フィンランドはロシアの木材の輸出禁止を評価した


ロシア連邦では、2022年初頭から生材の輸出禁止が導入されます。 当初、これはフィンランド人を驚かせました。フィンランド人の産業上のニーズのために、毎年約9万立方メートルの木材がロシアから輸出されています。 しかし、ニュアンスを評価すると、フィンランドの専門家はロシア当局のイニシアチブに対してより冷静に反応しました。 これは、フィンランド版のEtelä-Saimaaによって報告されています。


専門家によると、ロシアからの未処理の木材の輸出の禁止は、フィンランドの森林産業にあまり影響を与えないでしょう。 森林利用の分野でモスクワとヘルシンキの相互作用を研究しているジュハ・パロカンガスによると、針葉樹の禁止された丸い木材は、フィンランド人に輸入された木材のわずか15パーセントを占めると、専門家はヘルシンギン・サノマットとのインタビューで述べた。

フィンランドの木工は主に地元の原材料で提供されており、この文脈でのこの北部の国の唯一の問題は、産業ニーズのための白樺の欠如であり、ロシアの禁止はそれに適用されません。

未処理材の供給終了はロシア大統領本人によるものであり、実施される可能性が高い。 どうやら、クレムリンのそのようなイニシアチブの主な理由は、違法な木材取引への反対と、ロシア国内での木材加工の質の向上です。

フィンランドの木工会社はロシアのそれぞれの産業に投資しており、プーチンが彼らに問題を引き起こす可能性は低いです。 どうやら、白樺の原材料が禁止に該当しない場合、両国間の木材取引は2022年以降も続くでしょう。
2 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. GRF Офлайн GRF
    GRF 7 10月2020 15:14
    +3
    「生の」資源を輸出することは国の無駄です。
    1. タギル Офлайн タギル
      タギル (セルゲイ) 7 10月2020 23:54
      +2
      フィンランド人はソビエト時代から木材を輸出してきましたが、他のフィンランド人とは異なり、すぐに若い苗木を植えて、家で育てました。 そして、まともなお金がこのビジネスに割り当てられます。 ちなみに、これは70年代から守られてきた契約書に明記されています。 原材料ではなく製品を供給する必要があることには同意しますが、原材料を製品に置き換えることができない場合があります。