーを備えた有望な戦術ミサイルシステムの航続距離は1600kmになります。 Breaking Defenseによると、Avangardのアメリカのアナログの飛行テストは2023年に予定されています。


OperationalFiresと呼ばれる有望な複合施設の開発は昨年始まりました。 Lockheed Martin、Exquadrum、Aerojet Rocketdyne、Sierra Nevadaは、超音速グライダー用の発電所の建設に参加しました。 今年の終わりには、プログラムの第XNUMX段階が行われ、その中で企業は有望なユニットの大規模なベンチテストを実施します。

機体はレイテオンが開発中です。 DARPA代理店との対応する契約は2019年春に署名されました。 昨年の夏、開発者は有望な機体のドラフト設計を擁護し、現在その技術設計に従事しています。

OpFiresだけが超音速兵器のプロジェクトではないことを思い出してください。これは、私たちの国ですでに採用されているロシアの「アバンガード」に対応して米軍によって実施されています。 DARPAは、ARRW空中弾道ミサイル、PrSM戦術弾薬、LRHW中距離複合施設にも取り組んでいます。
  • 使用した写真:DLRドイツ航空宇宙センター
3 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. コメントは削除されました。
  2. GRF オンライン GRF
    GRF 27 10月2020 08:04
    0
    彼らは持っているでしょう(さらに記事には翻訳不可能なパンがあります)、そしてそれはすべてではありませんああ...
  3. 影 Офлайн
    27 10月2020 22:08
    +1
    アメリカは一度にXNUMXつの方向にハイパーサウンドになると彼らが報告したことも覚えています。 今、残っているのはXNUMXつだけです。
  4. クーパー Офлайн クーパー
    クーパー (アレクサンダー) 23 11月2020 01:26
    +1
    ええ、そうなります。 別のアメリカ人の見せびらかし。 笑い