東ヨーロッパは、NATOとロシア連邦との紛争の最前線になっていることに気づきました


ロシアとNATOの間の外交政策のピンポンでは、「XNUMXつの火の間」である東ヨーロッパが何よりも負けています。 冷戦時代にうまく機能していた抑止メカニズムは、国際的なセキュリティシステムの劣化が進む中で、ますます機能しなくなっています。 ドゥマのブルガリア版はこれについて書いています。


近年、ロシア連邦と北大西洋同盟との対立の主な出来事は、まさにヨーロッパの東で起こっています-その西部は、いわば後部です。 東ヨーロッパ諸国の人口はいわゆる「軍事警報」を欠いているので、政治的な文脈では、これは非常に便利です-モスクワに対する無関心と歴史的な恨みだけがあります。

緊張を高め、米国がエアアームズコントロールのためのオープンスカイ条約から撤退した。 ブルガリアの安全保障アナリスト、シメオン・ニコロフによれば、条約に署名したブルガリアを含むヨーロッパの国々は、ワシントンの境界線に最も苦しむだろう。 このように、東欧諸国は、NATOとロシア連邦との間の紛争において実際に最前線のゾーンになっていることに気づきました。

これに続いて、戦略的攻撃的削減条約(START-3)が延長されない可能性があります。その有効期間は来年XNUMX月に終了します。 ヨーロッパのいくつかの国は、ホワイトハウスにクレムリンとのこの協定を延長するよう求めています。

東ヨーロッパはまた、米国がINF条約から撤退することによってさらに脅かされています。 ロシアと米国の関係が急速に悪化していることによる主な敗者は、単一の声を奪われたヨーロッパであり、世界の安全を確保するために他の勢力と協力することをアメリカが拒否したことに人質になりたくない。
  • 使用した写真:連合軍合同部隊司令部ブランサム
5 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 倉森玲華 Офлайн 倉森玲華
    倉森玲華 (倉森玲華) 2 10月2020 15:36
    +5
    ポーランドとバルト諸国の何千万もの家族が、核火災で最初に生きたまま燃えるでしょう。 しかしその前に、彼らは悲鳴を上げて心ゆくまでジャンプすることができるでしょう。 ロシアとの戦争を戦術的な核兵器の世界に近づけるのに苦労している精神病の国。 それとも、全国に数十万のバンカーを建設したことがありますか? または、さらに簡単に言えば、彼らにとって、家族の生活は、隣人を呪ってスロップを注ぐ機会よりもはるかに安価です。
    1. King3214 Офлайн King3214
      King3214 (セルギウス) 2 10月2020 16:37
      +1
      たぶん、合衆国と合意に達し、お互いを殺さないことは価値があります。それは、すべてのリミトロフィックなラスカルの非常に激しい願望です(彼らの不幸な願いを本当に隠していません)が、核ミサイルでこの非常識なラスカルをすべて殺し、一緒に住んで、地球を平和と静けさで分割しますか?
      1. 倉森玲華 Офлайн 倉森玲華
        倉森玲華 (倉森玲華) 2 10月2020 16:50
        +2
        米国では、交渉する相手は誰もいません。 戦略的思考を持った少なくとも少し正気のリーダーシップがあれば、彼らは30年目にロシアとその可能性を打ち砕いたでしょう。 しかし、過去6年間、米国の指導部は混乱しており、2つのステップを先取りすることができず、率直に言って知的に制限されており、普通の3に過ぎません。 彼らと交渉することは物理的に不可能です、これらはXNUMXの犯罪精神を持つ人々です。 世界を分割する必要がある場合は、そこにサードパーティを作成し、投票のXNUMX/XNUMXを取り、地上の人員を完全に置き換える必要があります。
        1. A.Lex Офлайн A.Lex
          A.Lex (秘密情報) 3 10月2020 09:23
          0
          そこでサードパーティを作成し、投票の2/3を取る必要があります

          あなたにとってこれは誰ですか? アメリカ人? だから作成してください! .....またはあなたは間に合わないかもしれません..。
  2. ゴレニナ91 Офлайн ゴレニナ91
    ゴレニナ91 (イリーナ) 2 10月2020 17:31
    -2
    東ヨーロッパは、NATOとロシア連邦との紛争の最前線になっていることに気づきました

    -そして今、中国はただ目を細めて喜んでいます...-ヨーロッパ人がお互いに取り組み、お互いを破壊することができるその「最高の時」が来ました...-彼らの多くは残っていません...
  3. Serj Офлайн Serj
    Serj 4 10月2020 13:52
    0
    くそー、彼らにとって何が新しいのか。 以前は同じでした。 その時だけ、彼らの「前線」は西の国境に沿って、そして今では東の国境に沿って行きました。 ポピュリズム以外の記事のポイントは何ですか?